二社目の面接。心残りですか? ありまくりじゃあーーーーーーっ!!(魂の叫び)

えー、本日二社目の面接に行って参りました。
今度は風邪で沈没してろくに対策が取れなかった一社目の時とは違い、事前に面接の予行練習も行って、更には近くの百貨店化粧品コーナーで面接対応のメイクもして戴いた上にて臨みました。
私は口紅が鬼門と言える程なので、持っているのと同じメーカーの敏感肌用リップを付けた上に、同じく敏感肌用の口紅を付けて頂きました(リップを忘れると途端に唇がガサガサになります)。

一社目の時とは違い、福利厚生の充実度もさることながら、障害に伴う各種症状への現場の対応も非常にしっかりしていて尚かつ融通が利くという印象を受けました。
お話を伺っているうちに、この会社で是非とも働きたい…という意欲がむくむくと湧いてくる程のものでした。

ただ、今回の面接において痛感したのは、圧倒的なまでの(私の実力に関する)判断材料不足。これに関しては後悔先には立たずと言いましょうか何と言いましょうか……
間に合えば追加のポートフォリオをメールで送信したいところなのですが、メールサーバーの容量が追いつくかどうか以前に、フリーメールのアカウントで受信して頂けるのかどうか…といった問題が。
それでも、何もやらないよりはマシというものですが。

前回の記事でも書いた通り、ウェブデザイナーとしての私の真骨頂は一見シンプルに見えてその実…といった類のデザインなのです。
まあこのサイトとか何処とか見れば一目瞭然でしょうけどね。

就活は前途多難です

本日、某特例子会社まで会社見学に行ってきたのですが、そこでは色々な職種で精神障がい者の方々が活躍されておりました。
で、私が志望しているクリエイティブ系の仕事もあったので、ほんの少しは希望を持てた次第。
精神障がい者の雇用実績のある企業も幾つか知ってはおりますが、いずれも事務職という私にとっては少なからず苦痛を伴う職種ばかり(Word, Excel, パワポ等のできれば使いたくないソフトのオンパレードに加えて、電話応対やその他の事務的作業がとても苦痛)でしたので、今回の会社見学は収穫がありました。
過去ハローワークの紹介にてWebデザインやらDTPオペレーターやら翻訳やら応募はしたのですが、ことごとく書類審査の段階で蹴られまして…彼らはおそらく身体障がい者の方々を求めているのでしょうね。以前某大手企業に勤務しているうちの実兄が以前通っていた精神科単科の病院の待合室で、「(精神科に通う患者は)変な人ばかりだ」とふざけた事を抜かしてた位ですので。まあその実兄も最近になって産業医にうつ病と診断されたそうですが…(そりゃオーバーワークに加えて家庭でも不安要素ありまくりで落ち着けなさそうですからなぁ)。
見学先の企業様にて頂いた資料によりますと、平成30年度から精神障がい者の雇用が義務化されるそうですが、私にとってそれはあまりにも遅すぎるので地道にハローワークに通う所存です。私が住んでいる都内某市では、障がい者のための就職支援センターがあるのですが、そこのとある職員に心ない事を言われて1か月〜2か月程うつ状態に陥った位ですので、すっかりトラウマになってしまって利用できないんですよね。それがなければ迷わず利用していたところだったのですが…こればっかりはどうしようもありません。
私の場合、能力を発揮できる職種でないと絶対に仕事は続かないと断言できますので、それを踏まえた仕事探しをしたいものです。

ダイエット作戦第二弾・その3−適度な運動を−

ダイエット作戦に欠かせないのが適度な運動。しかして暑かったり雨が降ったりでなかなかスポーツクラブには行けなかったんですな。どのくらいかと言うと、おかんに止めるか週1にするかにしろ、と言われた位。
実は私、今月から就労支援のデイケアに週2回通っているのですが、ここで週に一回・半日の間就労クラス・日常生活支援クラス混合でレクリエーションに興ずるイベントがあるのですよ。で、その中に卓球というものがありまして、渡りに船とばかりに食いつきました。最初は初心者丸出しだったのですが、親切な方々が教えて色々と下さって、今では少なくともサーブくらいはダブルスの時でもほぼミスなくできるようになりました。
しかし上級者の方々に比べればまだまだ。ハンデ付けてもらって試合をしてもコテンパンにやられますから。
そしておかんも言っていたのですが、卓球って意外とハードです。一試合やっただけでも相当疲れます、いやマジで。
来週こそは…と思ったのですが、来週の金曜はデイケア自体が休みになっているのが残念。

とりあえず大分回復しました

前回の日誌で相当キツイうつ状態だった…と書いてましたが、比較的に最近になって持ち直してきました。食事は普通に摂れますし、近場なら特に抵抗なく外出できるようにもなりましたし…。

あ、あと就活の事についても少しは考えられるようになりましたね。多分一般的な「就活」にはならないでしょうけど…。

危機的状況

はっきり言って状況は芳しくありません。
どのくらい酷いかと言いますと、寝ていないと泣きたくなるし、挙げ句この世から消えてしまいたいと思ってしまう(つまり希死念慮)んですよね。
直接的な原因だけは分かってるんですけど、今回は色々と悪循環が起こってまして…単純なうつ状態だけなら希死念慮が起こるまでには至った事がなかったのですが、今回は正直ヤバイ感じです。一度予約外で主治医のDr.に掛かったのですが、良くなったという気が全くしません。先週までは辛うじて近所に出るくらいの事はできたのですが…。

検査入院の日程が決まりました

今度は発達障害の検査入院で、11/27〜12/4の間だそうです。1週間で済むのは有り難いのですが、このままだと修羅場に引っ掛かるのは明白なので、相応の対処をしなければいけませんね。
あと、Amazonから来る荷物(要は書籍とゲーム)の受け取りを私が在宅しているうちに完了させなくては…。

それはそうと、『咎犬の血』Vista/7対応版を購入しました。7でも64bit対応しているとの事ですから安心してインストールから何からできます。
64bit版7環境でどうやってもインストできなかったのは、『アザナエル』と『英雄伝説V 海の檻歌』、あと同人ゲームが幾つか…といった状況。
『咎犬の血』以外にもやってみたいBLゲーは『sweet pool』、『メサイア』といった位でしょうか。
乙女ゲーは『アーメン・ノワール portable』に遙か3、『死神と少女』といった辺り。他にも多少は気になるものはあるのですが、単に甘いだけのものはパスしたいところですね。
どちらかと言えば(?)男性向けゲームが多いのには、この辺の理由があるからなんでしょうね。純愛から性愛、またシナリオを堪能するという意味でも。

11/22追記:結局入院は2週間…12/11までになるとの事です。入院期間が2週間となると結構痛い。早割が全然使えませんですよよよ。と言うか線画が到着次第速攻で修羅場開始しなければ色々とマズイです。

ダイエット顛末記・番外編

電話で現在制作中の同人誌の打ち合わせをしていたSさんから言われたのですが、当サイトにて掲載中の「ダイエット顛末記」をマンガにしたら面白いんじゃない?てな事を言われました。確かにネタにはなるとは思いますが、如何せん私はマンガ描きではないので筆が遅いのですよ(同人ゲーム『女神の大地』でも絵関係では苦労していると言うのに…)。
それはさておき、最近はスポーツクラブに行けていません。と言いますのも一時うつ状態になった上に、雨が続くわ自転車の後輪が立て続けにパンクするわで…修理したのにまたパンクしてブルー入ってるんですけど。かと言ってバスに乗って行くのも何か違うような気がしまして(バス停が近ければいいのでしょうけど、うちはそれなりに距離がありますので)。

さて、それはそれとして近況報告をば。『逆転検事』に手を出したのはいいのですが私には合わない…と言うかどこがどう推理で繋がるのかミステリー苦手な私には分からない(『かまいたちの夜』でも『野々村病院の人々』でも友人に真犯人を見つけたEDを見せて貰っていたほど)ので、攻略サイト無しでは進めていけないのがこの手のジャンルとしては辛かったです。『逆転裁判』シリーズ(特に1〜3)や『ゴーストトリック』は実際やっててあんなに楽しかったのに何でー?と言うしかないですね。特に『ゴーストトリック』は1周目でも2箇所ほどを除いて攻略本無しでもクリアできましたから(確実に2周はしてます。3周は…してたっけ?)。タクシューさんがシナリオを担当しているとの事で予約した『レイトン教授vs逆転裁判』ですが、期待半分不安半分ですね。既に3DS本体は確保してありますので、後は発売日を待つのみです。
同人原稿の修羅場再開まで少し間があるのですが、どのゲームを崩していくかという事を考えております。『逆転検事』の前は『紫影のソナーニル』と『WORLD END ECONOMiCA-episode.1』をプレイしていたのですが、いつ再開するのか分からない状況ではBootCampからの起動は使えませんし(Mac側で諸々のやり取り・作業をするので)、PSPかDS、3DSのゲームをするのが妥当な線でしょうか。有力候補としては『アーメン・ノワール portable』か『死神と少女』、『車輪の国 向日葵の少女』PSP版か『ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜』といった辺りの、比較的短時間でプレイでき、尚かつ中断も容易なゲームが候補でしょうか。PS2版の続きと追加要素が気になるのはズバリ『アーメン・ノワール portable』ですが…。ソードとナイヴズどっちから先に攻略しようかと考えている自分がいたりしてます。

あ、そうそう。この報告を忘れてはいけませんね。
発達障害に関する検査入院の日程ですが、どうやら11月中旬か12月中旬といった線で落ち着きそうです。冬コミの原稿修羅場中に引っ掛かると嫌だなー、とか思いつつ…。

今日の食事
朝:黒糖ロールパン、牛乳
昼:鍋焼きうどん
夕:キムチ鍋、麦茶
間食:みかん、麦茶
夜食:夕飯の残りで作ったキムチうどん

金曜の夕方、科博(国立科学博物館)に行ってきました

上野へ行くのも随分と久しぶりだな…と思いつつ、上野公園は博物館やら美術館やらが密集しているエリアへ。
今回のお目当ては科博で開催中の特別展「元素のふしぎ」でして。そろそろ開催期間も終わると思って、いそいそと上野へと足を運んだ次第です。
流石に全種類の元素を何らかの形で取り上げているだけの事はあって、高校・大学通じて化学は得意だったこの私がお腹いっぱいになるほどのボリュームでした。
元素に関してはちゃんと大学に入って初めてまともに習う電子雲の事もちゃんと分かりやすく取り上げられており、それがキューブ状のガラスを使ったモデルで分かりやすいように表示されていたのが好印象でした。
実は私、再受験の予備校生時代にある質問をして、それを理解するには高校レベルを超えてると言われた事があるんですね。それもこの理論なら説明が付くといった内容のものでした。
(知っている人なら知っているかとは思いますが、高校・予備校ではいわゆる理系クラスにいまして、化学と生物は得意科目だったのですよ。数学は死ぬほど苦手でしたが……←ICUのジェネード或いはエレクティブで数学だの化学だの情報科学だのを、何故かNS生と勘違いされるほど取っていたのは、当然これも関係してます)

今回ゲップが出るほどの充実感を味わってきたのですが、天然宝石とも人造宝石とも違う人工宝石なるものがある事は初めて知りました。多分工業用途に使われているのだとは思いますが……
あと、流石に炭酸リチウムは取り上げられてませんでしたね。双極性障害における躁状態の最古の治療薬なんですけれども、一般の方々には刺激が強すぎると思われたのでしょうか?

次回の特別展はチョコレート展だそうです。会期は11/3〜翌年2/24まで。これも面白そうなので是非行ってみようと思います。

それにしても、平日金曜は科博と国立西洋美術館とが20時まで開館しているとは知りませんでした。今度から博物館のハシゴをする時は可能な限り金曜日に行こうと思います。コースは国博(東京国立博物館)で主に刀剣類の鑑賞→科博で気が向くままに展示を堪能、といった感じになると予想されます(理由は、国博は確か通常通りの開館時間だった筈だから)。

余談ですが、発達障害専門病院での入院しての検査は、現在4人待ちだそうです。時期的には年内にできるかどうか…といったところだとか。

今日の食事内容
朝昼兼用:シリアル、牛乳
夕:白身魚のポワレ、ローストビーフサラダ、スープ、パン、ウーロン茶
間食:牛乳、麦茶、デザート風味のお豆腐(ザク豆腐という奴←駅前のイトーヨーカドーで売られていたのを見て、ネタという誘惑に敗北した/バニラ味で意外とおいしい)

今日は一回休み、でも自転車での運動はしてる

今日はダイエット顛末記は一回休み。何でかと言うと、病院へ行かなければならなくなったからでして。天気は良さそうだったので自転車で最寄り駅まで出てそこから電車+徒歩で移動。
大人の発達障害専門の病院への転院を前提に紹介状とかも貰っているのですが、転院・入院する前に双極性障害の薬が切れかけていたので転院前にかかっていた病院に電話してからGO。担当のDr.は休みだったので他の先生に見て貰ったのですが、寝付きが悪いことと朝起きられないこと、寝起きが悪いことを除いては特にこれといった変化もなく安定しているので処方はそのままで1か月分(Dr.は2か月分出そうとしたのですけど、色々と薬の制限に引っ掛かった模様)。今回のDr.からも釘を刺されましたけど、リーマスとデパケンR(いずれも双極性障害の治療薬としては代表的なもの)を切らさずに飲み続けること、多くても少なくても駄目だという事…耳にタコができるくらい聞かされてきたこれらの忠告を胸に薬を飲み続けています。肝臓やら腎臓やらには負担が来そうですが…。←超音波検査の折に脂肪肝と言われました
しかし、転院先に予約は入れてあるのですけど順番がいつ来るのか分からないのがちと困りますなあ。予定が立てられないという意味でも。

それにしてもよくこの時期に病院へ行ってたものです。自立支援医療と障害者手帳との更新時期が迫ってきているのですから、市役所にも行かなければならない事が判明したのは一つの収穫です。ただ、これらの書類は転院先の病院で書いて貰った方がよさげな気がするので(理由は双極性障害の症状がこのところ安定している事と、アスペルガータイプの発達障害が疑われている事から)、どうしたものかと……

話は変わりますが、薬局でメタボリックシンドロームについてのパンフを見るにつけ、「自分の生活習慣って思いっきりヤバイやん」と思っている今日この頃です。運動量こそスポーツクラブへ行くようになってから改善したものの、食生活を筆頭とした生活習慣がもう、見事にメタボから重症化一直線のコースに乗っかっちゃってるので…。とりあえず、朝昼夕と三食食べた上で夜食をやめる事から始めなければ、と思う今日この頃です。

今日の食事
朝昼兼用:食パン一枚、牛乳、野菜ジュース
夕:サブウェイのローストビーフサンド、ウーロン茶
間食:コーヒー牛乳、バナナジュース、タリーズのアイスカフェラテとキャラメルドーナツ、パピコ(コーヒー味)1本、ぶどう少量、麦茶

ダイエット顛末記・その10

…にしては実際書いてみたのを読み返してみるに、食べ物ネタがやたらと多い気はしますが、まあそれはそれ…という事でひとつ。

今週末はちょろっと美少女ゲーム関連のイベントに行って射的やら型抜きやらやってきた以外では、ひたすらゴロゴロしていました。…というのは半分嘘で、麦茶を作ったり手抜き料理に勤しんでいたりしておりました。
先日駅前のスーパーで実演販売していた折にゲットしていたキューブ状のキムチチゲの素が実に便利で大変重宝しているのですが、今日同じスーパーに行ったら売り切れておりました。同じメーカーから出ているキューブ状の鍋の素でも別の味のヤツは店頭に並んでいたんですけどね。同じスーパーで売っているキムチ鍋用野菜セットが大変便利で、これまた重宝しております。キューブ状キムチチゲの素をもう一回見かけたら今度はゲットしたいところですが、さて?(実際使っててホントに便利だし、売れてそうだよなぁ、これって)
また、旬の魚である秋刀魚の塩焼きを味わうためにすだちを仕込んできました(この時期の秋刀魚って安いし)。あと季節のものと言えば梨とかぶどうとかも…。実家で食べ慣れてきた所為か、りんごは専らふじ、梨は豊水とか幸水とかいった系統のものばっかり食べております。梨とかりんごとかはたまに貪り食いたくなるので、調子が悪くない(皮むきの面倒くささ<食べたいと思う気持ち、が成立している状態の)時には、最低でも1個、できれば2個確保しておきます。

それはさておき、今日も今日とてスポーツクラブのプールで泳いできた訳ですが、週末で2日空いたため今日ははじめのうち25mずつ泳いでから、慣れてきたら50mずつ泳ぐようにしました。で、コースを占拠してしまうバタフライ以外の泳ぎ方は一通り50m以上泳いだのですが、クロールで50m泳ぐのはまだ若干苦しい気がします。背泳ぎとか平泳ぎでなら割と平気なんですけどね。スピードが出る分、色々と負荷も掛かるのかなぁ?等と思ってみたりもしています。

話は変わりまして、そろそろ処方された薬の残りが心許なくなっております。今は寝付きが悪く、一旦寝たら寝過ぎる事を除いては調子自体は悪くないから眠剤以外は多分現状維持という事になるでしょうけど、その前に病院に予約の電話を入れなくてはならないなぁ…と思ってみたりもしております。

今日の体重:66.6kg

今日の食事
朝昼兼用:玄米フレーク、食パン1切れ、低脂肪乳
夕:リンガーハットのミドルちゃんぽん、ぎょうざ5個セット、爽健美茶
夜食:キムチうどん ※キムチチゲの出汁で作ったもの
間食:アイスカフェラテ、コーヒー牛乳、パピコ(カフェオレ味)2本、梨1個、牛乳、麦茶

次ページへ »