色々物欲の虫騒ぎ中…躁転の気配がすぐ其処に

Amazonでネットサーフィンしていた時の事。ブルーレイプレイヤーが欲しくてそれを探していたのですが、どうやら一万円台で書き込みもできるタイプの外付けディスクがあるとの事。
ブルーレイと言えば今のところうちにあるのはFate/ZeroのBOXくらいしか手元にはないのですが、此処に来てLUNA SEA熱が再燃致しまして。
それで彼らのパフォーマンスを綺麗な画像で見てみたいと思いまして、プレイヤーの必要性を痛感した次第でございます。

音楽で言葉を表現しているのがみゆきさんならば、LUNA SEAの五人は音そのもので表現している様な印象が私にはあります。まあそもそもの切欠は1年間の活動休止中のソロ活動をしていた河村隆一さんの『Love is…』において、その言葉に嘘くささを覚えさせない説得力を感じた事でして。何でそんなに説得力のある恋歌が歌えるのかと、リアルタイムで聴いていた当時思ったものです。しかも当時は(今もですが)下手なラブソングを聴かされたら嘘くさいと思ってみたりもする人種でして。最初は眉につばを付けて掛かっていたのですが…甘かったです。隆一さんは本当に恋愛の歌を歌わせたら上手いですし、LUNA SEAの面々の音も時に迫力が洪水のようにあり、時に静かに聴かせる曲を紡いできますから。

以下はTwitterの発言より抜粋
現在LUNA SEA熱が再燃中。PROMISEはiTunes Storeに無いんですか?(あれば速攻で買うのに)。CD聴きたい、ライブ行きたい。あうあうあう…。や、本命はあくまでみゆきさんなんですけど、それはそれ、これはこれという事で一つ。
LUNA SEAと、彼らにハマる切欠を作った河村隆一さんのアルバムやら何やらを密林さんで探していたらば、隆一さんがみゆきさんの『空と君の間に』をカヴァーしているアルバムがあるのを発見。どんなのか聴いてみたいですのう。みゆきファンとしても、隆一ファンとしても。
OneNightDejavuはライヴで見ましたが、とても凄かった事を今でも覚えています。その場に居合わせられた幸福感と共に。ICU生時代にインディーズでDTMやってたセクメからはめっちゃ羨ましがられましたが。
(発言ここまで)

因みに私はRyuスレかつ真スレでございます。あとINORANさんも結構好き。
そう言えば真矢さんが結婚された時には「いいパパになるんだろうなー」と思って物凄く納得しましたけど、SUGIZOさんが結婚したと聞いた日には本気でびびったものです。結婚しそうなイメージが無かったもので…。でも実際には彼の人生にもいい意味で影響を与えているようです。あ、Ryuが結婚した時にも結構驚きましたけど。(INORANさんやJがどうだかまでは私は把握してません)

なお、物欲の虫が騒いだ所為か最近軽く躁転しかかっているような印象がありますので、暫くは最低限の発言のみをさせて戴きます。

手の平サイズの「日誌」から・その24

6月 28, 2009 · Posted in その他の音楽, 日誌, 美少女ゲーム · Comment 

現在、NITRO SUPER SONICのために
水道橋へと来ている。で、時間的にも
丁度良かったし…という事で物販
コーナーに行ってみたらば、のっけから
知り合いのスタッフさん(5/5のドリパの
折、無理しないよう私に釘を刺した
方である)と遭遇。今回は向こう
から声を掛けられたので、流石の
私も一寸ビビった。
会場に来るまではスタンディングと
いう事で体力的な心配があった
のだが、彼曰く、会場内ではそれに
対する配慮もなされているとの事。さて、
楽しんできますか。

Read more

一口に 「愛」とはいえども やすからず

隆一さんは、確かに天才である。
音楽関係には疎い私でも、
それは認める。
だけれども……
否、だからこそ、
彼の唄う「愛」に
応える事は
私には、できない。
みゆきさんの『I love him』を
迷いもなく おそれもなく
言葉にできる今の私にとっても尚、
人から向けられる愛情に
応える事の出来ない自分を、
認識させられる───
その事実を、哀しいと思う。


by Mizuho Aikawa/2008
2008年2月3日
雪の舞う日本武道館にて、ペンを走らせる────

Read more