まあ、普通は「ぎゃふん」でしょうなぁ……

1月 31, 2008 · Posted in 学業関係, 日本文学, 美少女ゲーム · Comment 

てな事を、Innocent Grayさんの企画「杉菜水姫をぎゃふんと言わせようコンテスト」での準優勝作品である論文を拝見した時に思った次第で。
かく言う私も学業の関係から、ICU入学から3年目の…卒論の題材を確定させた段階からコミックマーケットの企業ブースを筆頭とした様々なイベントにて、関係するであろう各企業さんにその旨を申し上げた上にてご挨拶させて戴いたりしているのですけど(学生証と自作の名刺とを手にした上で。多分に趣味的なイベントであるとは言っても、失礼に当たらない程度のかっちりとした格好でお伺いするのは当然の礼儀)…現在進行形にて卒論執筆中の作品を生み出した企業さん等のごく一握りの例外的な企業さんを別として、随分と当惑を示されていらした方々が当初は多かったです。
勿論今は事情が違いますよ。私の方もレポート等などの形で学生としての実績を積み上げて参りましたし、それをご覧戴いた方々の反応もかつてのものとは違っている事を…その手応えを、目には見えないけれども確かに感じ取っております。

来月の予定…備忘録も兼ねて

1月 30, 2008 · Posted in 学業関係 · Comment 

2/3  河村隆一 at 日本武道館 ”70の物語”/日本武道館
2/6〜8 PAGE 2008/池袋・サンシャインシティコンベンションセンターTOKYO
 (↑多分うちが行くとしたら6日だろうなぁ…今学期の時間割とか休日の予定とか色々踏まえると/てな事を書いていたらば、ごめんなさい。8日に新宿方面に行く用事ができましたんで、そのついでに…という形になります。よって行くのは8日の方です)
2/8 入試準備のため大学休講
2/9 TRPGオンラインセッションサークルさんのオフ会/場所は秘密♪
 (↑これだけは基本的に100%趣味のイベント)
2/12 レポート締め切り
2/24 ワンダーフェスティバル 2008 [冬]/東京ビッグサイト
2/27 期末試験←1限からあるのと教室が違っている事とに注意!!

今日、この日を私は一生忘れないでしょう

1月 30, 2008 · Posted in 徒然 · Comment 

一体何があったかは、相河と直にお会いした方で尚かつ信頼できる方であれば、お尋ね下さればご返答しますが…此処でそれを書くのは野暮というものでしょう。あ、先に言っておきますけど「結婚しました」とかじゃないですよ、念のため。これでも一応独身ですけど…(笑)
2008年1月30日…相河瑞穂という一個人にとって、この日は決して忘れ得ないものとなるでしょう。
この出会いをもたらして下さった全てのものに、ただ、感謝を───

物欲の虫、大騒ぎ中

1月 28, 2008 · Posted in FM3A, デジカメ, フィルム, 写真関係 · Comment 

周知の通り、相河の愛機はNikon FM3Aなのですが、実は最近物欲の虫が騒いでいるカメラが2種類(?)ほどあったりもしております。
一つめは、ズバリMamiya 7II。中判フィルムカメラにしては、35mmフィルムカメラにも引けを取らない取り回しの良さが魅力。あー、私がビンボー学生じゃなくて社会人とかだったりしたら、お金を貯めて買うのになぁー……
二つめは、コンパクトタイプのデジタルカメラ。但し基本的にリバーサルフィルムを持ち出すレベルのハイアマチュアであり、尚かつデザイン系の勤務経験を持つ相河が使うものである以上は、使い勝手の良さと…そして何よりもRAWファイルでの保存が可能であることを絶対条件として挙げさせて頂きます。現行機種でこれに該当するのは、私が把握している限り次の2つ……
Canon PowerShot G9
RICOH GR DIGITAL II

相河さんの本棚

現在Mac2台を置いている机の横に、本棚がでん、と鎮座しているのですが…我ながら何というかその、実に節操のない代物でして。
現大学…即ちICU(International Cristian Universityの略:日本語名は国際基督教大学)における専攻が日本文学+日本語学ですから、『広辞苑 第五版』とか『新日本古典文学大系 後撰和歌集』(古今集とか新古今とかいったものでない辺りが、相河らしいと言えばらしいかと…)とか、『新明解 日本語アクセント辞典』とかいった感じの、直接的に関係する書籍が少なからずあるというのは理解できるのですが…デザイン系の雑誌『MdN』とか、新共同訳の『聖書』とか、諸々のPCゲームとか、高校時代+再受験の折に使った数学・化学・生物の教科書・参考書とか…。
それらの中でも特に異彩を放っているのが、河合塾の『理系化学精鋭』…の旧版。
こいつは元はといえば兄貴のお古なんですけど、再受験してICUに入ってからも大いに役に立っているブツでして…塾講のバイトをしていた折にも、そして私自身が選択科目として(理学科生必修の)化学のクラスを取っていた折にも、辞書みたいな感じでこれを使っていました。

日本の文化って深いですねぇ…今更ですが……

マンガやアニメ、ゲーム等といったサブカルチュア的なものに限らず、日本が世界に誇れる文化というものはいっぱいあると思います。
例えば上代の日本文学から今の時代に至るまで脈々と受け継がれている色彩への並々ならぬこだわり…富士フイルムがVelviaというカラーリバーサルフィルムを発売して以来、ネイチャーフォトの世界を大きく変えていき、カメラの多くがデジタル化された今になってもなお根強い人気を誇る製品の一つになっていたりいますからねぇ。
(余談ですが、私の場合はVelvia100をメインのフィルムとして、状況に応じてPROVIA 100FとコダックのエクタクロームE100GXの3種類を使い分けるのが基本です。高い感度が要求される場面ではPROVIA 400Xを使ったり、光源がミックス光でリバーサルフィルムがそもそも使えそうにない状況なら、被写体にもよりますが…ワンフェス等の会場における造形物の撮影時ならばコダックのULTRA COLOR 400UCまたはFuji Venus800、ポートレート撮影の時はFUJI COLOR PRO400を使用します)
そしてもう一つ…百貨店の化粧品コーナーを回っていた折のこと。私が気に入っている香水は、例えばESTEE LAUDER“Pleasures”とか、Cristian Diorの“Forever and ever”や“Remember ME”、CHANELの“No.19”“CHANCE”、LANCOMEの“Tresor”、Nina Ricciの“L’Air du Temps”等といったものがあったりもしていますが、日本発の香水もなかなかどうして侮れません。特に資生堂発売の香水はがんばっているなぁー、といった印象。
一口に資生堂の香水と言っても、幾つか種類がございますが、その中で最も私が「日本人らしい」と思った香水を一つ…。此処で「SASO」とか「ZEN」、「すずろ」とか挙げていく方々もいらっしゃるでしょうが、私の場合は違います。では何か?
結論から言ってしまうとホワイトローズナチュラル が正しくそれだと、少なくとも私は考えています。名前の通り、白いバラの香りなのですが…店員さんから伺った話によりますと、通常の香水は複数の香料をブレンドして「香り」を作り上げていくものなのですが、このホワイトローズナチュラルに関しては違うとの事。ブルガリアンローズのみによる香りは全く嫌味が無く、自然の香りをそのまま身に纏うような感覚なんですよ。
一生に一度は身につけたい香りの一つです。と言いますか、もし仮に私が結婚する事があるとしたら、その時に身につける香水は迷うことなくこれを選びますね。
…にしても、相河という人間は、つくづくブルガリアに縁があるようです。
私の日本文学における恩師もブルガリアご出身だったりしてますし……

表現者にとっては、ある意味いい時代になったものです……

1月 23, 2008 · Posted in ゲーム関係, 学業関係, 徒然, 日誌 · Comment 

Amazon.co.jpで注文していたLUNA SEAのCDと、TRPG『Aの魔法陣』のルールブックとが私の手元に届いたのですが、その中に同封されていたのが「プレミアム名刺」なるものの広告。どんなものだろ…?と思いつつ興味半分でVistaPrintさんのサイトを覗いてみましたところ…まあ実に魅力的かつ、クリエイターのツボをくすぐるようなサービスが色々あるではございませんか。
早速とばかりに、丁度切らしてしまっていた学業用の名刺をオーダー致しました。私の場合は勿論、同人活動やらデザイン関係の仕事やらの中で培ってきた、Photoshopとか何とかのスキルを縦横に駆使した上で……
因みに、どんなデザインにしたかはワンフェス当日のお楽しみ…という事で一つよろしくお願いします。

趣味としてTRPGをやっているのですが

そのTRPGに関することをネタに、週明け締め切りのレポートを書いていく所存。TRPGというものには大なり小なり確率とかいった問題が当然絡んでくるので、そこを突いていくつもりなのですが…問題はレポートのネタにする予定のシステムが『トーキョーN◎VA』であるという点。
レポート未完成の現段階における詳しい言明は避けますが、何分にもこの『トーキョーN◎VA』というゲームシステム、判定の方法がかなり独特なものですから…。判定方法という意味で特殊なものを挙げろと言われたら、迷わず『トーキョーN◎VA』と『Aの魔法陣』の2つを私は挙げます。

セカンダリカメラとして

1月 6, 2008 · Posted in デジカメ, 写真関係 · Comment 

デジカメが一台欲しいかなー?とか何とかいった具合に、物欲の虫が騒いでいる今日この頃。プリンターは致し方ないとしても、ディスプレイのキャリブレーションなら取れますので。
一眼レフでなくてもいいけど(と言うかそっちは既に今持ってるFM3Aで間に合ってるけど)、ある程度コンパクトに扱えて尚かつRAWファイルを扱えることを絶対の条件とすると…現行機種だとCanonのPowerShot G9しか該当機種がないんですな。となると5万以上の出費は覚悟しなければならないという事に…ううう…唯でさえ卒論が追い込みに入っている上に、持病ゆえにバイトができない今の相河にその出費は痛すぎる……
何でまたこんな事を?と訊かれると、答えは望遠機能を使って携帯のカメラで撮影していたら手ブレが洒落にならん事になったから。FM3Aなら本体の重量がそれなりにあるので、1/60秒…場合によっては1/30秒というシャッタースピードでも三脚立てずにシャッターを切れるのですが、携帯は軽いものですからその辺りは如何ともしようがなく…帰省中は「荷物になるから」と釘を刺されて、三脚持ってませんでしたしね。