相河さんの大学生活・ICU編

今度は再受験して入学することになったICU(International Christian University/国際基督教大学)にまつわる諸々を。
医学生として国公立大学に在籍していた私は、まず学長でも教授でも助教授でも准教授でも皆「●●先生」と呼ぶ事に驚かされた。一般的な大学…それも医学部では考えられない事だったからだ。
ICUとて名前の通りキリスト教系の大学であるからして、キリスト教概論というクラスが全学必修であるのだが、私が受講したクラスはICUの名物教授の一人によるもので、遅刻や締め切り破りには大層厳しいものの内容は興味深く、ファイナル(期末試験のこと)では無事一発でクリアする事ができた。また、このクラスでは各々のクラスでアンケートを取って翌週に回答をするのだが、最初のクラスの回答の際私の書いたものが読み上げられて「今おいくつ?」と先生が尋ねられた際に正直に答えたら、クラスの爆笑を取った事は今でも覚えている。
その先生のクラスに限らず、ICUの先生方のクラスにはハードなものも多い。この頃には完璧に双極性障害を発症していて、うつ状態で沈没し自転車で5分の位置にあった大学に行けなくなったり、逆に躁状態で文章にまとまりが無くなったりしていた。はっきり言って大学入学一年目にELPを受講すると、高校まで英語が得意科目だった程度では凹む事も多い。ましてつい先刻のブログで書いた通り、私は最終的に語学科と人文科学科(日本語学と日本文学)の間で学科間専攻をしたものだから、専門科目の関係上どうしても英語開講のクラスは極端に少なくなってしまう。そこで他の分野から英語開講のクラスを選択して受講した訳だが、情報科学とか数学とかいった自然科学分野が多くなったのは、私がかつて医学部という自然科学領域に身を置いていたからに他ならない。
で、英語開講のクラスに限らず「●●先生のクラスはハードだから止めておいた方が良い」「●●先生は面倒見が良くていらっしゃるから大丈夫」等といった具合に各学期毎の履修計画を立てる際にご助言を下さったのはカウンセリングセンターのカウンセラーの先生方であった。更に卒論アドヴァイザー(卒論指導教官)でいらした某先生を筆頭とした各分野の先生方は私の相談にも親身に応じて下さって、大変ありがたく思ったものだった。もっともごく一部の先生方は逆に私に愚痴やら何やら語ってきたりもしていたが…。更に卒論は日本文学と情報科学の学際領域(要はコンピューターゲームのシナリオについて)なのだったが、関係しそうな各企業のブース巡りをはじめとした下準備を2004年秋〜冬から開始して、様々な紆余曲折を経て2009年1月に完成稿を提出した。じっくりと練り込んで書き上げた分、提出当時としては満足のゆくものに仕上がったという自負がある。最近になってやっと就職が決まったばかりの今の私にとって、各学会などにおいてはこの卒論が名刺代わりとなっていたりもしている。もっとも学会誌に出そうとしたら、TV版、リメイク版に関する事も含めてリファインしなければなるまいが(だって、卒論のネタにしたの『Phantom-Phantom Of Inferno-』だもんね)。

…あれ…れ?

問題の画像

えー…上記の画像に記載されているアルファベットと矢印の意味ですが、多分ICU(国際基督教大学)関係者以外には全くの意味不明でしょうからまずはその補足から。
今でこそICUでは一学部・一学科のみで、専攻を決めるのは入学後2年ほどしてから…というシステムが採用されておりますが、私が在学していた当時は6学科…即ち、人文科学科(H)、社会科学科(SS)、語学科(L)、教育学科(E)、理学科(NS)、国際関係学科(IS)のうちどれか一つを入学時に決めた上で、自分が当初やりたい事と違うと思ったりその他の理由にて2年次終了時に転科もしくは学科間専攻(2つの学科の間で)が可能となるという次第。
で、相河の場合元々語学科で入学し日本語学を専攻した上で途中から人文科学科(日本文学)との学科間専攻──現在で言うところのダブルメジャー──をしていたのですが、卒論は美少女ゲームのシナリオについて…つまり日本文学と情報科学との学際領域だったんですな。おまけにエレクティブ(選択科目)として理学科の科目を複数履修したり、N館(理学館)に入り浸っていたり、はたまた前に在籍していた大学が医学部だったりしていたせいなのでしょうか…それはさておき、諸々の要素により理学科生のイメージが強まった結果、↑のようなカンチガイをされた図式が完成された次第です(後からボールペンで訂正したのは相河ですが)。
因みにコレ、大学TRPGサークルの新年会で使った名札の一部。矢印が双方向なので意味は「人文科学科と理学科(訂正:語学科)との学科間専攻」となります。複数の先輩・後輩曰く、「相河さんはNSのイメージが強い」との事なのだそうですが…あまり強く否定できない辺りが我ながら何というかその……

意外な処で繋がるモノ

「アンタ何処でどう繋がってんの!?」てな具合にツッコミを入れられる事請け合いの人脈だけは持ってますが(自分でいうのも何ですが、かなり意外な相手とも接点持ってます)、何もそれは人脈に限った話ではなく、どうやら普通は何処でどう繋がるか分からないモノを繋げていくのが私という人間であるようで。
例えば、ICU生時代に執筆した卒論一つ取っても、元々は日本語学に興味を持っていた私がクラス受講を通じて日本文学に関心を持つ事がなければあり得ず、またそうして日本文学への関心を高めていった私がコンピューターゲーム──それも原作は美少女ゲーム──という題材に辿り着いたのは、文学だけではなくて情報科学への関心もあったからで。その関連もあって一つ同人ゲームを題材として期末レポートを書いたりもしましたが(一度卒論や期末レポートを書き上げた事で広まった人脈もあるように記憶してます)。この段階だけで言語学・文学・情報科学が繋がってきてますよね。
しかし私の「繋がり」はこれだけには留まりません。実は私は宝石が好きで(今となってはこれが唯一女らしい趣味とも言えましょう)、しかもサファイアやルビー辺りを筆頭とした色石が好きだったりもするのですが、実はサファイアもルビーも同じコランダムという鉱石の仲間で、組成式は双方共にAl2O3、モース硬度は9という硬い石の部類に入ります。因みにブルーサファイアに含まれる不純物とはTiとかFeで、ルビーの場合はCrが確か1〜3%位含まれているものの事を指すように記憶しています。つまり、私が宝石・鉱石を見る時には必ずその科学的性質にも目を向けずにはいられないのです。こうして、宝石の美と科学とが繋がってきた訳です。因みにキャッツアイ効果とかスター効果とかがどういう原理で出るのかも、ある程度の事であれば把握しています。
さて、私が宝石の事を挙げた際に「色石が好き」と言っていた事を覚えていらっしゃいますか? 実は「色」という要素が有用な立ち位置になる趣味やら何やらが私の知る限り最低2つあったりしています。まず一つは写真。依頼されればモノクロでも撮りますが、原則としてカラーリバーサルフィルムを持ち出すほど発色にはこだわって、のんびりとしたペースながらも撮影を続けております。そしてもう一つが実は日本文学にあるんですね。近代以降の権威的な文学作品では西洋の影響を受けて臭いものに蓋をするかのごとくそういう事は避けられてきましたが、それ以前の文学作品では…特に平安文学においては「色」という要素は様々な意味合いを含んだ重大な立ち位置にあったようです。

あと、何故か分からないんですけど私の持っているNikon FM3Aを見た人に、「実は居合道やってるんです」と言ったらば妙に納得されるパターンが多いのは何故でしようか?(居合道やってる事を知ってる人がFM3A見た時にも納得される事が大変に多い)

…それにしてもこの繋がり方、脳神経のシナプスみたいだなー、と思ってみたりするのは私だけでしょうか?

古本屋さんにまつわる色々

一口に古本屋と申しましても、今回は神保町辺りの古本屋街とかいった辺りに関する話題ではなく……
以前Twitter上における某D氏とのやり取りで古本屋さんに関する話題が出たのと、あと教会内で某H先生がお話しして下さった古本屋さんにまつわるエピソードを思い出したので、「長文になりそうですので此処(=Twitter上)では差し控えます」とレスをつけた、140字では到底収まりそうにもないアレやコレやといった話をつらつらと書いていく所存です。

実のところブッ●●フとか何とかいった類の古本屋さんには勿論私もお世話になってまして、特に絶版になったマンガを大人買いしたい時などには何かと重宝しておりますが、ICU入学当初からお世話になっている先述の某H先生が定年に伴い退官される際、ご自身のOfficeに置いてあったという専門書をブッ●●フとかいった類の古本屋さんで売ろうとしたそうなのですが、引き取りができないと言われた…との事でした。「先生。そういうのはそれ専門の古本屋じゃないと売れないと思いますよ。私は行ったことがないのですけど、多分神保町辺りに行けばあるのではないかと思いますが……」といった具合にその時は返答した記憶がございます。

マンガ等に関しては、某D氏が指摘された通りそれらを専門的に扱われる古本屋の方が高く売れる可能性は高いのでしょうが、かと言って必ずしも高く買い取ってくれる訳でもなく…具体的にどういう事かと申しますと、簡単な経済学を踏まえてみれば当然の事ではありますが、店側も需要というものを考えて供給を行っていく必要というものがある訳でして。
秋葉原にある某専門店のお兄さんだったかお姉さんだっかが仰っていた事なのですが、その時々における流行ジャンルの商業誌───マンガに限らず、同人誌とかゲームの設定資料集とか───を買い取りたいのだという事でした。ところが、相河が好きこのんで手を出すジャンルと言ったらオリジナル(一次創作)の作品群とか、或いは二次創作でもマイナーなジャンルである状況が大変に多いため、在庫の関係もあって専門店での買い取りができないと言われるケースも決して少なくないのです。
また私の場合、決して冊数自体は多くないのですが洋書を…てな状況があったりもするのですが、これまた一般の古本屋さんでは買い取りができない代物だったりもしております(現に一般の古本屋さんでは買い取りができないと告げられました)。こちらは洋書専門の古本屋さんで…という事になるかと。

一足お先に本日のエピソード色々

本当はとても素晴らしかった昨日の舞台の感想を
此処で書くつもりだったんですけど、
一足先に本日のエピソードをば。
Twitter上でやりとりしているICU関係の方と直接お会いする事になって、
えっちらおっちらとICUキャンパス内に行ってました。
私もその方も他大学での生活を経験しているだけあってか
「あー、確かにそれはそうですよねー」とか何とか言った具合に盛り上がり、
非常に充実した一時を過ごさせて頂きました。
まあ某一流大学@文系学部でのエピソードを耳にしたときには
私も流石に驚きましたが……
こちらは「他大学」というのがぶっちゃけ医学部でしたから、
専門課程に入ると遊ぶ余裕はあまりなかったのですよ 
(「般教のうちに遊んどけ」というのが先輩方の合い言葉でした)。
で、ついでとばかりに(?)日本文学領域の恩師のオフィスにお伺い。
昨年度はLeave(=研究休暇)だったので連絡が取れずにいたのですが、
丁度タイミング良くいらしてたのでお声を掛けることに。
相変わらず忙しくされていらっしゃいましたが、
その中でもお時間を割いて下さった事もさる事ながら
何より元気な姿を拝見できたのが私も嬉しかったです。
(前回お伺いしたときには『逃走中』の札が掛かっていたのです……)
↑オフィスには不在という意味。在室の時には『反省中』という表示に。
そんな先生と同行する形で、
今度は日本語学領域の恩師のうちお一人の
オフィスへと足を運ぶ事に。
こちらでは先に先生とご一緒にご挨拶をしてから
2人ほど学生さん達の順番待ちをした後
小一時間ほどお話ししていたのですが、
内容はと申しますと此処では書けない話題のオンパレード。
私の身内とか何とかいったプライベートな話題であったこともさる事ながら、
作品世界の構築などに関与している場合は別として
このサイト内で宗教関係の話題に深く突っ込むつもりはないからでして。
なので詳細は割愛しますが、それだけでは何ですので小ネタを2つばかり……
「我らに罪を犯す者を 我らが赦すごとく」
「「我らの罪をも赦し給え」」
↑の文面、実はプロテスタントにおける主梼文の一節なのですが
「「」」で括った箇所は私と先生とで見事にハモってました。
それはもう…後で思い返してみて「ネタになる…」と思ったくらいに
(ICU生時代…それも受洗するより大分前から、その先生が
プロテスタントでいらっしゃる事自体は知っていたので諳んじたのですが)。
あと、ナルキ2にて言及されている“カトリックの禁忌”───
その根拠になっている(と思しき)聖書の一節を今回初めて教わりました。
違ってたら色々と申し訳ないのですけど(主にカトリックの方々に)、
神への信仰を持つ者が「何故」自ら命を絶ってはならないのか…?
感覚では何となく察知していましたが、
今回ようやっと確たる形として示された気がします。
…てな事を書いていたら、ナルキ2に関してのペーパーを
書かずにはいられなくなりそうですね。
(というか、私自身は寧ろ書きたいのですが……)

「敬天愛人」

これは、東京・上野駅から東京国立博物館(以下、国博と略記)ならびに国立科学博物館(以下、科博と略記)の方面に向かって上野公園内を歩いている時に、西郷隆盛の銅像が立っている傍らの石碑に刻まれている言葉なのですが…果たして今の世の中でこいつを、一体全体どれだけの人が実践できているのだろうか?というのが、相河さんの素朴な疑問でございます。
実はこれを見つけた当日、愛機であるNikon FM3Aそれ自体は持っていたのですけど、この状況下でコイツのシャッターを切ったら色んな意味でヤヴァイ…と判断しましたので、メモを取った上にて国博ではなく科博へと目的地を変更することに。
結論から申し上げますと、この目的地変更は大正解。上野公園だったら、オンの時には国博、オフの時には科博へ…というのが私の基本でございますので。

Read more

二兎を追う者は何とやらと申しますが

とりあえず、朝一の期末試験は通常通りに受験できた事を、その時間内にてできる限りのことはやったという事を報告しておきます。
んが、二限目の…別の科目の試験時間中に胃痛に襲われ、クリニック(=保健室)へ直行…翌日・つまり明日に追試験という事態に。直接的な原因は勿論、私自身の一生付き合わにゃならん持病…てのは嫌と言うほどに分かってるんですがね。脳神経とかにattackしても今の私にゃ全然効かないから、今度は胃に来やがりましたか…てなところですな。2.24の一件とは一切合切関係ありませんので、その点はご安心の程を。
…にしても、改めて思ったのですけど、日本語という言語はscienceと名の付くものを勉強するのには、正直あんまり向いてない…てな印象ですねぃ。何が悲しゅうて英語を(ICU生としてはアレな発言ですが)…とか考えた事もありましたが、世の中何が幸いするか分かりませんなぁ。


てな具合に、順風満帆という状態からは程遠いのですけど、それでも戦うべきものを定めたからには、決して膝を屈してはならないものの何たるかを知ったからには、「それ」だけには負けるつもりは更々ございません。
正直申し上げて私自身は「勝つ」とか「負ける」とか言う言葉を持ち出すのは好きではないのですが…唯一つ、私がこの世で決して負けてはならないものを挙げるならば、それは即ち、他ならないこの私自身…破滅へと、そして死へと誘う、この私自身の弱さ、です。
ICUへ入学してから2年目でしょうか3年目でしょうか…日本語学における私の恩師の一人からとある言葉を掛けられたのですけど、それは私だけに言えることではありません。ただ、それを今の私が言っても説得力はないでしょうから…故にこそ、自らの行動を以て示した上にて、時が満ちればこのサイトなり何処なりで、我が恩師の一人から戴いた言葉を示しましょう。


2.28追記:追試験の方も無事受験して、今の自分にできるだけの事はやってきましたので、ひとまずご報告。

Read more

相河さんの本棚

現在Mac2台を置いている机の横に、本棚がでん、と鎮座しているのですが…我ながら何というかその、実に節操のない代物でして。
現大学…即ちICU(International Cristian Universityの略:日本語名は国際基督教大学)における専攻が日本文学+日本語学ですから、『広辞苑 第五版』とか『新日本古典文学大系 後撰和歌集』(古今集とか新古今とかいったものでない辺りが、相河らしいと言えばらしいかと…)とか、『新明解 日本語アクセント辞典』とかいった感じの、直接的に関係する書籍が少なからずあるというのは理解できるのですが…デザイン系の雑誌『MdN』とか、新共同訳の『聖書』とか、諸々のPCゲームとか、高校時代+再受験の折に使った数学・化学・生物の教科書・参考書とか…。
それらの中でも特に異彩を放っているのが、河合塾の『理系化学精鋭』…の旧版。
こいつは元はといえば兄貴のお古なんですけど、再受験してICUに入ってからも大いに役に立っているブツでして…塾講のバイトをしていた折にも、そして私自身が選択科目として(理学科生必修の)化学のクラスを取っていた折にも、辞書みたいな感じでこれを使っていました。