相河さんの密かな(?)趣味

3月 12, 2014 · Posted in その他色々, エッセイ風文章, 徒然 · Comment 

実のところ私は宝石や鉱石の類が大好きで、特にジュエリーは基本的にメイクをしない(するとしたら敏感肌用のを持ち出さなければならない)私にとってワンポイントとなる優れ物でもある。
ただ、石の性質やデザインによって「これはカジュアルからフォーマルまで色々な場面で取り回せる」といったものから、「これは普段使いには怖くて着けていられない」といったものまで実に様々。普段使いできるものの代表格はやっぱりダイヤ…と思われるところだろうが私にしてみれば実は外れで、ルビー、サファイアの類が私にとって大変重宝しているのが現状である(他を挙げるとしたらガーネットくらいか)。理由はモース硬度が9ある(つまりダイヤに次いで硬い)鉱物であり、組成式Al2O3というイオン結晶である事からも熱に強く、サファイアの方は実に様々な色のバリエーションがある事も魅力なのである。と言うか、以前にも説明したかもしれないが、宝石の価値を持つコランダムの中で「ルビー」とカテゴライズされない色味のものは全て「サファイア」なのである。極端な言い方ではあるが。
大分前にパパラチアサファイアのリングを購入したのだが、ルビーのリングと色の相性がいい上に文字通りカジュアルからフォーマルまで取り回せるデザインに加えて、元気を貰える太陽のような色味である事が気に入っていたりする。で、先日とある展示会にて私は宝飾業界関係者の方々にとってはある意味かなり意地悪なコーディネートで臨んだ。先述した2つのリングに加えて、ペッツォタイトというクリソベリルの一種をペンダントとしたネックレスを身につけていたのである。クリソベリルの代表格はエメラルドであるのだが、これの仲間である事からもお分かりの通り衝撃に弱い、という弱点を持っている。故に私は、現時点では普段使いするジュエリーの中には加えていない程である。実際、私も展示会に招待してくれた業界の友人も「パパラチアサファイアの方に目が行くだろうなー」と睨んでいたのですが、ところがどっこい、ペッツォタイトを一目でそれと見破ってきた方がいらっしゃいました。しかもキャッツアイ効果の入り方にまで言及されて…(当然エメラルドにもキャッツアイ効果があるものが存在している)。「恐れ入りました…」と感服するしかなかった私の前に、その方…実は某デザイナーズブランドの関係者の方が勧められたのは、バイオレットサファイア。流石にデザイナーズブランドだけの事はあってデザインは秀逸でカジュアルからフォーマルまで取り回せるデザイン(例えば地金の用い方一つ取っても、石を保護しつつシャープさと優美さを両立していた)である上に、その先生が色石好きとの事で用いられているバイオレットサファイアは非加熱。通常サファイアやルビーの類は加熱処理をしてあの鮮やかな色を出すものなのですが、それをやらずに鮮やかな色を出しているという事はつまり…それだけ希少価値があるという事なのである。通常のルビーやブルーサファイア等でも、非加熱処理とあるだけでお値段が相当に上がる、とだけは言っておこう。
それを私も先方も重々承知しているだけに、これによって与えられたインパクトは絶大であった。この日この後もその展示会では色々なコーナーを巡ったが、このバイオレットサファイアを超えるものには巡り会えなかった事は言うまでもない。
「ジュエリーは出会いのもの」とは宝飾業界関係者の間でよく言われる事であるが、まさしくその通りで、縁(えにし)と言うべきものが存在しているのだろう。同じ値段でもカジュアルからフォーマルまで取り回せるもの、フォーマルでしか使えそうにないもの、逆にカジュアルでしか使えないもの、今の私にはまだ身に纏うのは早いもの、将来的には年齢に見合わなくなっていくだろうもの、文字通り一生使えるものが存在している。今私がカジュアルからフォーマルまで取り回している中で、尚かつ一生使えるものの代表格は、やはりブルーサファイアのデザインリングであろう。これと同額で買ったリング等も幾つかあるが、コストパフォーマンスという観点から考えればこれがダントツなのである。

マンガにまつわるエトセトラ

11月 22, 2012 · Posted in エッセイ風文章, 学業関係, 徒然, 日誌 · Comment 

私も同人活動でマンガを下手なりに描いた事はありますが、今回はあくまで読者としての観点から色々な事を。

『OZ』、『空は赤い河のほとり』、『BASARA』、『SAINT』、『AMAKUSA1637』、『姫100%』、『伯爵カインシリーズ』、『東京BABYLON』、『聖伝−リグ・ヴェーダ−』、『魔法騎士レイアース』、『学園便利屋シリーズ』、『吸血姫美夕』くらいかな、ざっと浮かぶのは。

といったTLをTwitter上で流したのですが(この時の私は『生徒諸君!』を入れるのを忘れてました)、ご覧の通り少女マンガに関しては結構疎いです、私。第一、いい年こいた娘っ子が読んできた少女マンガのタイトル挙げるのに140字以内に収まるって何さ?といった声が聞こえてきそうですね。
ただ、その中でも特に『OZ』は性別に関係なく読んで欲しいくらいの名作で、人間とは何か、機械と人間の違いは何かという命題に取り組んだ意欲作だと思っています。樹なつみ先生の絵柄も、いかにも少女マンガ…てな感じのものではありませんし。

なので、私の青春時代を彩ったのは少年マンガや青年マンガが中心でして、とりわけ『沈黙の艦隊』(以下沈艦と表記)や『MASTERキートン』には本当に人生変えられた気がします。
沈艦は途中からリアルタイム(単行本は海江田が東京に上陸して竹上総理と会談した辺りから、単行本はニューヨーク近海で空を飛ぶ前辺りから)で読んで、更に違うクラスの女子2人に布教した結果、モーニング誌が発売された翌日の休み時間には三人して熱くネタバレ沈艦トークをかましたものです。もっとも三人とも腐女子ではなかったので、そういうベクトルの話にはなりませんでしたが。あと当時「選挙権があったら!!」とか絶叫していた事を思い出します。(実際に選挙権を手にしてからは、住民票の関係からなかなか行けなくなってしまいましたが←現住地は東京都内、住民票があるのは四国・香川県内/遠隔地からでも投票できたらいいのに…よよよ。夜行バス辺りで帰省して期日前投票も考えてますが)
今読みたいのは『ギャラリーフェイク』に『天才 柳沢教授の生活』『ベルサイユのばら』、それと『テルマエ・ロマエ』でしょうか。財布の中身と本棚のスペースとを圧迫するのでその辺りは何とかしたいものですが…近所にコミックのレンタルやってる所があるので、そこに通うか? でもその場合の著作権料ってどういう扱いになるんだろうか?←それが気になってるので、できれば新品で読みたいのですが……

検査入院の日程が決まりました

今度は発達障害の検査入院で、11/27〜12/4の間だそうです。1週間で済むのは有り難いのですが、このままだと修羅場に引っ掛かるのは明白なので、相応の対処をしなければいけませんね。
あと、Amazonから来る荷物(要は書籍とゲーム)の受け取りを私が在宅しているうちに完了させなくては…。

それはそうと、『咎犬の血』Vista/7対応版を購入しました。7でも64bit対応しているとの事ですから安心してインストールから何からできます。
64bit版7環境でどうやってもインストできなかったのは、『アザナエル』と『英雄伝説V 海の檻歌』、あと同人ゲームが幾つか…といった状況。
『咎犬の血』以外にもやってみたいBLゲーは『sweet pool』、『メサイア』といった位でしょうか。
乙女ゲーは『アーメン・ノワール portable』に遙か3、『死神と少女』といった辺り。他にも多少は気になるものはあるのですが、単に甘いだけのものはパスしたいところですね。
どちらかと言えば(?)男性向けゲームが多いのには、この辺の理由があるからなんでしょうね。純愛から性愛、またシナリオを堪能するという意味でも。

11/22追記:結局入院は2週間…12/11までになるとの事です。入院期間が2週間となると結構痛い。早割が全然使えませんですよよよ。と言うか線画が到着次第速攻で修羅場開始しなければ色々とマズイです。

ダイエット顛末記・番外編

電話で現在制作中の同人誌の打ち合わせをしていたSさんから言われたのですが、当サイトにて掲載中の「ダイエット顛末記」をマンガにしたら面白いんじゃない?てな事を言われました。確かにネタにはなるとは思いますが、如何せん私はマンガ描きではないので筆が遅いのですよ(同人ゲーム『女神の大地』でも絵関係では苦労していると言うのに…)。
それはさておき、最近はスポーツクラブに行けていません。と言いますのも一時うつ状態になった上に、雨が続くわ自転車の後輪が立て続けにパンクするわで…修理したのにまたパンクしてブルー入ってるんですけど。かと言ってバスに乗って行くのも何か違うような気がしまして(バス停が近ければいいのでしょうけど、うちはそれなりに距離がありますので)。

さて、それはそれとして近況報告をば。『逆転検事』に手を出したのはいいのですが私には合わない…と言うかどこがどう推理で繋がるのかミステリー苦手な私には分からない(『かまいたちの夜』でも『野々村病院の人々』でも友人に真犯人を見つけたEDを見せて貰っていたほど)ので、攻略サイト無しでは進めていけないのがこの手のジャンルとしては辛かったです。『逆転裁判』シリーズ(特に1〜3)や『ゴーストトリック』は実際やっててあんなに楽しかったのに何でー?と言うしかないですね。特に『ゴーストトリック』は1周目でも2箇所ほどを除いて攻略本無しでもクリアできましたから(確実に2周はしてます。3周は…してたっけ?)。タクシューさんがシナリオを担当しているとの事で予約した『レイトン教授vs逆転裁判』ですが、期待半分不安半分ですね。既に3DS本体は確保してありますので、後は発売日を待つのみです。
同人原稿の修羅場再開まで少し間があるのですが、どのゲームを崩していくかという事を考えております。『逆転検事』の前は『紫影のソナーニル』と『WORLD END ECONOMiCA-episode.1』をプレイしていたのですが、いつ再開するのか分からない状況ではBootCampからの起動は使えませんし(Mac側で諸々のやり取り・作業をするので)、PSPかDS、3DSのゲームをするのが妥当な線でしょうか。有力候補としては『アーメン・ノワール portable』か『死神と少女』、『車輪の国 向日葵の少女』PSP版か『ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜』といった辺りの、比較的短時間でプレイでき、尚かつ中断も容易なゲームが候補でしょうか。PS2版の続きと追加要素が気になるのはズバリ『アーメン・ノワール portable』ですが…。ソードとナイヴズどっちから先に攻略しようかと考えている自分がいたりしてます。

あ、そうそう。この報告を忘れてはいけませんね。
発達障害に関する検査入院の日程ですが、どうやら11月中旬か12月中旬といった線で落ち着きそうです。冬コミの原稿修羅場中に引っ掛かると嫌だなー、とか思いつつ…。

今日の食事
朝:黒糖ロールパン、牛乳
昼:鍋焼きうどん
夕:キムチ鍋、麦茶
間食:みかん、麦茶
夜食:夕飯の残りで作ったキムチうどん

ダイエット顛末記・その16

何か最近躁から鬱になっているのか、何事をするにも億劫でいけません。特に起き抜けはホントに駄目駄目ですね。
辛うじて行けたスポーツクラブでは、昨日に引き続いて今日もやっぱり腹筋で苦戦致しました。他はまあ年齢に比して妥当な負荷かと思いますけど、腹筋だけはまともにやってたらできない位に付いていなくてよっこいしょ…てな感じでございます。
やっぱり腹筋をどうにかして付けて脂肪を燃やさないことには二進も三進もいかないようです。
お腹周りの脂肪を燃やすいい方法って、ないものですかね、ホント?

それにしても、お腹周りに特化したサイズダウンってなかなか上手く行かないものですね。今までうつ状態で食欲を無くして痩せた時でも、お腹の贅肉はしつこく残ってましたからね。食欲が戻ってリバウンドしたらますます贅肉が付く…といった形でしたから。ウエストを測るのがはっきり言って怖いです…ガクガクブルブル。今の状態で履けるズボンが何本うちにあるかなぁ?

体重:67.4kg(運動前の数字)

今日の食事内容
朝昼兼用:食パン一枚、牛乳、野菜ジュース
夕:リンガーハットのミドルちゃんぽん+餃子5個
間食:カフェラテ、梨1個、水炊き、牛乳
夜食:クリームシチュー

ダイエット顛末記・その15

前回の顛末記でも書いていたかもしれませんが、1対1でのプライベートレッスンで言われたこととしては、どうやら水泳みたいな有酸素運動は筋肉を付けてからやった方が効率的との事。後、食生活は三度三度食べて間食は水分か行って果物系にとどめるように、との事でした。食生活に関しては耳の痛い私、今日も梨とぶどうと柿(柿だけはカットされたもの)を仕込んできましたが、コーヒー牛乳とかパンの類は明らかに余計だと自分でも思います。
全体的な筋肉量自体はさほど落ちてないみたい…との事ではありましたが、明らかに落ちている筋肉が腹筋でした。他の理想的な体型を目指すならば鍛えるべき筋肉はさほど落ちてなかったんですけど、腹筋だけはモロに落ちてて最初のうちはまともにジムのマシンを使えなかった程でした。負荷を大分軽くしてもらってどうにか…てな程度でしたが。つまりお腹周りは脂肪がぐるりと取り囲んでるのかと思うと、正直ぞっとしませんね。着やせするタイプなので一見しただけでは分からないかも知れませんが、水着とかいった身体に密着する服を着たらもう一目瞭然。ボコッとお腹が出っ張っているのが分かってしまうんですね。脂肪肝だとも言われてますので、この辺の脂肪を燃やして削ぎ落とすのは至上命題だとも言えるでしょう。とりあえずは腹筋を鍛えつつ

朝昼兼用:牛乳、食パン1枚、野菜ジュース
夕:焼き餃子(野菜餃子)10個、ローストビーフ、柿
間食:水、コーヒー牛乳、麦茶、牛乳

色々物欲の虫騒ぎ中…躁転の気配がすぐ其処に

Amazonでネットサーフィンしていた時の事。ブルーレイプレイヤーが欲しくてそれを探していたのですが、どうやら一万円台で書き込みもできるタイプの外付けディスクがあるとの事。
ブルーレイと言えば今のところうちにあるのはFate/ZeroのBOXくらいしか手元にはないのですが、此処に来てLUNA SEA熱が再燃致しまして。
それで彼らのパフォーマンスを綺麗な画像で見てみたいと思いまして、プレイヤーの必要性を痛感した次第でございます。

音楽で言葉を表現しているのがみゆきさんならば、LUNA SEAの五人は音そのもので表現している様な印象が私にはあります。まあそもそもの切欠は1年間の活動休止中のソロ活動をしていた河村隆一さんの『Love is…』において、その言葉に嘘くささを覚えさせない説得力を感じた事でして。何でそんなに説得力のある恋歌が歌えるのかと、リアルタイムで聴いていた当時思ったものです。しかも当時は(今もですが)下手なラブソングを聴かされたら嘘くさいと思ってみたりもする人種でして。最初は眉につばを付けて掛かっていたのですが…甘かったです。隆一さんは本当に恋愛の歌を歌わせたら上手いですし、LUNA SEAの面々の音も時に迫力が洪水のようにあり、時に静かに聴かせる曲を紡いできますから。

以下はTwitterの発言より抜粋
現在LUNA SEA熱が再燃中。PROMISEはiTunes Storeに無いんですか?(あれば速攻で買うのに)。CD聴きたい、ライブ行きたい。あうあうあう…。や、本命はあくまでみゆきさんなんですけど、それはそれ、これはこれという事で一つ。
LUNA SEAと、彼らにハマる切欠を作った河村隆一さんのアルバムやら何やらを密林さんで探していたらば、隆一さんがみゆきさんの『空と君の間に』をカヴァーしているアルバムがあるのを発見。どんなのか聴いてみたいですのう。みゆきファンとしても、隆一ファンとしても。
OneNightDejavuはライヴで見ましたが、とても凄かった事を今でも覚えています。その場に居合わせられた幸福感と共に。ICU生時代にインディーズでDTMやってたセクメからはめっちゃ羨ましがられましたが。
(発言ここまで)

因みに私はRyuスレかつ真スレでございます。あとINORANさんも結構好き。
そう言えば真矢さんが結婚された時には「いいパパになるんだろうなー」と思って物凄く納得しましたけど、SUGIZOさんが結婚したと聞いた日には本気でびびったものです。結婚しそうなイメージが無かったもので…。でも実際には彼の人生にもいい意味で影響を与えているようです。あ、Ryuが結婚した時にも結構驚きましたけど。(INORANさんやJがどうだかまでは私は把握してません)

なお、物欲の虫が騒いだ所為か最近軽く躁転しかかっているような印象がありますので、暫くは最低限の発言のみをさせて戴きます。

ダイエット顛末記・その14

今日からまた1か月のうち1週間ほどプールで泳げない期間に突入しましたので、ジムで筋トレなどに励む事に。
主にウエストを引き締めたいので、腹筋は力を入れてやりました。
スタジオで行われる各種の運動に参加しても良かったのですが、やはり私は黙々とやる方が性に合っているようで。
明日は施設自体がメンテナンス日ですので、明後日になるのですがダイエットプログラム体験の予約を入れてきました。
どんな食生活の間違いがあるか、とか、効率的なトレーニング方法とかをご教授して欲しいものです。楽しみー。

今日の体重:67.2kg(但し着衣のまま)

今日の食事
朝昼兼用:水炊き
夕:寄せ鍋(水炊きの残りを利用)、秋刀魚の塩焼き、梨1/2個
間食:牛乳、麦茶、ぶどう、クリームパン、コーヒー牛乳←多分クリームパンとコーヒー牛乳は余計だと思う

ダイエット顛末記・その13

このところ一寸スポーツクラブ通いをサボって家で寝ていたのですが、数日ぶりに行ってみることに。慣れないうちは25mずつ泳いで、慣れてきたら50mずつ泳いでいく…というのは変えず、マイペースで平泳ぎとか背泳ぎとかで泳いでました。クロールは耳に水が入るのが気になるのと、50mも泳いだら息継ぎが苦しくなるので現状では25m限定にて。
で、泳ぐ人は本当に距離を泳ぐんですよ。450m×2で900mとかいった具合に…。競泳をやってた小学生時代の私は多分1日当たりトータルで1000m以上泳いでいた筈なのですが、今の体力ではそんな事は夢のまた夢でして。多分500mに到達するかどうか、といった時点で音を上げているかと思います。多分。
本当はもう少し泳ぎたかったのですが、何か足がつりそうになってきたので予定より早く切り上げて、近くのスーパーに行ってフードコートで夕飯を食べ、食料品を買い込んでから帰宅しました。

因みにスポーツクラブに行けない3連休のうち2日は家でゴロゴロして休養しており、残りの1日は池袋と東京駅に行って体力と気力とをごっそりと削られてきました(主に池袋において。私にとっては殆ど鬼門に等しいですよ)。や、楽しかったことは楽しかったんですけどね。久々に会えた人もいましたし、ご飯もおごって貰えましたし。

今日の体重:67.0kg

今日の食事
朝昼兼用:食パン1枚、牛乳、野菜ジュース
夕:リンガーハットのミドルちゃんぽん、餃子5個
間食:かつおの刺身、牛乳、麦茶、コーヒー牛乳、ぶどう、食パン1枚

金曜の夕方、科博(国立科学博物館)に行ってきました

上野へ行くのも随分と久しぶりだな…と思いつつ、上野公園は博物館やら美術館やらが密集しているエリアへ。
今回のお目当ては科博で開催中の特別展「元素のふしぎ」でして。そろそろ開催期間も終わると思って、いそいそと上野へと足を運んだ次第です。
流石に全種類の元素を何らかの形で取り上げているだけの事はあって、高校・大学通じて化学は得意だったこの私がお腹いっぱいになるほどのボリュームでした。
元素に関してはちゃんと大学に入って初めてまともに習う電子雲の事もちゃんと分かりやすく取り上げられており、それがキューブ状のガラスを使ったモデルで分かりやすいように表示されていたのが好印象でした。
実は私、再受験の予備校生時代にある質問をして、それを理解するには高校レベルを超えてると言われた事があるんですね。それもこの理論なら説明が付くといった内容のものでした。
(知っている人なら知っているかとは思いますが、高校・予備校ではいわゆる理系クラスにいまして、化学と生物は得意科目だったのですよ。数学は死ぬほど苦手でしたが……←ICUのジェネード或いはエレクティブで数学だの化学だの情報科学だのを、何故かNS生と勘違いされるほど取っていたのは、当然これも関係してます)

今回ゲップが出るほどの充実感を味わってきたのですが、天然宝石とも人造宝石とも違う人工宝石なるものがある事は初めて知りました。多分工業用途に使われているのだとは思いますが……
あと、流石に炭酸リチウムは取り上げられてませんでしたね。双極性障害における躁状態の最古の治療薬なんですけれども、一般の方々には刺激が強すぎると思われたのでしょうか?

次回の特別展はチョコレート展だそうです。会期は11/3〜翌年2/24まで。これも面白そうなので是非行ってみようと思います。

それにしても、平日金曜は科博と国立西洋美術館とが20時まで開館しているとは知りませんでした。今度から博物館のハシゴをする時は可能な限り金曜日に行こうと思います。コースは国博(東京国立博物館)で主に刀剣類の鑑賞→科博で気が向くままに展示を堪能、といった感じになると予想されます(理由は、国博は確か通常通りの開館時間だった筈だから)。

余談ですが、発達障害専門病院での入院しての検査は、現在4人待ちだそうです。時期的には年内にできるかどうか…といったところだとか。

今日の食事内容
朝昼兼用:シリアル、牛乳
夕:白身魚のポワレ、ローストビーフサラダ、スープ、パン、ウーロン茶
間食:牛乳、麦茶、デザート風味のお豆腐(ザク豆腐という奴←駅前のイトーヨーカドーで売られていたのを見て、ネタという誘惑に敗北した/バニラ味で意外とおいしい)

« 前ページへ次ページへ »