二社目の面接。心残りですか? ありまくりじゃあーーーーーーっ!!(魂の叫び)

えー、本日二社目の面接に行って参りました。
今度は風邪で沈没してろくに対策が取れなかった一社目の時とは違い、事前に面接の予行練習も行って、更には近くの百貨店化粧品コーナーで面接対応のメイクもして戴いた上にて臨みました。
私は口紅が鬼門と言える程なので、持っているのと同じメーカーの敏感肌用リップを付けた上に、同じく敏感肌用の口紅を付けて頂きました(リップを忘れると途端に唇がガサガサになります)。

一社目の時とは違い、福利厚生の充実度もさることながら、障害に伴う各種症状への現場の対応も非常にしっかりしていて尚かつ融通が利くという印象を受けました。
お話を伺っているうちに、この会社で是非とも働きたい…という意欲がむくむくと湧いてくる程のものでした。

ただ、今回の面接において痛感したのは、圧倒的なまでの(私の実力に関する)判断材料不足。これに関しては後悔先には立たずと言いましょうか何と言いましょうか……
間に合えば追加のポートフォリオをメールで送信したいところなのですが、メールサーバーの容量が追いつくかどうか以前に、フリーメールのアカウントで受信して頂けるのかどうか…といった問題が。
それでも、何もやらないよりはマシというものですが。

前回の記事でも書いた通り、ウェブデザイナーとしての私の真骨頂は一見シンプルに見えてその実…といった類のデザインなのです。
まあこのサイトとか何処とか見れば一目瞭然でしょうけどね。

各々の得意分野はと言うと…?

うちの会社は一般企業ではなく、就労支援A型事業所と言って、ある程度状態の安定した障がい者が次なる目標として一般企業に就職するための訓練を行うための会社である。事業所によって異なるのかも知れないが、うちの会社に限って言えば殆どが精神障がい者で、各人の適正・職歴などに応じて4つの部門のどれかに配属される事となっている。因みに私は現在デザイン班に配属されているのだが、実のところ物流班以外のどの部門に配属されても文句は言えなかったりもする。まあ察するに職歴から鑑みて配属されたものと思われるが…。
それはともかく、11/5現在デザイン班(基本的にWebデザインであるが)専属としては3名所属しているのだが、うち入社前の時点においてデザイナーとしてのプロ経験があるのは私ともう一人…印刷用原稿を扱うデザイナーだったという方とである。現在その方とシステム班(要はウェブ関係のコーディングを担当するセクション)を中心としてサイトの構築をしている最中であり、私も猫の手(?)として時に借り出されていたりもする。まあ私の役目と言えば無料・商用利用可能・ライセンスフリーの素材集めやら、その中から適切と思われる素材を引っ張ってくる作業とか、メインデザイナーさんの作った画像をウェブ用に最適化・パーツ毎にスライスする作業くらいなものであるが。←この作業が実に早くて的確だと、メインデザイナーの方からお褒めの言葉を戴いた事がある
そうそう。たまにデザイン上、「此処はCSSを使ってシステム班の方々にお任せした方がいいですよ」と提案する事もある。これでもある程度はHTMLやCSSによるコーディングを囓っているので、元画像に基づいた表示のために必要な最低限のパラメーターを指定し、それを紙に書き出してコーダーの方に渡す…という事も実はやっていたりもしている(デザイン班で曲がりなりにもコーディングが理解できるのは私のみである)。
私が主に使うPhotoshop,ならびにメインデザイナーの方が主に使うIllustratorのバージョンの関係上、FireworksはまだAdobe製品ではなかったから使用不可能で、代わりにImageReadyを使用している。Illustratorで作成したファイルをPSD形式に書き出した場合でも、最初からPhotoshopでデータを作成した場合でも、やる事は基本的に同じである。先にPhotoshop側でスライスする画像に沿ってガイドを引いておき(このガイドを引く作業が重要だったりする)、ImageReadyに移行後フォトショで引いておいたガイドに沿ってスライスを切り、その後スライスしたパーツ毎に書き出していく…という手順を踏んでいる。
ついでとばかりに対案を試作し、CSSで文字色やらリンクの色、背景色にテキストの行間を指定してみたり…と、此処までなら今までの私のスキルでできる事である。此処から先、divタグを使ってのレイアウトや画像の色や透明度の変更などになると、実を言うとまだまだ勉強中の身なのである。幸いと言うか何というか、私の試作品は画像をキリの良い数字で切り出せるように作ってあるので(と言うか其処に至るまでにラフを2回は切り直した)、CSSでの指定はやりやすい方だろうと思いたい。

で、メインデザイナーさんの得手とするデザインと言えば、これが結構幅が広くて、エレガント系からカジュアル系のデザインまで様々な作風のものを作ってくる。その一方で、私が最も得意とするシンプル系のデザイン(このサイトとかその他の相河個人サイトを見たら一目瞭然ですよね?)は、どうやら若干苦手としている様子でもある。お互いの得手不得手を埋める形となっているから、丁度いいのかどうなのか…? 私も一度はエレガントなデザインのサイトを構築してみたいものだが、けばけばしくなってしまいそうで怖かったりもしている。一方でメインデザイナーさんは時々、冗談半分、本気半分くらいで「瑞穂さーん、このサイトのデザイン切ってみませんか?」とのたまってみたりも(特にシンプル系デザインが求められる状況において多い)。

因みに此処までで我等がデザイン班に所属するもうお一方のデザイナーさんについて言及してこなかったのだが、メインデザイナーさんと同じくIllustratorのエキスパートである一方、Webや印刷物などのデザインよりも、寧ろ美術的な方面におけるデザインにおいて能力を発揮する方であるという事を付記しておく。

追記:先日受けた一社目の面接は見事に落ちました。まあ銀座観光ができたから良しとしますか。
現在二社目の面接を受けてきまして、その結果待ち中…なのですが、どうやら其処の面接は仮にパスしてももう一回あるとの事。

SAI(使い)始めました

8月 23, 2014 · Posted in その他色々, パソコン関係, 徒然 · Comment 

勿論、窓環境がメインの職場での話ですが。私はイラストを描くときにはラフの段階からPC上でやってますので、イラストレーションで綺麗な線を引くためにはSAIかクリスタのいずれかがほぼ必須だった訳です。主に予算の都合から、前者の方に白羽の矢が立った次第ですが…(自宅はMac環境であり、尚かつWin環境ではキャリブレーションが厳密には取れないので、林檎版のクリスタを使用してます。ペインターもある事ですしね)。試しに使ってみたところ必要最低限は使いこなせることが判明しましたので、会社の経費と名義とでライセンスを取得して本格的に練習することと相成りました。試作品第一号は、色調整とか何とかで最終的にはフォトショに持ってきて仕上げましたが(社内で制作したものなので、お見せできないのが残念)。とりあえず、今週中は特にこれといった案件はありませんでしたので、頼まれていた商用利用可能なフリー素材の検索をしながら、講座サイトを見つつ二作品ほどオリキャラを描いたりしてました。勿論会社のデザインチームには私より絵の上手な方々が何人もおりますので、色々と突っ込まれたりもするのですが…。
SAIは使いこなせれば強力なツールである事は同人の相方の絵辺りを見ていれば分かる事ですので、いずれはSAI+フォトショの組み合わせで色々やれたらいいな…とは思っています。

職場内における同じセクションのイラレの達人達のうち、イラレをメインに使いつつも他のツールにも関心を持っている同僚がSAIを教えて欲しいと言ってました。苦手なものに苦戦するよりも得意な方を伸ばせばいいと言っていた、私以外では社内唯一の入社前からのデザイン系実務経験者です(但し手掛けていたのは印刷用原稿との事ですけどね)。また、家紋のトレースはイラレのいい練習になると教えて下さいました。SAIを使いこなせるようになったら今度はイラレですね、私の課題は…。
あと私を含め、同じセクションに属する殆どの女性陣のデスクにあるのがペンタブ。私以外の面々はどうやらアナログ環境で下絵を描き、スキャンしてからフォトショで彩色という手順を踏んでいるようです。

当面の課題

会社のデザインチームメンバーに与えられた課題を添削する担当の方が現れるまで、今日は各々が設定した課題をこなしていった。
ある人はSAIを使ってペンタブの感覚に慣れる事を目標に、またある人はInDesignを使いこなせるように…といった具合に(注:うちの職場のマシンは全てWinである。よってSAIが選択肢として出てくる次第)。
因みに私の会社からの課題とは別に設定している目標とは、イラレの扱いに慣れる事である。
私は小説同人誌を数多く出している関係上、それなりにInDesignの扱いには(少なくともモノクロの文章原稿を制作するのに必要な程度には)慣れているし、フォトショはチームメンバーの全員が馴染みのあるソフトである。よって消去法的に考えても私の習熟度が不十分なソフトと言えばイラレという事になるのだが、単純なベジェ曲線は引けても複雑な図形となったら…あばば…となるのが現状。実際、試しにトランプの図形4種を描いてみましたらば、他チームの人からも「線が歪んでる」と突っ込まれたしね。
という訳で、職場で時間が空いたら極力イラレを起動してペンツールやら何やらの練習に励む所存である。

この中で嘘は幾つあるでしょうか?

一応今日はエープリルフールという事で…。
大体は本日の初出勤にまつわる事を記載しておりますが、表題の通り、以下の文章の中には幾つか嘘が含まれております。
解答編はもう少し落ち着いてから発表するつもりです(何分にも今日はヘロヘロですので)。

▽午前7時頃におかんからのモーニングコールによって起こされた
▽始業まで若干時間的余裕があったので、四ッ谷駅併設のコーヒーショップで時間を潰した
▽更に眠かったので、会社の前の自販機で冷たいコーヒー缶を買って飲んだ
▽最初は割り当てられたマシンにクリエイティブ系のソフトが入っているのにも気づかず、ひたすら文章のトレーニングをしていた
▽近くにコンビニがあるので、昼飯の選択には困らなかった
▽職場のとある女子に、付けてたサファイアのリングとネックレスが見つかり、リングの値段を言ったらば「高い!」と言われた。因みにネックレスの方は秘密にした
▽↑のサファイアリングを、結婚指輪とカンチガイされた。何でやねん!
▽同じ人に今度は腕時計が見つかり、これまた値段を言ったらば「安い!」と言われ、何処で買ったのかを尋ねられた
▽花粉症がえらい事になってた所為で遅れてきたチーフをはじめ、同じ部署では女子率が意外と高かった。
▽スーツを着てきていたのは、私以外だと上の方の人2〜3人くらいだったので、若干肩身が狭かった
▽でも「スーツが似合ってるよ」と同僚の女子社員に言われたので良しとする
▽私を含め定時で帰る人が殆どだったが、チーフとか上の方の人とかはデータの取り纏めで残業してた
▽最寄り駅の店で夕飯を食べた後、パンと牛乳だけ買って帰る。明日の朝はパンと牛乳と青汁or野菜ジュースで決まりだな……

という訳で今日は風呂入って即寝ます。おやすみなさいませ。

今日はかけずり回ってへろへろ……

今日は冗談抜きに疲れましたので、一部Facebookと重複する部分もあるかとは思いますが、その辺りはご容赦の程を……

▽銀座+幕張に行った日と同様、昨夜も一睡もできずに朝を迎えてしまう
▽起きているうちにとハローワークに行き、仕事探し。一件これはという案件を見つけたものの、人気の案件らしく先方からはFaxでの送信を要請されるが、すっかり顔なじみとなったハローワークのスタッフの方と相談した結果、個人情報に関するセキュリティを優先して必要書類は郵送する事で意見が一致。その方向で準備を進める事に
▽ハローワーク近くのコンビニで食料品+αを調達するが、此処で障害者手帳のコピーを取るのを忘れるというポカをやらかす←障害者雇用の場合は必ず要求される書類なのだが
▽帰宅して↑のポカに気づいても後の祭り。とりあえず履歴書+職務経歴書をPC上で作成して、紹介状を同封し徒歩圏内にある大学構内の売店まで出向いてコピー機を利用し、そのすぐ近くにある郵便局にて必要書類が全て揃った状態にて投函。ひとまず任務完了という事に
▽ついでとばかりに大学教会の事務所に顔を出す。馴染みの事務員さんの他に牧師先生とも話す事ができたのは収穫の一つ。今日は明るいうちに帰ってねという言葉と共に送り出される
▽眠気覚ましに学食でアイスコーヒーを飲む。因みにホットの飲み物はお湯を出す機械が大絶賛故障中につき(機械の修理をしている方がいらした)壊滅状態だったりも
▽そのまま夕飯を食べても良かったが、まだ食欲が湧かずふらりとN館に立ち寄る←実際のところ、ままある事だったりも
▽久しぶりに某先生とお会いできて色々と話してきた。話題は多岐に渡るので此処では書ききれないが、コンピューターゲームの読み物としての可能性と問題点(主にアーカイブの問題)とか、宇宙旅行が云々とか、単極性うつ病と双極性障害との違いとか…そりゃあもう色々と。お互い建物を出るときにはへろへろ状態だったのだが…先生によっては冗談抜きで合わない事もあるからなぁ、うちの大学(実際、外部の大学から来られた非常勤講師の先生の中には、国公立大学に在籍していた経歴を持つ私を相手に弱音を吐いていた方もいらした程なので/勿論放課後の帰り道、途中まで一緒になる私と一対一になったとき限定ですよ、念のため)。件の先生はまだそこまでは行ってないようですが……
▽どんだけ双方がへろっていたかと申しますと、比較的堅いサイト(このサイトの事ね)で詩とかブログとか書いてる、と申しましたらば某先生は詩を「死」となかなか物騒なカンチガイ。それに対して”poem”(詩)の方ですよー、とツッコミ入れるタイミングが普段より大分遅れたりも。…にしてもうちのATOK、この項目を追記する前に「し」と入れたら第一候補に「死」を出してきましたよ……
▽帰宅後、仕方なく夕飯を作る羽目に。豚肉の解凍が終わっていたのでキムチチゲにする事にしたのだが、ぶち込んだ豆腐が思っていたよりも柔らかくて鍋の中で崩れるという事態に。後で(翌朝になって)うどん玉をぶち込んで食べるにしては野菜の量が多かったためか、薄味になったなぁ…という印象であった

今日はこの後、風呂入って寝る事にします。と言うか二日連続で徹夜はキツイ…一晩完徹しただけでDr.のお叱りを貰う位なのに……

色々物欲の虫騒ぎ中…躁転の気配がすぐ其処に

Amazonでネットサーフィンしていた時の事。ブルーレイプレイヤーが欲しくてそれを探していたのですが、どうやら一万円台で書き込みもできるタイプの外付けディスクがあるとの事。
ブルーレイと言えば今のところうちにあるのはFate/ZeroのBOXくらいしか手元にはないのですが、此処に来てLUNA SEA熱が再燃致しまして。
それで彼らのパフォーマンスを綺麗な画像で見てみたいと思いまして、プレイヤーの必要性を痛感した次第でございます。

音楽で言葉を表現しているのがみゆきさんならば、LUNA SEAの五人は音そのもので表現している様な印象が私にはあります。まあそもそもの切欠は1年間の活動休止中のソロ活動をしていた河村隆一さんの『Love is…』において、その言葉に嘘くささを覚えさせない説得力を感じた事でして。何でそんなに説得力のある恋歌が歌えるのかと、リアルタイムで聴いていた当時思ったものです。しかも当時は(今もですが)下手なラブソングを聴かされたら嘘くさいと思ってみたりもする人種でして。最初は眉につばを付けて掛かっていたのですが…甘かったです。隆一さんは本当に恋愛の歌を歌わせたら上手いですし、LUNA SEAの面々の音も時に迫力が洪水のようにあり、時に静かに聴かせる曲を紡いできますから。

以下はTwitterの発言より抜粋
現在LUNA SEA熱が再燃中。PROMISEはiTunes Storeに無いんですか?(あれば速攻で買うのに)。CD聴きたい、ライブ行きたい。あうあうあう…。や、本命はあくまでみゆきさんなんですけど、それはそれ、これはこれという事で一つ。
LUNA SEAと、彼らにハマる切欠を作った河村隆一さんのアルバムやら何やらを密林さんで探していたらば、隆一さんがみゆきさんの『空と君の間に』をカヴァーしているアルバムがあるのを発見。どんなのか聴いてみたいですのう。みゆきファンとしても、隆一ファンとしても。
OneNightDejavuはライヴで見ましたが、とても凄かった事を今でも覚えています。その場に居合わせられた幸福感と共に。ICU生時代にインディーズでDTMやってたセクメからはめっちゃ羨ましがられましたが。
(発言ここまで)

因みに私はRyuスレかつ真スレでございます。あとINORANさんも結構好き。
そう言えば真矢さんが結婚された時には「いいパパになるんだろうなー」と思って物凄く納得しましたけど、SUGIZOさんが結婚したと聞いた日には本気でびびったものです。結婚しそうなイメージが無かったもので…。でも実際には彼の人生にもいい意味で影響を与えているようです。あ、Ryuが結婚した時にも結構驚きましたけど。(INORANさんやJがどうだかまでは私は把握してません)

なお、物欲の虫が騒いだ所為か最近軽く躁転しかかっているような印象がありますので、暫くは最低限の発言のみをさせて戴きます。

ディスプレイがお釈迦になったので+業務連絡とか

新しいディスプレイに買い替えた上にてリサイクルを申し込んだのですが、どうやら前の壊れたヤツがPCリサイクル法が制定されてから購入した機種らしくて、ラッキーとばかりにPCリサイクルマークの取り寄せを申し込みました。
いや、かなり前の機種なんで回収は有償になるかなー?とか思っていたのですが…。よく考えたら多分新しいのを買うことになったのがICU在学中…即ち2003年以降からであった筈なので(実際買ったのは多分2004年か05年)。
で、その新ディスプレイ…ホントはナナオのが欲しかったのですが、流石に予算オーバー、しかも現在自身の収入がない(∵病気療養中)身である故にそんな贅沢なことは言えず、1万円台という予算内で、かつ置き場所が確保できる範囲内で…という事で三菱の21.5型ワイドディスプレイに致しました。
帰宅後、早速やった事がMac環境(色塗り環境・とも言う)でのキャリブレーションだったのですが、色の再現は問題なかったのですが以前にも増して目に来るようになった気が致します。コンタクトレンズとかしてないと速攻で目に来ますね。表示される文字が小さくなった所為なのかもしれませんが…。Win環境でのキャリブレーションをしようとしても、キャリブレーターが古くて7に対応していないのか、認識してくれません。しくしくしく……

あ、そうそう。13日から神経内科での検査のため入院することになりましたので、前日の12日の夏コミ3日目にはお伺いできません。また、この後2週間程度はPCからの接続が一切できませんので悪しからずご了承の程をお願い申し上げます(多分iPadもNGの筈なので、メールチェックもできない)。

9/2日のJGCの後はコンテンツ文化史学会例会に行こうか、コミティアに行こうかと悩み中だったりも←こんな所で悩むなよ自分

意外な処で繋がるモノ

「アンタ何処でどう繋がってんの!?」てな具合にツッコミを入れられる事請け合いの人脈だけは持ってますが(自分でいうのも何ですが、かなり意外な相手とも接点持ってます)、何もそれは人脈に限った話ではなく、どうやら普通は何処でどう繋がるか分からないモノを繋げていくのが私という人間であるようで。
例えば、ICU生時代に執筆した卒論一つ取っても、元々は日本語学に興味を持っていた私がクラス受講を通じて日本文学に関心を持つ事がなければあり得ず、またそうして日本文学への関心を高めていった私がコンピューターゲーム──それも原作は美少女ゲーム──という題材に辿り着いたのは、文学だけではなくて情報科学への関心もあったからで。その関連もあって一つ同人ゲームを題材として期末レポートを書いたりもしましたが(一度卒論や期末レポートを書き上げた事で広まった人脈もあるように記憶してます)。この段階だけで言語学・文学・情報科学が繋がってきてますよね。
しかし私の「繋がり」はこれだけには留まりません。実は私は宝石が好きで(今となってはこれが唯一女らしい趣味とも言えましょう)、しかもサファイアやルビー辺りを筆頭とした色石が好きだったりもするのですが、実はサファイアもルビーも同じコランダムという鉱石の仲間で、組成式は双方共にAl2O3、モース硬度は9という硬い石の部類に入ります。因みにブルーサファイアに含まれる不純物とはTiとかFeで、ルビーの場合はCrが確か1〜3%位含まれているものの事を指すように記憶しています。つまり、私が宝石・鉱石を見る時には必ずその科学的性質にも目を向けずにはいられないのです。こうして、宝石の美と科学とが繋がってきた訳です。因みにキャッツアイ効果とかスター効果とかがどういう原理で出るのかも、ある程度の事であれば把握しています。
さて、私が宝石の事を挙げた際に「色石が好き」と言っていた事を覚えていらっしゃいますか? 実は「色」という要素が有用な立ち位置になる趣味やら何やらが私の知る限り最低2つあったりしています。まず一つは写真。依頼されればモノクロでも撮りますが、原則としてカラーリバーサルフィルムを持ち出すほど発色にはこだわって、のんびりとしたペースながらも撮影を続けております。そしてもう一つが実は日本文学にあるんですね。近代以降の権威的な文学作品では西洋の影響を受けて臭いものに蓋をするかのごとくそういう事は避けられてきましたが、それ以前の文学作品では…特に平安文学においては「色」という要素は様々な意味合いを含んだ重大な立ち位置にあったようです。

あと、何故か分からないんですけど私の持っているNikon FM3Aを見た人に、「実は居合道やってるんです」と言ったらば妙に納得されるパターンが多いのは何故でしようか?(居合道やってる事を知ってる人がFM3A見た時にも納得される事が大変に多い)

…それにしてもこの繋がり方、脳神経のシナプスみたいだなー、と思ってみたりするのは私だけでしょうか?

カチカチ音の正体はやはり……

4月 19, 2010 · Posted in Macintosh · Comment 

我が家のデスクトップマシンから立っていた、カチカチといった不審な音は
やはりHDDの不調が主な原因だった模様です。
徳島にて調達し持って帰ってきたHDDに換装してみましたところ、
問題のカチカチ音は殆どしなくなりましたから
(実際にその音がするのは、不調のHDDにアクセスした時くらいでしょうね)。
…にしても移行作業は何かと面倒なものですね…。
実際の各種インストール作業にほぼ丸一日使いましたもん。
元から使っていた方のHDDの挙動があまりにも怪しすぎるので、
アプリケーションのデータを丸々移行…なんて事は怖くてできませんし。
元のHDDからは最低限必要なデータだけを抜き出して、
CD-ROMとか何とかから新しいHDDへと移行させている最中です。
後はアンチウィルスソフトを新HDDに移行すれば大体のところは…なんですけど。

次ページへ »