微妙に風邪気味……

9月 28, 2009 · Posted in 日誌 · Comment 

体調が許せば、先週末は東京ゲームショー2009へ行くつもりであったのだが…風邪気味だったので用心のため家で養生することに。
うーん…季節の変わり目ですからのう……

…とか言ってる傍から病人続出……

前回のエントリーにて、今の状況下で異性関係か家族関係での異変が起こるとキツイ…てな事を書いてましたが、実に恐ろしいタイミングで発生してくれました。現在横浜にいる母と実兄とが、揃いも揃って風邪やら喘息やらでダウンしたとの知らせが舞い込んできたのです(しかも兄嫁さんとかは実家に帰省中)。
おかん一人なら、明日からのイベントとか何とかに必要な最低限の荷物を纏めてから速攻で…てな事も考えたのですが、実兄がいるのではそれもままならず。とりあえず水分補給と栄養摂取はしっかり+買い物に行けない時はネットスーパーとかも利用するといいよ、等といった携帯メールをおかんに投げる事くらいしかできませんでした。
何で母親だけなら問題ないのに、実兄がいると途端に…てな事になるのかと申しますと───これは現在でも平常心を持って語るのは難しいことなのですが(何せ家族関係における最大級の地雷なもので…)、かつて意に反した医学部への進学などという形で私の人生を狂わせた事に対する謝罪がないばかりか、己の価値観のみを何処までも押しつけてくる輩だから…なのです。その所為でICU入学後も(双極性障害による)うつ状態に幾度となく苦しめられてきました。具体的に何をしでかしたのかと申しますと、既に再受験をクリアしICUへと進学して其処で勉学に励んでいた私に対して奴は、事も在ろうに「ICUなんかやめて薬学部を受け直せ」等とふざけた事を抜かしたのです。何故私が医療の世界を忌避しているのか、知ろうともせずに────
……駄目だ。これ以上書こうとすると罵詈雑言にしかなりそうにない……

Read more

混合状態3回目突入の危機はひとまず回避

以下兄弟子殿への現状報告メールより、一部引用───
さて、先日メールした件ですが…混合状態に突入してヤバイ感じ、てのは
一昨日報告したとおりですが、速攻で手を打ったのが幸いしたのか
昨日になって大分落ち着いてきました。
今のところ不眠に陥る…なんて事もありませんし。
私の場合、混合状態に陥る原因は異性関係にあるという事は
以前にも言ったとは思いますが、もっと厳密に言うとその引き金となるのは
それまであまり意識していなかった相手に
思いがけぬ状況・タイミングで急激に惹かれてしまった時か、
でなければ好きでも何でもない男にしつこくされて
急激に嫌悪感を募らせていった時のどっちか一方で……
(いずれにせよ「急激に」というのがポイントなのです)。
因みに今回は前者でした。
  《中略》
今回のケースでは色々な要素によって即座に制止が利いたので
今のところ何とかなっているのですが、この安定しきってない状況下にて
更なる問題が発生すると一体全体どうなるか…といった状態でして
(特に今ここで来られるとキツイのが異性関係と家族関係)。
私の性格上、女の園で働くことにはどうやっても無理が生じる以上は
Dr.と相談して対処法を考えておくようにと就職支援センターの方からも
釘を刺されているものですから(と言うか釘を刺された矢先の事だった)、
絶妙すぎるタイミングで課題を示された形です。
まあ、とりあえずはぼちぼちと無理はせず…という事で、ですね。


…という訳で、「就活」はこういった意味でも前途多難だったりしていますが、私にできることはあると、私だからこそできる事があると信じて、道無き道を切り開いていく所存です。

Read more

相河さんの意外?な“弱点”

9月 15, 2009 · Posted in 徒然 · Comment 

先端恐怖症でピアスをつけるなど到底考えられないとか、消毒用エタノール臭で条件反射が働いて逃走モードになる位に注射・点滴の類が苦手とか、そういった事ではなく……
相河と実際に会ったことのある方々であれば判る事かとは思うのだが、私は基本的に少女趣味の持ち主ではない。居合用模擬刀の入った刀袋を提げていたり、FM3Aをぶら下げていたり、またそうでなくても男社会の只中を涼しい顔して渡ってきた──おそらく今後もそうなるだろう──身である以上は、必然的に相応の趣味・趣向の持ち主となる。私とて時には女性向けの香水を纏ったり、ジュエリーを身につけたりもするのだが、香水に関してはネーミングという要素を切って離す事は、少なくとも私にとっては到底考えられないことだし、ジュエリーに関しては宝石や貴金属の化学的・物理学的性質などといった、単純に見て楽しむ事からは掛け離れた事柄に目がいったりと、いずれにしても学術的な方向にも思考が回転する。
そんな私にも例外中の例外があるのだが……
何か…というと、ズバリぬいぐるみである。
基本的に私は、フィギュアであれドールであれ立体造形物の類は、刀剣類は別として自分で所有して…とまでは考えない人種なのだが(この理由は二つあって、置き場所の問題と私自身の立体視が困難な目の問題による)、ぬいぐるみは例外で…気に入ったものを見つける度に、【外界】制御判定…物欲という名の衝動に対する格闘を毎回毎回強いられる羽目になっている。貰い物も決して少なくはないのだが、私自身が購入したものもまたそれなりの数があったりしている。
……私の主な行動半径において、ぬいぐるみの類を目にする機会が少ないのが、財布の中身が涼しい私にとっての不幸中の幸いであるが……

痛恨の失敗−手抜き料理編−

9月 14, 2009 · Posted in ネタ, 徒然, 日誌 · Comment 

クリームシチューもどき?
最初に言っておきますが…こいつの正体、クリームシチューではありません。
相河さん、自分一人しかいない時には手抜き料理として、インスタント味噌汁に素麺をぶち込んだものを作ったりするのですが、↑の写真はその失敗作。
一体全体何処をどうしたのかと申しますと、インスタント味噌汁を熱湯で濃いめに溶いて野菜とかが水分を吸うのを待っている間、その横でコーヒー牛乳を作っていたのですが…何をどうトチ狂ったのか、気が付いた時には牛乳をコーヒーではなくて味噌汁の方にぶち込んでしまってました。味噌汁を濃いめに溶いてたのが幸いして、味は普通にお味噌汁のそれだったのですが、見てくれはご覧の通りクリームシチューもどきの代物に。勿体ねえとは思いつつも食欲をそそる代物ではなくなったこいつを、「ネタになる」と思って証拠写真を撮ったらば速攻でゴミ箱へ放り込む羽目になりましたとさ…しょんぼり。
因みに、家族とか誰かがいる時には、そこそこ普通に料理しますよ。一応念のため……

手の平サイズの「日誌」から・その32

9月 10, 2009 · Posted in パソコン関係, 日誌 · Comment 

PCなどの電子媒体を利用していて
つくづく思うのだが…修正が容易で
便利である反面、目にのし掛かる負担が
尋常じゃない程に大きい、という事を痛感
する。様々な分野においてPC等などの
利用は広まりを見せているし、私自身も
またその恩恵に浴してもいるのだが、
その一方で目への負担、というのも
意識せずにはいられない。ディスプレイが
CRTから液晶に変わって、眼鏡から
コンタクトへと買えて大分楽にはなったものの、
それでも限界というモノはある訳で。どう
付き合っていくかが、今後の課題となるだろう。