色々書いてます…水面下でですが……

職場ではデザイナーなる肩書きを持っている私でございますが、水面下では主にあまりにも目が疲れてデザイン仕事がままならなくなった時に限定して文章の執筆をしておりました。
ジャンルとしては主に随筆とでも言うべきものですが、タイミング次第では皆様方のお目に掛けられるかも…といったものから、こーれーはー絶対外部に出せんぞ…という代物まで内容は実に様々。

とは言え、いくら私でも理由もなしに文章を書いている筈はなくて、最大の理由はこれが私の精神状態を映し出す鏡となるから。人によっては切ったデザインそのものに映し出されたり、言動・行動に映し出されたりするものなのですが、私の場合は文章に最も的確にかつ鋭敏に映し出されるものなのです。これでも卒業した方の大学では日本文学と日本語学を専攻しておりましたからね。
では何で会社で文章の仕事をしていないのかと申しますと、会社で取り扱う類の文章と私の書きたい分野の文章のジャンルが根本的に違うからでして。私の書きたいのは小説であったり、サブカルチャー関連の学術論文であったり、はたまた随筆であったり…なのですが、会社で書く事になる文章はそのいずれにも該当しないんですよね。と言うか学術論文のフォーマットが身に染みついた私としては些か抵抗がある類の文章だった訳でして。
なので、ごく一部の例外を除いて「仕事としての」文章は、私は書いてない訳です。

…その割に、4月に現職場に就職して以来、相河の書いた文章量って…えー、InDesign・2段組フォーマットで1段約400〜500字を使って100P↑ですか?
我ながら塵も積もれば何とやら、という諺を実感した次第でございます。

二社目の面接。心残りですか? ありまくりじゃあーーーーーーっ!!(魂の叫び)

えー、本日二社目の面接に行って参りました。
今度は風邪で沈没してろくに対策が取れなかった一社目の時とは違い、事前に面接の予行練習も行って、更には近くの百貨店化粧品コーナーで面接対応のメイクもして戴いた上にて臨みました。
私は口紅が鬼門と言える程なので、持っているのと同じメーカーの敏感肌用リップを付けた上に、同じく敏感肌用の口紅を付けて頂きました(リップを忘れると途端に唇がガサガサになります)。

一社目の時とは違い、福利厚生の充実度もさることながら、障害に伴う各種症状への現場の対応も非常にしっかりしていて尚かつ融通が利くという印象を受けました。
お話を伺っているうちに、この会社で是非とも働きたい…という意欲がむくむくと湧いてくる程のものでした。

ただ、今回の面接において痛感したのは、圧倒的なまでの(私の実力に関する)判断材料不足。これに関しては後悔先には立たずと言いましょうか何と言いましょうか……
間に合えば追加のポートフォリオをメールで送信したいところなのですが、メールサーバーの容量が追いつくかどうか以前に、フリーメールのアカウントで受信して頂けるのかどうか…といった問題が。
それでも、何もやらないよりはマシというものですが。

前回の記事でも書いた通り、ウェブデザイナーとしての私の真骨頂は一見シンプルに見えてその実…といった類のデザインなのです。
まあこのサイトとか何処とか見れば一目瞭然でしょうけどね。

今時の風邪はしつこいです…そして面接行ってきました

風邪で沈没した事は前回書いた通りですが、その週の週末も寝ていた結果、熱はすっかり平熱まで下がったものの、咳はこれ書いてる現在もしつこく残ってます。しかも抵抗力が落ちたときには必ずと言っていいほど手の甲に出る発疹が今回もぶわっと…。
という次第ですから、現職場の職員さんが面接対策をして下さるという話をしていたのですが、それどころの騒ぎではなくなってしまいました。風邪で沈没してたのと、急な仕事が入ったのと両方で。

という訳で今回の面接に臨むに当たっての心得は以下の通り……
1に健康管理。
2に身だしなみ。
3に時間厳守。
後は野となれ山となれ。
(因みにこれ考えたのは相河だったりして)

といった具合に、実に開き直りが見えるものとなっておりました。
これで面接までパスしたら笑うしかないのですが……

かくして早めに銀座の会場近辺に行ったはいいのですが、目的の建物を見つけるのに随分と難儀致しました。
時間厳守ですから流石に焦りましたが、早めに行っていた事が奏功して何とか無事に面接会場となる建物を見つける事ができました。

そしてお待ちかねのランチタイム。会場を探す際に目星を付けていたお店に入り、昼食にしたのですが量も丁度良くてお味も満足のいくものでした。
後でリアルの友人から聞いて分かったのですが、そのお店、どうやら相当な有名店であるらしく色んな料理とワインが美味だという事でございました。
…まあ今後銀座に行く機会があるかどうかは甚だ謎なので、また行く事があったら今度は別のメニューもオーダーしてみようと思います。

で、肝心の面接なのですが…人事担当の方と一対一で行われました。
最初の大学として医学部に行った理由と辞めた理由とを聞かれたので、それに関しては嘘を言ってもしょうがないので有り体に答えました。
あと、就労支援A型事業所とは何ぞや?と聞かれたときには、予め職員さんから手渡されていた現職場のパンフが大変役に立ちました。ありがとうございます。
他に何を尋ねられたかと申しますと、就労にあたって必要となる配慮、こちらからの質問、あとは実際の仕事内容に関する説明も受けました。現職場におけるそれとは求められるスキルは些か異なりますが、今までの仕事並びに学業関係にて鍛えられた事が役に立ちそうではありました。
面接の最後の方に、その企業における業界ゆえの色々厳しい面も聞かされましたので、受かったら受かったで戦々恐々ではあるのですが(それなりの有名処とは言っても、流石に実兄の勤務する某大手企業のようにはいきませんね)、給料と福利厚生とに関しては現職場よりも良い事は間違いありません。
ただ、件の企業において精神障がい者の雇用実績がないのが不安材料ではありますが……(何せ面接を担当された人事の方ですら当惑されていらした位ですから)

そして面接終了後は、銀座観光に繰り出しました(笑) 書店に行ってから併設のカフェで買った本を読み、次いでアップルストアに向かったもののあまりの人の多さに退散。向かいにあるデパート・松屋に行って1Fで久々にジュエリーで目の保養をしてから新しい香水のチェック。特に冬場に使う持続性のある香りはプライベートでしか着けられないものなので今回はテストだけに留めましたが……
あと、メイク用品も軽くチェックはしました。私の場合特に口紅とファンデが鬼門で、特に前者は敏感肌用でも先にリップを付けてから口紅を付けないと、唇がガサガサになるレベルだったりもしています。

それから銀座を脱出したのですが、また来る機会があるかどうかは正直怪しいところですね。仕事で通勤する事になるのか、それとも同窓会辺りで行く事になるのか…? それは神のみぞ知るところ。

…風邪ひいて大絶賛沈没中……

メンタルな方は夏コミ終了後から基本的には好調…最近は寧ろやや躁転気味なくらいだったりしているのですが、職場でも流行っている風邪のウィルスに捕まってしまいました。
前々日辺りにFE覚醒の13章(=ルキナ加入イベントがある章)をやってから寝たらば深夜3時になったのがまずかったのか(翌朝はいつも通りの時間に起床しました)、それとも風邪ひきさんが複数人いると分かっているにも関わらず、うがいなどの予防を怠ったのがまずかったのか…? それはともかくとして、数日前から続いていた咳に加えて、今朝から発熱と頭痛の症状が出たため、かかりつけ医のところに行ってきました。したらば、やっぱり巷でも風邪が流行っている様子で、待合室には大勢の患者さんが。受付の方に尋ねましたところ、何と1時間半待ちとの事でございました。
基本的に大勢の人がいるところは苦手なので、近くのコンビニで暫し時間を潰してから戻ってきましたらば、待合室の混み具合も一応許容範囲内にはなっておりましたのでソファに座って待機…日当たりが良好でうとうととしてましたらば丁度呼ばれまして診察室へ。やはり案の定風邪のようで、総合感冒薬、咳止め等などを処方されました。ただ、Dr.が抗生物質を処方する際のこと、私は双極性障害のため向精神薬を飲んでおりますので、そのかかりつけ医は「向精神薬を飲んでるから、●●は飲み合わせが…よし、××を出しましょう」といった具合に私が既に飲んでいる薬のことも踏まえた処方をして下さるので、大変有り難いです。これはDr.にしてみれば寧ろ当然の事なのですが、私の知る限りこの医師が最も徹底してそれを実践しているような気がします。大抵は薬剤師さんから「お医者さんから飲み合わせについての説明は受けましたか?」と訊かれるにも関わらず……

その後、帰宅してからネットスーパーで買い物。何とか本日最終便の枠に滑り込む事に成功したので、ここぞとばかりにアレコレと買い込む。栄養補給、カロリー摂取と言わんばかりに、先日ここでも記載したハーゲンダッツのパンプキンも他の冷食+冷凍庫のキャパと相談しながら大人買い。基本的に手抜き+栄養補給+水分補給を前提に色々買い込みました(一例を挙げるとしたら、熱が出ている現状でポカリはデフォ。但し個数制限があったので十六茶も追加しておきました)。勿論、ネットスーパーの方が来るまでの間は大人しく寝ていましたとも。

当面の課題

会社のデザインチームメンバーに与えられた課題を添削する担当の方が現れるまで、今日は各々が設定した課題をこなしていった。
ある人はSAIを使ってペンタブの感覚に慣れる事を目標に、またある人はInDesignを使いこなせるように…といった具合に(注:うちの職場のマシンは全てWinである。よってSAIが選択肢として出てくる次第)。
因みに私の会社からの課題とは別に設定している目標とは、イラレの扱いに慣れる事である。
私は小説同人誌を数多く出している関係上、それなりにInDesignの扱いには(少なくともモノクロの文章原稿を制作するのに必要な程度には)慣れているし、フォトショはチームメンバーの全員が馴染みのあるソフトである。よって消去法的に考えても私の習熟度が不十分なソフトと言えばイラレという事になるのだが、単純なベジェ曲線は引けても複雑な図形となったら…あばば…となるのが現状。実際、試しにトランプの図形4種を描いてみましたらば、他チームの人からも「線が歪んでる」と突っ込まれたしね。
という訳で、職場で時間が空いたら極力イラレを起動してペンツールやら何やらの練習に励む所存である。

四月馬鹿初出勤の嘘?ホント? 解答編

4月 2, 2014 · Posted in よもやま話, エッセイ風文章, ネタ, 徒然, 日誌 · Comment 

えーと、エープリルフールの一寸したお遊びという事で、初出勤の時に「あった」事の幾つかに嘘が含まれているという企画をやったのですが、以下その解答編。

▽午前7時頃におかんからのモーニングコールによって起こされた
 答え:のっけからウソ。正解は、「おかんが運転する車で自分の勤務する会社に送ってもらってる最中に電話を掛けた、助手席にいる実兄からのモーニングコールによって起こされた」です。一発で起きられました

▽始業まで若干時間的余裕があったので、四ッ谷駅併設のコーヒーショップで時間を潰した
 答え:ホント。明らかに会社に行くには早すぎる時間でしたので

▽更に眠かったので、会社の前の自販機で冷たいコーヒー缶を買って飲んだ
 答え:本人的にはホントと主張したいところですけど、これもウソ。冷たいものを選んだつもりが、間違って温かいもののボタンを押してました

▽最初は割り当てられたマシンにクリエイティブ系のソフトが入っているのにも気づかず、ひたすら文章のトレーニングをしていた
 答え:これはウソのようなホントの話。最初は文章仕事のトレーニングを延々としてました

▽近くにコンビニがあるので、昼飯の選択には困らなかった
 答え:これもホント。意外な処にコンビニがあって今後とも重宝しそうです

▽職場のとある女子に、付けてたサファイアのリングとネックレスが見つかり、リングの値段を言ったらば「高い!」と言われた。因みにネックレスの方は秘密にした
▽↑のサファイアリングを、結婚指輪とカンチガイされた。何でやねん!
▽同じ人に今度は腕時計が見つかり、これまた値段を言ったらば「安い!」と言われ、何処で買ったのかを尋ねられた
 答え:この3つは全てホント。何でブルーサファイアとダイヤのファッションリングを結婚指輪と間違えられにゃならんのだ?とツッコミ入れたくもありました。因みにネックレスの方もサファイアでしたが、ブルーサファイアではないんですな、これが。あと時計は我ながらよくぞ見つけたものだと思います。普段使いはこれ1本あればOKだ、というレベルの完成度の高さには惚れ惚れします。

▽花粉症がえらい事になってた所為で遅れてきたチーフをはじめ、同じ部署では女子率が意外と高かった。
 答え:これは真っ赤なウソ。うちの部署は、私一人を例外として基本的に男所帯でございます。別の部署では女子率もそれなりに上がってくるんですけどね。

▽スーツを着てきていたのは、私以外だと上の方の人2〜3人くらいだったので、若干肩身が狭かった
▽でも「スーツが似合ってるよ」と同僚の女子社員に言われたので良しとする
 答え:ホント。一部の管理職の方を除いて皆ラフな格好で仕事に取り組んでいたので、ちと肩身が狭かったのは事実。でもスーツが似合ってると言って貰えたのは素直に嬉しかった。こちとら伊達に学生時代からスーツ(それもリクルートスーツに非ず)を着用してきてる訳じゃありませんしね。

▽私を含め定時で帰る人が殆どだったが、チーフとか上の方の人とかはデータの取り纏めで残業してた
 答え:これもホント。あまり長時間残業して身体を壊したりしなければいいのですが……

▽最寄り駅の店で夕飯を食べた後、パンと牛乳だけ買って帰る。明日の朝はパンと牛乳と青汁or野菜ジュースで決まりだな……
 答え:ウ・ソ♪ 栄養ドリンクの1本でも飲まなきゃ身が保ちませんよ。

以上、答え合わせでした。

この中で嘘は幾つあるでしょうか?

一応今日はエープリルフールという事で…。
大体は本日の初出勤にまつわる事を記載しておりますが、表題の通り、以下の文章の中には幾つか嘘が含まれております。
解答編はもう少し落ち着いてから発表するつもりです(何分にも今日はヘロヘロですので)。

▽午前7時頃におかんからのモーニングコールによって起こされた
▽始業まで若干時間的余裕があったので、四ッ谷駅併設のコーヒーショップで時間を潰した
▽更に眠かったので、会社の前の自販機で冷たいコーヒー缶を買って飲んだ
▽最初は割り当てられたマシンにクリエイティブ系のソフトが入っているのにも気づかず、ひたすら文章のトレーニングをしていた
▽近くにコンビニがあるので、昼飯の選択には困らなかった
▽職場のとある女子に、付けてたサファイアのリングとネックレスが見つかり、リングの値段を言ったらば「高い!」と言われた。因みにネックレスの方は秘密にした
▽↑のサファイアリングを、結婚指輪とカンチガイされた。何でやねん!
▽同じ人に今度は腕時計が見つかり、これまた値段を言ったらば「安い!」と言われ、何処で買ったのかを尋ねられた
▽花粉症がえらい事になってた所為で遅れてきたチーフをはじめ、同じ部署では女子率が意外と高かった。
▽スーツを着てきていたのは、私以外だと上の方の人2〜3人くらいだったので、若干肩身が狭かった
▽でも「スーツが似合ってるよ」と同僚の女子社員に言われたので良しとする
▽私を含め定時で帰る人が殆どだったが、チーフとか上の方の人とかはデータの取り纏めで残業してた
▽最寄り駅の店で夕飯を食べた後、パンと牛乳だけ買って帰る。明日の朝はパンと牛乳と青汁or野菜ジュースで決まりだな……

という訳で今日は風呂入って即寝ます。おやすみなさいませ。

マゾいなぁ、自分

実は今日ビッグサイトで無駄足になった帰りに、新宿へと寄ってきた。目的は、FM3Aの電池交換とフィルムの補充とである。
電池交換はすんなりと終わったのだが、ヨドバシ新宿西口本店のフィルムコーナーを見た私は愕然とした。と言うのも、リバーサルフィルムが売り場の隅の方に追いやられていたからだ。
その理由は明白である。昨今のDTPの隆盛により、今や印刷物でもデータでの入稿が当たり前のものとなっているからである。もっとも、カメラ、ディスプレイ、プリンターの間で厳密にキャリブレーションを取れる環境にある、という事が前提条件となるが、一度に何枚も、何十枚も撮影を繰り返すプロカメラマンであれば、フィルムで何枚も撮るよりも遙かにランニングコストが安く上がるものであるからだ。何せフィルムは、36枚撮り35mmフィルムでもリバーサル(ポジ/現像されたフィルムが完成品のもの。元はスライドに使われたもので、印刷用原稿にも用いられた)だと900円〜1100円する上に、更に現像代も乗っかってくるのだ。加えてリバーサルはラチチュードが狭く、扱うカメラの測光特性を把握していないと反射光がどのくらいになって、それを計算した上での調整も必要になってくるからだ。だからリバーサルフィルムを扱ってきたプロカメラマン達は段階露光と言って、最低でも3段階くらいは測光状態を調整してベストショットを探り出すものだった。私みたいに気が向いた時に撮影する、というスタイルだと寧ろフィルムの方が安く付くものだが(うちの環境だとプリンターのキャリブレーションが取れない、という事情もある)、仕事などで大量に撮影するとしたら私でもデジタルカメラを勧める。仮に私が仕事上DTPを扱う立場になって自分で写真撮影もしろと言われたならば、私でもデジタル一眼を選択するだろう。更に、キャリブレーションも当然の如く取ることだろう。
もっとも、デジタルカメラで撮影した場合、やはりアーカイブの問題が残ってしまうものではあるが……

で、この日の買い物を全て終わらせたらば、たまたまプロの方に写真を撮って頂くサービスをしていたので、寄っていくことに。被写体を追うことにはそれなりに慣れていても、自分が被写体になることにはあまり慣れていない私の事、笑顔が固くなってしまいがちだった事は否めない。それでも柔らかな表情を引き出せるのは流石はプロと言うしか他にあるまい。普通に撮影して頂いてさあ帰ろうかと思った矢先に、電池交換のため持参していたFM3Aがスタッフさんに見つかり、今度はそれを手にして撮影…という事と相成ったが、眼鏡がずれてしまい一寸おまぬけな顔になってしまったのはご愛敬。記念に一番良かった一枚ずつを頂いて帰ってきました。

因みに私の常用しているフィルムは以下の通り
▽ネイチャーフォト・草花などの撮影用:Velvia100, PROVIA100F(以上メイン), PROVIA400X(夜間撮影用)
▽ワンフェス等でのフィギュア撮影用:PORTRA800, SUPERIA PREMIUM400(WF会場などはミックス光であるため、リバーサルフィルムの使用が不可能だから)
▽テスト用:Ektar100, Velvia50

…それにしても、列挙したフィルムの大半がリバーサルというのは、我ながらマゾいと言うか何というか…。

私ゃレアものホイホイかっての?

宝石・鉱石が趣味である事は以前このブログにも書いた通りである。ダイヤ、ルビー、サファイア、エメラルドといった王道のものは一通り持っている。但しエメラルドは衝撃に弱く、しかも直接ものに当たる事も少なくないリングなので、実際に使用する機会は滅多にないが(ネックレスならもう少し使い勝手も上がったのだが/ぶっちゃけるとリングはグリーンガーネットまたはデマントイドガーネットに買い替えた上で、エメラルドのネックレスが欲しかったりも)。その上で、私はレアものホイホイなのかと自分で自分にツッコミを入れたくもある。具体的にどんなレアものにホイホイされてきたか、以下それを記す。
▽某店で、アレキサンドライトキャッツアイにホイホイされる
▽某展示会にて、エメラルドトラピッチェにホイホイされかける(未遂)
▽別の展示会にて、大きめのバイオレットサファイアにホイホイされかける(未遂)
▽多分その展示会で、スタッフさんのお勧め・アウイナイトにホイホイされる/この時アウイナイトの特設コーナーがあり、ネックレスのみならずリングも相当数あった事を付記しておく
▽また別の展示会で、ペッツォタイトキャッツアイ(※エメラルドと同じく、クリソベリルの一種でキャッツアイ効果があるもの)にホイホイされる
▽某展示会にて、収穫ゼロかと帰ろうとした矢先に、パパラチアサファイアにホイホイされる
▽別の展示会で、先述のペッツォタイトを一目でそれと看破した某デザイナーズブランド関係の方により、地金のしっかりとした少し小さめのバイオレットサファイアにホイホイされる
▽某店で小粒のスターサファイアのルースにホイホイされる

レアもの以外まであげつらうときりがなくなるのでこの辺で。特に●●によりといった注釈のない限り、私の視界に自ずと飛び込んできたものだったりもしている。
実はレアものとされるものでも意外と縁のない石もまた存在していたりする。例えばパライバトルマリン。ブラジル産の石は鉱山が閉山して、現在は殆どがアフリカ産のものだったりする次第だが、展示会に足を運ぶとジュエリーデザイナーの先生によってはブラジル産の石をいまだ所持しており、それをデザインしていっている訳なのだが、鮮やかな独特の水色はいい目の保養にはなっても一度も欲しいと思った事がないのだ。

さて、明日は中高の同窓会。当時の同級生達に宝石のコーディネート講座入門編を頼まれているのだが、実は私はダイヤはあまり使わないので、そこをつつかれると少し痛いかもしれない。

久々にご馳走を食べました

千歳烏山に意外と飲食店が多いのはご存じだろうか? 表通りの話ではなくて、一歩路地裏に入った時の話である。甲州街道を渡って烏山支所前の信号を左に曲がると、そこは様々な飲食店のオンパレード。寿司屋、中華料理店、イタリアン、フレンチ等々と実に色んな種類の店が存在している。昼には開いてない店も多いのだが、もしお財布の中身に5千円くらいの余裕があればフレンチの店『クゥ・ド・コション』(意味はフランス語で「豚のしっぽ」であるらしい/実際店の名物料理ともなっている)が断然お勧め。普通なら万単位のお金が飛びそうなイメージのあるフレンチだが、格式張った店ではなくて豚肉や獣の肉、鴨肉辺りが中心で上手くやりくりすれば夜でも3千円くらいでそれなりのものを食べられる。酒とかデザートとかその他ある程度高価なものとかを頼まなければ、の話だが…。通院帰りなどにて昼食や夕食を千歳烏山で食べていたのでそれなりに色んな店で食べていたのだが、フレンチにしては安い方かと。…と言うより、店主曰く、「このくらい安くしないと烏山ではやっていけない」のだとか。

以上、某所での1分間スピーチ用原稿に書き言葉としての手を加えたのと、店主の意向により店の名前を出してとの事だったのでそれを付け加えました。某所同席者の中には此処で列挙した中華料理店に時々行っている人もいたりして、こちらもお勧め。但し麻婆豆腐等は普通のでも本気で辛いので、辛いのが苦手な方は注意が必要(ある程度辛いものは克服したつもりの私でもヒーヒー言ってるレベルなので、どんだけ辛いかは推して知るべし)。と言うかそこの店、メニューの殆どが辛いものだったような気もしないではないが…。あとイタリアンの店もランチタイムに一度行ったきりではあるが、こちらもなかなか美味であった事を記憶している。
ただ、食べ物と言えば私にとっては中央線沿線の方が生活圏に長くあったせいか印象が強く、三鷹駅北口方面や武蔵境駅北口方面での美味い店で舌鼓を打つ事もままある。脂肪肝と診断されてからこちら外食する機会も減っていたが、消化器内科への通院からは釈放された私が最近外食先として選ぶかどうかの一つの基準は、野菜がたっぷり取れるか否かである。と言う訳で、三鷹・武蔵境辺りで野菜のたっぷり取れるランチ等を提供しているお店の情報求む(但し三鷹駅北口の税務署だか検察庁だかのある通りの路地から一歩入ったところにあるイタリアンレストランと、同じく北口を左手に出て道なりに歩いていたら看板が見えてくる中華料理店とは、既知なので除外して下さい/因みにこの中華料理店の杏仁豆腐はふわふわでやみつきになるなる味。大概の店ではデザートは自重するようになった私でも其処では必ずオーダーしている程だったりも)。

次ページへ »