メインマシン買い替え(検討)奮闘記・その1

2月 27, 2010 · Posted in Macintosh, パソコン関係, 徒然 · Comment 

かれこれ10年以上現役で頑張ってくれている相河のメインマシン、PowerMac G4 500(AGP)。とは言え、このところハードディスクが挙動不審になったり、グラフィック系のソフトを使っている時だけならまだともかくブラウザでネットサーフィンしている時にも動作がもたついたりと、そろそろ買い替えを検討するべき時期なのかなぁ…?と思ってみたりもする今日この頃。まあそれはそうでしょう。あちこちにカスタマイズを施しつつ、かれこれ10年以上使い倒しているのですから。
そこでまた10年間戦えるマシンを、という条件の下にて買い替えを検討してみる事に致しました。私が提示した条件は次の通り。
†この先10年は使いたいので、耐久性・拡張性を重視する
†主用途は印刷原稿作成・グラフィック作成・Web制作。あとムービー制作と3DCGもやってみたい
†屋内では無線LANにてネットに接続している
†現在使っているソフトは、Photoshop, InDesign, FreeHand, Illustrator, Dreamweaver, Fireworks, Painter。あと、現在は動的コンテンツを組み込むのを厭うのであまり使っていないが、Webデザイナー時代にはFlashも高頻度で使用していた
†レポートとか何とかの類はテキストエディタ(具体的にはJedit)で下書した上で、InDesignにて配置するのが原則。理由はWord, ExcelといったOfficeソフトが私のG4からでは起動しない(というより起動中にフリーズする)から。どうしても…といった場合には、Office互換のフリーウェアを使用する
以上のような条件を提示致しましたらば、店員さんからはMacの中でも拡張性の最も高いMacProの最上位機種を勧められた上で、以下のような優先順位を付けられました。
†本体に関しては、グラフィックカードを高性能な種類に替えておくこと。また、無線LANを使うのならばWi-Fiカードは購入時点で刺しておくべし。特にWi-Fiカードは後から…というのが難しいことが多々あるから
†マウスは好みの問題で選択可能。また、HDDやメモリなどの、後からでも増設可能なものは後回しにしても問題ない
†主用途の関係上、AdobeのCreative Suite 4 DesignPremiumは必須。これに関しては単体からのアップグレード版の購入が可能
†Painterもイラストレーションにて使うが、これはPhotoshop程には優先順位は高くない
†将来的にはムービー作成、3DCGもやってみたいという話について。前者に関しては既にFinal Cut Express 4を所持しており、これとFlash、GarageBandを組み合わせれば私の要求する水準のものであれば十分制作可能との事。後者に関しては3DCGは操作方法が独特なのでとの事でしたが…。別の店員さんからIllustratorとかのベジェ曲線に慣れているのであればShadeのstandard辺りが…とは言われた事があるが……
上記のような条件にて、本体(グラフィックカード、Wi-Fiカード、マウス込み)+Creative Suite 4 DesignPremiumの価格を弾きだして頂きましたところ…本体の方だけで居合用の真剣(拵えとかは別)が一振り買える位の額でございました。
Winマシンに要求する価格帯とは一桁違いますが、この辺は価値観の違いが如実に現れてているという事でして。結局のところWindowsってのは私にとっては他のことも一応はこなせるゲームマシン、しかも3年程度で使い潰す消耗品…てな認識なんですわ。Winメインの方々には申し訳ないんですけど…がんばってスペックを追求して大枚はたいても壊れれば金属の塊ですし、大体何でか知りませんが私ってば窓機との相性が悪いみたいで、どんなハイエンドマシンでも3年保った試しが無かったりもしてますんで…そういったモノに二桁の諭吉さんをはたくのも馬鹿らしいんですわ、ぶっちゃけた話。要するに、FM3Aとコンパクトデジカメくらいの差…といったら流石に大袈裟ですが、つまり私の中でそのくらいの温度差は存在している訳なのです。
もっとも、分からない人には分からないんでしょうねぇ、この感覚。実際うちのおかんは「WinでもMacでも、パソなら同じ」てな感じでしたし……

おっかいもの、おかいもの♪(古)

2月 25, 2010 · Posted in 徒然 · Comment 

1月上旬の話ですが…実はさりげにオフ会前日に、池袋へと行って参りました。ついでに浜松町辺りで夕景+夜景を狙おうとFM3Aを筆頭としたカメラ機材一式を持参していた…つもりだったのですが、うっかり三脚を家においてきたことに気が付いてしまったのはバスに乗って暫くしてからの話。フィルムとかの類なら新宿で買い足すまでの事だったのですが、忘れてきたのが私の持っているカメラ関係のアイテムではFM3A本体+レンズに次いで高価なカーボン製の三脚ではどうにもなりません。意気消沈しつつ、当初の目的地である池袋へ……
で、普段滅多なことでは足を運ばない池袋まで何をしに行ったのかと申しますと…以前このBlogでもその著書を紹介したことのある、文具王・高畑正幸による 文具王の「対決!文具店。」 という企画。ディスプレイとかを見たり、当日開催の本人によるプレゼンを聞いたりしていたのですが、やっぱしこいつはマジで凄え…と改めて思ったものです。
…え? 何で心の底から認める程の天才なのに「こいつ」呼ばわりなのかって? 以前のエントリーでも書きましたが、実は高校時代の同級生だったりしているのですよ…。
まあそれはさておきまして、ほくほくと紹介されていたアイテムの幾つかをゲットした後は、下にある西武百貨店の化粧品売り場にて未知の香水の物色+前回新宿伊勢丹にて物色した時にチェックを入れてた香水の最終テスト。具体的には何をするのかと申しますと、未知の香りについてはどういう感じのを希望しているか+普段何をつけているのか(あと外して欲しいノートの香り)を店員さんに告げた上で、ピックアップした香水を紙に吹き付けて貰い、うち気に入ったものは持ち帰って時間が経った後の香りをチェック。嗅覚が麻痺してくるので、こういった感じでテストするのは3種類以内に留めるべき、というのは鉄則なのですが…新宿伊勢丹のCHANELの香水専門コーナーにいらした、知識豊富な店員さん(詳細はこちらの過去ログ参照)のお陰で素敵な裏ワザを教わってましたのでもう少しチェックすることができました。帰宅後の時間経過によるテストもクリアしたものは、それらの中でも結局1〜2種類程度でしたけどね。
そして今回最終テストをしたのは、ESTĒE LAUDERのbeyond paradíse。前回のテストで残ったもののうち、今の時期にもよさそうな感じでしたので(因みにもう一種類は、Christian Diorから発売されていた夏の限定品でした…とほほ…)。こちらはテストする香水を直接肌に付けて、時間経過による変化(体臭の影響によるものも含めて)をチェックする、というもの。テスト内容の性質上、こればっかりは一度につき一種類しかできないので、最終テストをする香水の選択は慎重にする必要があるんですね。これをクリアできるかどうかでその香水を購入できるか否かが決まるようなものですから……
なお、この日に購入したブツは以下の通り。
▽MAX Vaimo11 Crystal
 池袋のLoftにて購入。完成稿がA4のコピー用紙にして30枚前後にわたる卒論を綴じる際、こいつが手元にあったなら…と本気で思ったものです(そして先日のIGDA Japan SIG Indieで名刺代わりにICU生時代の卒論とかレポートとかを紹介する時に大いに役立った、とも付記しておきます)。因みに限定品を選択したのは、デザインとか色づかいとかが気に入ったから
▽TOMBOW MONO Zero 2.3mm
 同じくLoftにて紹介されていたブツを購入。イラストを描く際、細かい箇所を消す時に重宝してます
▽ESTĒE LAUDER beyond paradíse
 池袋西武の化粧品売り場にて購入。二本目以降既知の香りを購入するのならともかく、最初の一本は最終テストを経てからでないと、とてもじゃないけど買えないのですよ
▽アルシャードガイアリプレイ 君のトナリ
 最寄り駅近くの本屋にて購入。前半は既にWeb連載時に読んでたのですが、立ち読みしてみたところ続きが気になったので……
…相河の節操のなさがものの見事に現れてますなぁ……

CSSとの格闘とかBlogのアップデートとかに熱中してましたらば

2月 17, 2010 · Posted in その他色々, パソコン関係 · Comment 

今日はいつも通り稽古に行くつもりでいたのですけれども、今日も今日とてCSSとかBlogのアップデートとかで色々と格闘していましたらば、気が付いたらPM8時過ぎてました。
……え、嘘っ!?
通院日でなかったのがまずかったかなぁ……
…まあそれはともかく、試しにBlogの最新バージョンをインストールしてみたところ、多機能なのはいいんですけど何か動作が重くなってるような感じがしたんですね。これではうちの年季ものマシンじゃ、日常的なサイトの編集にはてんで使えないわ…てなレベルで。
大分前とある企業の方とお話をしていた折、「動作が重いと見る気が失せますね。酷いところだと閲覧できなかったり、ブラウザを落とされたりするところまでありますもん」といった内容のことを指摘したことがあったりもしてます。因みにこの時に相河が指していたのは、全て企業サイトにおける事例の話。これらはアマチュアの個人レベルでも正直なぁ…といった状況なのですが、企業サイトの場合だと見映えと同時に優先的に考えなければならないレベルのことだろコレ…と特大のツッコミを入れたくもあります。仮にも君らプロだろ?お金取って仕事してるんでしょ?と、Webデザイナー勤務経験者としては物言いをさせて頂きましょう。
まあ見映えに関しては、確信犯的に手作り感を残す状況もありますけどね(その方が寧ろ効果的な状況もありますし…)。

リハビリがてら、サイトの改装作業中

2月 15, 2010 · Posted in 徒然 · Comment 

私がWebデザイナーとして勤務していた頃と比べると、CSSとか何とか変わっているみたいですし…今やtableタグは基本的に使わない模様との事なので、色々勉強し直さねば。
これを書いてる現在、Flashとかいった動的コンテンツは可能な限り排除していく方向でラフを切っている最中です。今回の課題は如何に文字を見やすく、そして軽く動作するサイトを構築できるか…といった事(目安としては、相当に年季の入った私のメインマシンでもスムーズに閲覧できること)。基本的なコンテンツについて、日本語・英語の二カ国語で閲覧できるようにするのは当サイトが学術的な側面を有する以上は当然だとしても、何処まで…といった事も頭痛の種。ああああ…何だかんだ言って大学(ICU)では割と日本語漬けだったからなぁ、うち……

そうそう。前回のエントリーにて書いてた「小学校6年生」認定ネタですが、改装後のサイト内のコンテンツにてバッチリ公開致しますよ。忘れた訳ではありませんので、どうぞご安心の程を。

多芸・多趣味とは言っても、全能でも万能でもないよん、私ゃ

2月 12, 2010 · Posted in ネタ, 徒然 · Comment 

それは某化粧品メーカーが開設しているサロンの、お試しフェイシャルエステへと行ってきた時の事。
この時、そこでやらかした私のある行動を「小学校6年生レベル」と笑いながら突っ込まれ、私自身も「言い得て妙」と異様〜にウケたエピソードがあるのですが…。
詳細はうつ寄りの混合状態から復調してから…後日の本Blogまたは当サイト内のコンテンツ辺りで……
やらかした「行動」に関するヒント:相河自身は普段、香水を唯一の例外として化粧品の類にはあんまり頓着しないし、メイクに至っては余程必要に迫られた状況でもない限りまずしない

ワンフェス当日・その後の行動−趣味に走りすぎ−

2月 9, 2010 · Posted in FM3A, フィルム, 写真関係 · Comment 

前回のエントリーでは書きそびれましたが、会場内でフィルムを取り出す時に、フィルムを巻く前に後ろ扉を開けてしまい「げっ」と思わず声をあげてしまった私。慌てて閉め直してから巻いたものの、最低でも3〜4枚くらいは感光しているものと覚悟しておかなければならないかと…まだカメラを始めて間もない頃以来にしでかした、痛恨の初歩的ミスでございます。これには内心で盛大に凹みましたよ、ええもう。
さて、幕張の会場を後にして、この日に撮影したフィルムの現像を依頼するため新宿に立ち寄ったのですが、ついでとばかりにフィルムの補充やらレンズのチェックやらをおっ始めた相河さん。ネイチャーフォトを撮るにせよ人物撮影をするにせよ、そろそろ望遠系のレンズが一本欲しくなる頃合いではあるのですが、現行のレンズだとデジタルカメラ用に作られたものが殆どであり、MFフィルム一眼レフに対応しているもの自体が減ってきているという店員さんのお話に、頭では納得しつつも心の中ではベソかいていたり。MFにも対応しているAF用のレンズを使えばいいじゃん、てな話になってきそうなものではありますが、そうは問屋が卸さない理由があったりも…。実際に手にとった上で比較して戴けるのならならともかく、文面だけでの説明は正直難しいのですが、MF用に作られたレンズのピント調節には粘るような手応えがあり、しかも境界を全く意識せず直感的にピントを合わせられるんですよ。対してAF用のレンズというのはピントを合わせる時に回転させると何かスカスカとした感じ…レンズによってはカチカチといった其処で固定されてしまうような感覚もして、いずれにしてもここぞという場所で止められない、というネックがあったりも。仕事で使うのならともかく、趣味の範疇で撮影する分にはFM3Aを使い続ける事に決めてますので、それを踏まえた上にて選択をしたいものです。
フィルム館ではこの日に撮影したフィルムの現像を依頼した後、春からのネイチャーフォト撮影用に使うフィルムを補充する際、店員さんと「気に入っていたフィルムが廃盤になると切ないですよねー。個人的に特に痛かったのはAgfaのScala200Xと、KodakのE100GX……」「あー、E100GXは確かに。他にない色味のフィルムですからねー」といったやりとりがあったりもしました。E100GXが無くなった事を勿体ないとおっしゃるお客さんも多い…といったお話も。
それにしても私、ワンフェス会場内よりも新宿西口エリアでの行動の方が、よっぽど盛大に趣味に走ってます。まあ毎度のことですが…実際、新宿西口近辺って言ったら、私にとってはある意味ワンダーランドですから(ビジネス街なんだから普通は仕事モードで来るエリアだろ?てなツッコミは黙殺するとして)。

ワンフェス参加してきました

昨日、ワンフェスへと行ってきた。毎度毎度の事ながら、昼からのんびりまったり入場ではあったが……
PM2時過ぎに会場へと到着した私は、毎回足を運んでいるブースの知り合いの方とご挨拶を交わした後、いつものようにブースを回りながらフィギュアとかの撮影をしていくことに。とは言え、この日の私は身体的に完全復調はしていない+精神状態は下り坂…という無理の利かない状態であったから、全部は回らず写真撮影もいつもよりは控えめに…等々と自重しつつつ、会場内を歩くことにした。
実のところ私には、ワンフェス自体に関してはコミケ辺りの同人誌即売会程には趣味に走る時間…といった認識はない。趣味的な要素が含まれないかと聞かれれば勿論嘘になるが、入場料という名の授業料を支払った上にて、立体造形物にまつわるイロハからそのバリエーション、最近の動向等々に関するお勉強をさせて貰う、といった感じの認識もまた小さくはない。この手合いのイベントにおいては私が必ずぶら下げている、Nikon FM3Aボディ本体に標準系マクロレンズ装着、またストロボの類は一切付けない…といった構成のMFフィルム一眼レフカメラの存在もまた、お祭り気分を高めると同時に戒める要素の一つだ。デジカメ全盛の会場内において異彩を放つこのカメラは、会場内における光源の制約からリバーサルフィルムの使用が不可能であるとはいえども、やっぱりフィルムだからやり直しが利かないという事に加えて、特に接写時においては手動での厳密なピント合わせを要求されるが故に、「機械任せにする」といった妥協を私に許さないからだ。実際には、機械任せにはしないMF一眼フィルムカメラ用のレンズだからこそ厳密に…撮影者の意図通りにピントを合わせることが可能だったりもするのだが、その理由は次回エントリー@閉会後の行動編で記載するするとして…。大学の部活の忘年会で会場を出た後、仕事の関係上Canon EOS 5D辺りを使っていたという先輩とカメラ談義で盛り上がったのだが、DTP関連を筆頭としたプロユースにおけるデジカメの強みを把握している一方で趣味的領域の撮影ではリバーサルフィルムの使用を原則とする…といった話をしていて「マゾだよなー、自分」と笑いあっていた事を思い出した。
話が脱線してしまったが、ブースを回っている時に、違う表現手法にて…それも私自身ではまず不可能と言ってもいい立体的な表現を主体として活動していらっしゃる方々とのコミュニケーションの時間を取れるのは、今後の創作活動をしていく上で良い刺激になった。この日の会場内における最大の収穫の一つでもあった。金銭には換えられない何かがある…という事こそ、ワンフェスに限らずディーラーと一般参加者、或いは作者と読者とが交流するイベントにおける真の価値だと私は考えている。
盛大に趣味に走ったのは寧ろ、ワンフェスそれ自体ではなくて、閉会後…会場を出てからの行動なのだが……(以下閉会後編へと続く)

手の平サイズの「日誌」から・その33

Twitterは、実況中継風味にその時々の
状況を書く時には便利である。特に
外出先からその時に何をやってるのか…てな
事を書く時には。
但し、その一方で「会話」の流れが
あまりにも早すぎるが故に、ついて行けない
と感じてしまう事もままあるのだ。元々、
流行のものを追い掛けるのは苦手であり
状態によっては苦痛すら覚える事でも
あるのだから。一例を挙げるとしたら、
卒論とかでもやった美少女ゲームに関する
学術的アプローチでも、Airとかひぐらしとか
未プレイ…てな体たらくで。SWAN SONG、
シェル・クレイル、ナルキ2nd辺りを…と目論んでるのが…。

Read more

うーん…久し振りに眠れんかった……

2月 2, 2010 · Posted in 徒然 · Comment 

いや、別に一睡もできなかった訳でもないのですが、一応6時間程度は寝たのですが、しかし眠れた気分がしない本日の相河さん。
原因は躁うつ病の症状による不眠とかではなく、風邪っぴき中なんで時折ケホケホと出る咳に悩まされて…なのですが。「ぐっすり眠りたいのに、ゆっくり眠れる状況なのに、まともに眠れない」状況、てのは何度経験してもやっぱりつらいものが……
喉から来ている+熱はないのでまずインフルとは違うでしょうが、病院へ行こうかどうしようかと考えてみたりも…しかしこんな時に限って雪ですか…(窓から見える隣家の屋根に積もった雪を見て、げんなりしている最中)。
明日はどのみち通院日なんで、どうしたものかと。
…それよりも前に、今日のご飯をどうするか…てな問題が目の前にぶら下がってるんですがねぃ…はあ。作ろうにも冷蔵庫とかに材料がないし(現在あるのは牛乳1パックと卵1個。他は大体食料品以外のモノしか入ってません)、どうしたものかと。