東京国際アニメフェア2010参加のご報告

えーと…3/27(土)は東京ビッグサイトに行って参りました。
東京国際アニメフェア2010・パブリックデー1日目でございます。
(できればビジネスデー初日のシンポジウムに参加したかったのですが……)
生活サイクルの関係ならびに生まれついての目の弱さ(疲れやすさ)から
基本的にアニメとはあまり縁のない人生を送ってきた相河が
趣味全開モードでこのアニメーション関連のイベントに足を運ぶ筈もなく、
学生時代の研究内容を足がかりに何か将来の展望に繋がる方向のテーマを発掘したり
或いは挨拶回りの中で新たな人脈を構築できれば…等と考えた次第。
気分はさながら営業に回っているビジネスパーソンのようだと
当日お会いした知り合いの方々の一部に申し上げたものですが、
実際やっている事を鑑みればあながち出鱈目という訳でもありませんでしたね。
茶系統のブレザー+コート着用という明らかにオフで来ている人とは異なる出で立ちから
業界関係者かと勘違いされた事もありましたし……
それはさておき、毎度のごとく混雑する時間帯をずらして2時半頃に会場に着いた…とは
思えないほどに充実した一時を過ごすことができました。
中でも、とある大学のブースにてどこかの医療系の大学との共同研究ができれば
物凄く興味深い研究成果が出てきそうなお話を伺うことができたのですが、
生憎と私自身は基礎科目一部+αをかじった程度で
医学部を中退した身の上である事に加えて
私の友人・知人である医師・その他医療関係者はことごとく
専門外の方々ばかりですから。
…って、心理学方面ではどのくらい突っ込むものなのかなアレ、と
今さっき思い立ちました。
↑心理学専攻の友人達にもやはり数名心当たりがある人
イベント後に会場近くで食事を済ませた後、
更に東京駅方面に行って軽く一杯やる事もあるのですが
今回はとてもじゃありませんがそういった気分にはなれませんでした。
(↑単純にオフモードではなかったから、というのがその理由。)
あと、今回とある方から「BL系はやらないよねー…」といった指摘を受けたのですが、
別に私はBL系全般受け付けないとか、興味がないとかいう訳ではありませんので
一応念のため。
「どちらかと言えば」男性向け美少女ゲームの方に関心がより強いだけの話ですので……
実際とあるJUNE系サークルさんの作品群は数年前から追っ掛けてますし、
ゲームについても今のところ片手で数えられる程度ではあるにせよ
存在することはしていますからね
(18禁作品だと『俺の下であがけ』『Messiah』『咎犬の血』『sweet pool』辺りは
既にプレイしたか、或いは機会があればと虎視眈々と狙っていたりしてますし)。
まあ、私がJune系ならびに乙女ゲーなどの女性向け作品に対して
一般作品ならびに男性向け美少女ゲームより数段シビアになるのもまた事実ですが……
因みに今回はICU生時代の卒論やレポート、名刺の他にも
卒業後に執筆を開始した論文やらペーパーやらのDraftを
幾つか持参していたのですが、
そのうちの一つに関連しそうな事で引っかかったことが一つ。
それが具体的に何なのかは此処では伏せますが、
私の取り越し苦労であってくれれば良いのですけれど……

さて、お次は4/4(日)のそうさく畑64。
こちらは相河にとってかなり趣味の入ったイベントですので
肩の力を抜いて臨む所存でございます。
関西方面に行くのも結構久し振りですし……