マゾいなぁ、自分

実は今日ビッグサイトで無駄足になった帰りに、新宿へと寄ってきた。目的は、FM3Aの電池交換とフィルムの補充とである。
電池交換はすんなりと終わったのだが、ヨドバシ新宿西口本店のフィルムコーナーを見た私は愕然とした。と言うのも、リバーサルフィルムが売り場の隅の方に追いやられていたからだ。
その理由は明白である。昨今のDTPの隆盛により、今や印刷物でもデータでの入稿が当たり前のものとなっているからである。もっとも、カメラ、ディスプレイ、プリンターの間で厳密にキャリブレーションを取れる環境にある、という事が前提条件となるが、一度に何枚も、何十枚も撮影を繰り返すプロカメラマンであれば、フィルムで何枚も撮るよりも遙かにランニングコストが安く上がるものであるからだ。何せフィルムは、36枚撮り35mmフィルムでもリバーサル(ポジ/現像されたフィルムが完成品のもの。元はスライドに使われたもので、印刷用原稿にも用いられた)だと900円〜1100円する上に、更に現像代も乗っかってくるのだ。加えてリバーサルはラチチュードが狭く、扱うカメラの測光特性を把握していないと反射光がどのくらいになって、それを計算した上での調整も必要になってくるからだ。だからリバーサルフィルムを扱ってきたプロカメラマン達は段階露光と言って、最低でも3段階くらいは測光状態を調整してベストショットを探り出すものだった。私みたいに気が向いた時に撮影する、というスタイルだと寧ろフィルムの方が安く付くものだが(うちの環境だとプリンターのキャリブレーションが取れない、という事情もある)、仕事などで大量に撮影するとしたら私でもデジタルカメラを勧める。仮に私が仕事上DTPを扱う立場になって自分で写真撮影もしろと言われたならば、私でもデジタル一眼を選択するだろう。更に、キャリブレーションも当然の如く取ることだろう。
もっとも、デジタルカメラで撮影した場合、やはりアーカイブの問題が残ってしまうものではあるが……

で、この日の買い物を全て終わらせたらば、たまたまプロの方に写真を撮って頂くサービスをしていたので、寄っていくことに。被写体を追うことにはそれなりに慣れていても、自分が被写体になることにはあまり慣れていない私の事、笑顔が固くなってしまいがちだった事は否めない。それでも柔らかな表情を引き出せるのは流石はプロと言うしか他にあるまい。普通に撮影して頂いてさあ帰ろうかと思った矢先に、電池交換のため持参していたFM3Aがスタッフさんに見つかり、今度はそれを手にして撮影…という事と相成ったが、眼鏡がずれてしまい一寸おまぬけな顔になってしまったのはご愛敬。記念に一番良かった一枚ずつを頂いて帰ってきました。

因みに私の常用しているフィルムは以下の通り
▽ネイチャーフォト・草花などの撮影用:Velvia100, PROVIA100F(以上メイン), PROVIA400X(夜間撮影用)
▽ワンフェス等でのフィギュア撮影用:PORTRA800, SUPERIA PREMIUM400(WF会場などはミックス光であるため、リバーサルフィルムの使用が不可能だから)
▽テスト用:Ektar100, Velvia50

…それにしても、列挙したフィルムの大半がリバーサルというのは、我ながらマゾいと言うか何というか…。

愛知県民を引き寄せる磁場でもあるのか、私?

表題の通り、私の友人・知人にはやたらと愛知県民率が異様に高いのです。もう少し具体的に言いますと、同人関係(コミケとかそっちの方面)だけで最低3人は即座に名前が挙がりますし、先日のワンダーフェスティバルにおけるお目当てのディーラーさんの一つがそうですし、他にもWF会場近くの飲食店にて知り合ったカメラ繋がりの方が愛知県民という事が判明してビビリ入ったり…。
まあそれはともかく、飲食店で知り合った方はCanonのプロユースのデジタル一眼にマクロレンズ、リングストロボといった編成にてWFに臨んだ模様。撮った写真をカメラで見せて頂いたのですが、デジカメのモニターで見た限りはなかなかの腕前でした。一方の私の愛機・Nikon FM3AはMF一眼レフなので、電池が切れても機械では測光できないだけでシャッター自体は切れるのですよ。もっともシャッタースピードや絞りの設定は経験と勘でやるしかなかったのですが…。プリントが仕上がってくるのが正直怖いです。
それにしても、ディフューザーがどうとか、ISOがどうとかリバーサルフィルムが云々とか、キャリブレーションがどうとかいった内容を全開で会話できたのは久々で、楽しい一時を過ごさせて頂きました。一度だけAgfaのScala200X(モノクロリバーサルフィルム/増減感なし)を使って都庁付近で撮影した…という事は話しそびれてしまいましたが。

現在、大雪で精神的には下り坂。幸い今回は大雪の日に高校の同窓会があって楽しんできたため歯止めが掛かっているのですが、金曜日辺りにまた雪の予報が出てますのでどうなりますやら? どちらかと言えばこっちのサイト向けの現代物ノベルゲーム『夢現(ゆめうつつ) 完成版』のシナリオに手を加えたくなってきました。結末のネタバレになるので詳細は書けないのですが、バッドエンド、ノーマルエンド、トゥルーエンドの3つを用意する事を目論んでます。問題はノーマルエンドに至るシナリオをまだ書けてない事、そしてシナリオを書く気力が湧いてこない事なのですが…はあ。リベリオンズBEの続き(現在Cルート中盤)でもプレイして勢いを付けると同時にリベ本第二弾のネタをかき集めるとしますか?

基礎体力をつけるための取り組み・その2

5月20日の万歩計ウォーキング中に撮った夕景ウォーキングを始めて今日で5日目…一昨日は居合道の稽古日でしたから一回お休みして、昨日からまた再開。居合道の稽古でもやはり下半身が安定せず筋力の衰えを感じずにはいられませんでしたので、満を持して近所のホームセンターにて万歩計を用意してからウォーキングに臨んだ次第です。
幸いにして昨日、今日ともに天候に恵まれて一日当たり約4000歩前後歩いている次第ですが、やはりこのくらい歩くと体力的にも程よい具合に堪えますね(30代の体力ではない、とも言われかねませんが…)。しかも今日は通院で更に歩いている訳ですし、単純な歩数は更に稼げていたりも。因みに画像はいずれも本日撮影したものです。
今後の問題は、悪天候の時の対策をどうするか…といったところですね。雨合羽を持っていたはずなのですが、それが何処に行ったかが分からなくてどうしたものかと思案している最中です。

それにしても今日は夕日が真っ赤で、もし写真撮影が目的なら迷わずカメラを…それもFM3Aをセットしたところだったのですが、残念ながらカメラ機能付き携帯しか持ち合わせておらず、こういう感じになった次第。本体が軽いので、手ブレの恐怖と格闘しつつの撮影となりました。

ワンフェス参加してきました

昨日、ワンフェスへと行ってきた。毎度毎度の事ながら、昼からのんびりまったり入場ではあったが……
PM2時過ぎに会場へと到着した私は、毎回足を運んでいるブースの知り合いの方とご挨拶を交わした後、いつものようにブースを回りながらフィギュアとかの撮影をしていくことに。とは言え、この日の私は身体的に完全復調はしていない+精神状態は下り坂…という無理の利かない状態であったから、全部は回らず写真撮影もいつもよりは控えめに…等々と自重しつつつ、会場内を歩くことにした。
実のところ私には、ワンフェス自体に関してはコミケ辺りの同人誌即売会程には趣味に走る時間…といった認識はない。趣味的な要素が含まれないかと聞かれれば勿論嘘になるが、入場料という名の授業料を支払った上にて、立体造形物にまつわるイロハからそのバリエーション、最近の動向等々に関するお勉強をさせて貰う、といった感じの認識もまた小さくはない。この手合いのイベントにおいては私が必ずぶら下げている、Nikon FM3Aボディ本体に標準系マクロレンズ装着、またストロボの類は一切付けない…といった構成のMFフィルム一眼レフカメラの存在もまた、お祭り気分を高めると同時に戒める要素の一つだ。デジカメ全盛の会場内において異彩を放つこのカメラは、会場内における光源の制約からリバーサルフィルムの使用が不可能であるとはいえども、やっぱりフィルムだからやり直しが利かないという事に加えて、特に接写時においては手動での厳密なピント合わせを要求されるが故に、「機械任せにする」といった妥協を私に許さないからだ。実際には、機械任せにはしないMF一眼フィルムカメラ用のレンズだからこそ厳密に…撮影者の意図通りにピントを合わせることが可能だったりもするのだが、その理由は次回エントリー@閉会後の行動編で記載するするとして…。大学の部活の忘年会で会場を出た後、仕事の関係上Canon EOS 5D辺りを使っていたという先輩とカメラ談義で盛り上がったのだが、DTP関連を筆頭としたプロユースにおけるデジカメの強みを把握している一方で趣味的領域の撮影ではリバーサルフィルムの使用を原則とする…といった話をしていて「マゾだよなー、自分」と笑いあっていた事を思い出した。
話が脱線してしまったが、ブースを回っている時に、違う表現手法にて…それも私自身ではまず不可能と言ってもいい立体的な表現を主体として活動していらっしゃる方々とのコミュニケーションの時間を取れるのは、今後の創作活動をしていく上で良い刺激になった。この日の会場内における最大の収穫の一つでもあった。金銭には換えられない何かがある…という事こそ、ワンフェスに限らずディーラーと一般参加者、或いは作者と読者とが交流するイベントにおける真の価値だと私は考えている。
盛大に趣味に走ったのは寧ろ、ワンフェスそれ自体ではなくて、閉会後…会場を出てからの行動なのだが……(以下閉会後編へと続く)

Decade -from 1999 to 2009- 後編

ニトロプラスが創設されてから現在に至るまで…10年の歳月の中で獲得したものが、実のところ私にはもう一つ存在している。
それは即ち、人と人との繋がりである。それも未来を切り開くための力までをも併せ持った───
これなくしては、如何に私がICUという学科間の垣根の低い大学に在籍していたとしても、日本文学領域にて『Phantom』に関する卒論を執筆する事は困難を極めた事だろう。と言うより、そもそもそういった発想自体があり得なかっただろう。以下長文になるが、最後までお付き合い頂けたなら幸いである。
卒論の題材の関係上、下準備の段階から私はニトロプラス関係者の方々とコンタクトを取るようになった…ように思われがちかもしれないが、実のところを言うと人的な接点を得る事となった切欠はそこにはない。もっと別な類の「糸」が、もっと違った場所から姿を覗かせていたのだ。
『最狂広報』ジョイまっくすさんの事は勿論、私も存じ上げている。と言うより私とてニトロの一ファンである以上、知らずにいられる筈もない。
しかし卒論執筆にあたって直接的にお世話になったのは、少なくとも彼ではない。卒論を日本文学領域で書く事を確定させた後、題材となる作品を何にするか検討する段階で各企業さんのブースへご挨拶とご説明に回っていたその当時、「日本文学」とか何とかといった辺りの単語を出した時点で逃走モードに入っていらした記憶がある。
では一体どなたが…?といった疑問が、此処で必然的に生じてくるだろう。
ICUに入学して二年目(2004年〜2005年)の事だったろうか…ワンフェスかワールドホビーフェスティバルかは忘れてしまったが、立体造形物関係のイベントの折に、リングストロボをセットしたデジタル一眼レフを手にしたある男性スタッフの方が私の手にしていたFM3Aに目を留められて、カメラ談義に花を咲かせたのである。その時から顔見知りとなった彼に関してはお名前(この場合は本名/Family Nameのみ)も覚えて、各種イベントにて顔を合わせる度ごとに雑談とか何とかに興じるようになった。私が以前のイベントで撮影したフィギュア類のプリントや、リバーサルフィルムで撮影した写真のスリーブをお見せするようにもなった。動画の制作にどういったソフトを用いているのか、といった話題にも及んだかもしれない(これは他の方との会話での折だったかもしれない)。それから1年くらい後に、手渡された名刺によって彼の「正体」が判明した時には、流石の私も内心でビビったものであるが(主に落差とか…←失礼な)。
ここまで書いてしまえば、以前の「日誌」をご覧になった方にはもうお分かりになったかもしれない。件の「男性スタッフの方」というのはもえらさんの事を指している。日本文学領域…言葉を換えれば日本の言語を用いた表現による芸術分野…にて卒論を書いた私の立場であれば、文章表現を中心としていらっしゃる方々──ニトロプラスで言えば、例えば虚淵さんとかいった辺りの方々──とより深いところで接点を持つものなのかもしれないが、他のソフトハウスさんではともかく、ニトロに限って言えば何故か、文章表現を主体とはしていない(或いはしていないであろう)方々とお話しした時における印象の方が、私には強い。もえらさんに至っては、スタイルは違えども写真撮影という共通の趣味を有する事の一点を除けば、同人・商業とか何とかをひっくるめて考えてみても、制作者−creator−としての接点は殆どないと言っても過言ではないだろう。相河自身は、他のスタッフさんから「あなた何屋さん?」てなツッコミを入れられた程の器用貧乏であるにも拘わらず、だ。
そんなもえらさんに私は、ICUでの卒論執筆にあたって少なからずお世話になった。それこそ題材となる作品を最終的に『Phantom』に決定させる以前の段階から…。ただ、「それっぽい」方々が他にまだいらっしゃいそうなものなのに、何故彼なのだろうかと、私も不可思議に思っていたのだが……
その疑問に対する「解」のひとつを垣間見る事となったのは、前編でも言及した“breakthrough”の発生時においてであった。如何なる形で関与したのかを今ここで書く訳にはいかないが、燻り続けていた疑問を氷解させるだけの「何か」を私が認識したのは確かだ。つまりこういう事なのだろう、と。もっとも其処にどういう意図があるのかなど、それこそ神のみぞ知るところではあるが。
───まあそれはさておき、今年の夏コミにてある女性スタッフの方から「(相河が書いた)『Phantom』の卒論に関して、社内の誰に確認すればいいんですか?」といった事を尋ねられた折、彼女に学生時代私が使用していた名刺を手渡して「ICUをこの三月に卒業した相河瑞穂の名を出した上で、もえらさんに訊いて下さいね」と返答したのは、こういった経緯があっての事だ。
また、他のスタッフの方々や同業他社の方々などとも色々なお話を交わしたりする機会を得る事ができた。様々な形でお世話になった方々も結構いらっしゃるのだが、中でもとりわけ、『narcissu』に関するレポート(これまた『Phantom』に関する卒論なくしては発想自体があり得なかったものである)が切欠で知己を得た片岡ともさんには現在でも頭が上がらない。
こういった方々以外にも、顔見知りではあってもお名前まではちょっと…といった方々も、実のところ少なくない。人の顔と名前とを一致させるのが死ぬ程苦手な私の事なので、もし仮に名乗られたこともあるのに私の方がすっかり忘れてしまっていても、どうかご海容をお願いしたい。
これから先、如何なる縁(えにし)が紡がれる事になるのか…私としても興味深いところだ。
そして、次なる10年-decade-が彼らに何をもたらすのか、そして彼らがその中で何をもたらすのか、刮目して見る所存である。
とりあえず一ユーザーとしては、『装甲悪鬼村正』の完成を楽しみにしている。『Steins; Gate』にも興味はあるのだが…プラットフォームの関係上、発売日当日に手を出すのは就職先が決まらない限り、まず無理だろう…とほほ……

Read more

手の平サイズの「日誌」から・その27-2

7月 27, 2009 · Posted in FM3A, デジカメ, 写真関係, 日誌 · Comment 

現在、サンライズ瀬戸号にて帰省
している最中であるが、今回は
FM3Aに加えて三脚+レリースも持参
している。高尾山で撮りそびれたのが
悔しかったので…。東京駅ホームでは
夜間+手持ちなのでPROVIA400Xを+2増感
して撮影し、更に車内も…と思ったら、
暖色系蛍光灯なのでフィルターをかけると
光量が足りず、泣く泣く断念する事に。
それにしても今回も、我が愛機は存在感を
放ってます。東京駅構内の行きつけの
お店でも、そして列車内でも。車内では
カメラがご趣味の車掌さんとちょこちょこ
お話ししたり…。

Read more

手の平サイズの「日誌」から・その27-1

7月 27, 2009 · Posted in FM3A, デジカメ, 写真関係, 徒然, 日誌 · Comment 

高尾山にて携帯で撮影した写真その1 高尾山にて携帯で撮影した写真その2
微妙な天候の所為か何なのかは
判らないが、このままでは脳の神経
伝達物質が過剰分泌を起こして
暴発を引き起こしかねん…と思った
私は、思い立ったが吉日的に高尾山へと
足を向ける事に。往復の電車の中では
それほど人は多くはないとは言え相当に
キツく、囚われる思考回路を振り解く
のに必死だったが、山のふもとへと着いた
辞典でそれは霧散していた。雨上がりの
山景は趣があり、いつまでも身を
ひたしていたい程のものだったが…日が
落ちると流石に怖いので、今回は山頂
には行かずに下山する事にした。

Read more

カメラの使い分け・棲み分け−相河の場合−

8月 18, 2008 · Posted in FM3A, デジカメ, フィルム, 写真関係 · Comment 

私の愛機と言えばNikon FM3Aだが、実のところ使っているカメラはこれだけではない。コンパクト型のデジカメも持ち出していれば、携帯電話のカメラ機能だって使う。
FM3Aは数年前に新品で購入してから現在に至るまで私が愛用しているカメラだが、その用途は主に作品としての写真の趣味的撮影にある。また、旅行の時とかに持つカメラも原則としてこれ。カメラ自体がMFである上に、私の場合はリバーサルフィルムの使用がデフォルトだったりもしているので、それ故の緊迫感も私にとっては醍醐味の一つだ。最近撮影の機会が減っているのが残念なのだが…秋になったらまた撮影に行きたいものである。
印刷用・Web用画像のための素材として用いる写真を撮影する場合には、フィルムスキャンの手間の掛からない、比較的フットワークの軽いコンパクトタイプのデジカメを持ち出す。リバーサルフィルムまで持ち出すほど色の表現にはうるさい相河のこと、JPEG圧縮で変色したらかなわないのでRAWデータ保存可能な事を条件に機種を絞り込んで、私に必要十分なスペックを求めた結果が、Canon PowerShot G9。実は手の平サイズの「日誌」の撮影に用いたカメラがこいつだったりする。
これらのいずれも持っていない時or持てない時、携帯電話のカメラ機能でパチリとスナップを撮ってみたりもしている。これで撮影したスナップが意外にもいい感じになったりする事もあるのだから世の中侮れない。もっとも画像のサイズはとても小さいしブレやすいし、風景とかを撮影した時とかには色が変わってしまうし…という欠点も在るのだが。
要するに、メインはFM3Aだけど写真画像を素材とする場合にはG9、お気軽なスナップなら携帯のカメラ機能…といった具合に、私の中では棲み分けができていたりするのだ。

Colors of Photos

5月 23, 2008 · Posted in FM3A, デジカメ, 写真関係 · Comment 

露に濡れたツツジ
Nikon FM3Aを己が愛機としているフィルムカメラ愛好者である私とて、たまにはデジカメを構える事もある。
とは言え、FM3Aを既に手にしている私にとって一眼レフカメラはぶっちゃけ間に合っているから、自分用のデジカメはコンパクトタイプまでと決めている。
私がデジカメを手にする時は、FM3Aは重くてかさばるから持ってこないようにと釘を刺されてしまった時とか、或いは私自身が精神的にブルーになってしまった所為であの愛機を手にする気分ではなくなってしまった時…基本的にはそのいずれか一方である。因みに今回は後者…撮影したこの一枚は、コンパクトカメラでもRAWファイルでの保存が可能な機種を使っているため、赤系の色がJPEG圧縮で…てな事はないのだが。
けれども、ディスプレイによって、或いはアプリケーションによって画像の色調整が統一できない辺りが、こちらの意図通りに色彩の表現ができない辺りが、フラストレーションの原因となってしまうのは私だけだろうか? ディスプレイのキャリブレーションは撮っているのでPhotoshopとかで印刷用原稿を作成する分には問題が出なくなっているのだが……


写真の色は、私にとってある種のbalometer。
色を「色」として認識できているうちは、まだ大丈夫と考えて良い。
とは言え、今の私は写真の色を「色」と認識できても、自分で色彩のある写真を撮りたい気分ではなくなってきているから、少し要注意といった処だろうか。

すべてに感謝しつつ、色々と業務連絡…あと、お願い

▽業界の兄弟子殿へ
お忙しいところ、お時間を裂いて下さって感謝致します。うちに(本来私が名乗るべき姓を名乗ってる)おとんがいるなら、ほぼ間違いなく同じ事を言うでしょうなぁ…。ホンマに身に染みる言葉の数々を戴けて、感謝してます。
▽居合道における兄弟子殿へ
引き続き風邪っぴきにて沈没中…つか症状悪化してます。声なんて友達全員が本気で心配するくらいのだみ声になってますんで、明日の稽古においてアレを手にすると冗談抜きでヤバイ感じなので、師匠には「風邪をこじらせて引き続き沈没中」とお伝え下さいませー。
あと、分倍河原駅近くor調布駅北口近くで、どっかいい耳鼻科の医院はありませんか?
▽今日ICUキャンパスで会ってくれた親友へ
超ありがとー♪ 流石、入学式翌日に速攻で意気投合しただけの事はあるわ。色々私一人だけでは見えん事も見えてきたし…たまには居合刀でもFM3Aでもなくて、ヴァイオリンも手にとって弾いて可愛がってあげます。そして弓道もまたいい選択だよん。
▽今日・調布駅北口のジュエリーショップ2か所でお会いした先輩諸氏へ
貴重なアドバイス+お心配りの数々に感謝致します。特に私にとっての「武装」ではないジュエリーの選択に関しては、いくら私自身が元は自然科学系の出身者だとは言っても、皆様方がいらっしゃらなければかーなーりー難航していたでしょうから。
そう言えば私の「武装」じゃないブツって言ったら…元々あるモノ+おかんから押しつけられたモノを外したら、全部調布で間に合いますやん(笑)
▽FM3A+標準系マクロレンズ(フラッシュ非装着)のセットを、初対面時に一発で看破した、部活関係以外では一番付き合いの長い某カメラ仲間へ
たまには普段ご使用のデジカメを横っちょへと置いて、フィルムカメラにリバーサル(Velvia100かE100GXといった辺りをメインとする)をセットした上で、息抜きがてら上野公園とか辺りで「フィルムの枚数」という制約を己に科した上でシャッター切ってみなはれ。(デジタルの優位性も知り尽くしてはる一方で)銀塩の良さも分かってない…とかいった感じの野暮天には、こんな事は言いませんから、うちは。
そういうフィルムカメラを既に持っていたらいいんですけど、もし持ってなかったらMamiya 7IIに標準系レンズのセットを私からは勧めます。
でもってもう一発…先日申し上げた件とは別件で、マジに…冗談抜きであなたにしか頼めない事態が発生しました。なので、もしこれを見ていたら、できるだけ早い時期に私の名刺に記載してある、自宅用のメールアドレスまでご一報を。
▽卒論アドヴァイザーの先生+卒論関係でお世話になっている皆様方へ
季節の変わり目で風邪をこじらせている(現在進行形)ため、卒論の執筆速度が落ちてます。当初は3月末日に完成させる事を目標としていたのですが、どうやら4月まで引っ張ってしまいそうな感じです…ゴメンナサイ……
▽今度の日曜礼拝にいらっしゃる皆様方へ
ICU教会の入口すぐのところにて記載してある通り、礼拝堂内の撮影は原則禁止です。しかし今週末の日曜礼拝は復活祭を祝うものであり、尚かつ私自身を含めてこの日に洗礼を受ける方々もいらっしゃいます。
なので、この日に私が洗礼を受ける姿を撮りたいと希望される方々は、事前に牧師先生の許可を戴いて下さい。
なお、私が名刺をお渡ししている皆様方には、絶対にストロボを炊かないという条件付きにて、あとは牧師先生に撮影許可の申請をして下されば、相河に関しては撮影を許可致します。

次ページへ »