カメラの使い分け・棲み分け−相河の場合−

8月 18, 2008 · Posted in FM3A, デジカメ, フィルム, 写真関係 · Comment 

私の愛機と言えばNikon FM3Aだが、実のところ使っているカメラはこれだけではない。コンパクト型のデジカメも持ち出していれば、携帯電話のカメラ機能だって使う。
FM3Aは数年前に新品で購入してから現在に至るまで私が愛用しているカメラだが、その用途は主に作品としての写真の趣味的撮影にある。また、旅行の時とかに持つカメラも原則としてこれ。カメラ自体がMFである上に、私の場合はリバーサルフィルムの使用がデフォルトだったりもしているので、それ故の緊迫感も私にとっては醍醐味の一つだ。最近撮影の機会が減っているのが残念なのだが…秋になったらまた撮影に行きたいものである。
印刷用・Web用画像のための素材として用いる写真を撮影する場合には、フィルムスキャンの手間の掛からない、比較的フットワークの軽いコンパクトタイプのデジカメを持ち出す。リバーサルフィルムまで持ち出すほど色の表現にはうるさい相河のこと、JPEG圧縮で変色したらかなわないのでRAWデータ保存可能な事を条件に機種を絞り込んで、私に必要十分なスペックを求めた結果が、Canon PowerShot G9。実は手の平サイズの「日誌」の撮影に用いたカメラがこいつだったりする。
これらのいずれも持っていない時or持てない時、携帯電話のカメラ機能でパチリとスナップを撮ってみたりもしている。これで撮影したスナップが意外にもいい感じになったりする事もあるのだから世の中侮れない。もっとも画像のサイズはとても小さいしブレやすいし、風景とかを撮影した時とかには色が変わってしまうし…という欠点も在るのだが。
要するに、メインはFM3Aだけど写真画像を素材とする場合にはG9、お気軽なスナップなら携帯のカメラ機能…といった具合に、私の中では棲み分けができていたりするのだ。