マンガにまつわるエトセトラ

11月 22, 2012 · Posted in エッセイ風文章, 学業関係, 徒然, 日誌 · Comment 

私も同人活動でマンガを下手なりに描いた事はありますが、今回はあくまで読者としての観点から色々な事を。

『OZ』、『空は赤い河のほとり』、『BASARA』、『SAINT』、『AMAKUSA1637』、『姫100%』、『伯爵カインシリーズ』、『東京BABYLON』、『聖伝−リグ・ヴェーダ−』、『魔法騎士レイアース』、『学園便利屋シリーズ』、『吸血姫美夕』くらいかな、ざっと浮かぶのは。

といったTLをTwitter上で流したのですが(この時の私は『生徒諸君!』を入れるのを忘れてました)、ご覧の通り少女マンガに関しては結構疎いです、私。第一、いい年こいた娘っ子が読んできた少女マンガのタイトル挙げるのに140字以内に収まるって何さ?といった声が聞こえてきそうですね。
ただ、その中でも特に『OZ』は性別に関係なく読んで欲しいくらいの名作で、人間とは何か、機械と人間の違いは何かという命題に取り組んだ意欲作だと思っています。樹なつみ先生の絵柄も、いかにも少女マンガ…てな感じのものではありませんし。

なので、私の青春時代を彩ったのは少年マンガや青年マンガが中心でして、とりわけ『沈黙の艦隊』(以下沈艦と表記)や『MASTERキートン』には本当に人生変えられた気がします。
沈艦は途中からリアルタイム(単行本は海江田が東京に上陸して竹上総理と会談した辺りから、単行本はニューヨーク近海で空を飛ぶ前辺りから)で読んで、更に違うクラスの女子2人に布教した結果、モーニング誌が発売された翌日の休み時間には三人して熱くネタバレ沈艦トークをかましたものです。もっとも三人とも腐女子ではなかったので、そういうベクトルの話にはなりませんでしたが。あと当時「選挙権があったら!!」とか絶叫していた事を思い出します。(実際に選挙権を手にしてからは、住民票の関係からなかなか行けなくなってしまいましたが←現住地は東京都内、住民票があるのは四国・香川県内/遠隔地からでも投票できたらいいのに…よよよ。夜行バス辺りで帰省して期日前投票も考えてますが)
今読みたいのは『ギャラリーフェイク』に『天才 柳沢教授の生活』『ベルサイユのばら』、それと『テルマエ・ロマエ』でしょうか。財布の中身と本棚のスペースとを圧迫するのでその辺りは何とかしたいものですが…近所にコミックのレンタルやってる所があるので、そこに通うか? でもその場合の著作権料ってどういう扱いになるんだろうか?←それが気になってるので、できれば新品で読みたいのですが……

ちょっとした覚え書き

検査入院前に前に掛かっていた精神科外来の診察予約をキャンセルしなければならないのだが、昨日・今日と昼間に寝てしまったので明日こそは…!と覚え書き。
午後4時までに電話しなければならない事に注意。
起きたらすぐ電話するつもりで構えておくべし。何せ12時間は寝てしまう薬を服用してるからなぁ…。

そう言えば最近、起きる時間が遅くて+外が寒くてスポーツクラブに行けてないや。駄目じゃん。

検査入院の日程が決まりました

今度は発達障害の検査入院で、11/27〜12/4の間だそうです。1週間で済むのは有り難いのですが、このままだと修羅場に引っ掛かるのは明白なので、相応の対処をしなければいけませんね。
あと、Amazonから来る荷物(要は書籍とゲーム)の受け取りを私が在宅しているうちに完了させなくては…。

それはそうと、『咎犬の血』Vista/7対応版を購入しました。7でも64bit対応しているとの事ですから安心してインストールから何からできます。
64bit版7環境でどうやってもインストできなかったのは、『アザナエル』と『英雄伝説V 海の檻歌』、あと同人ゲームが幾つか…といった状況。
『咎犬の血』以外にもやってみたいBLゲーは『sweet pool』、『メサイア』といった位でしょうか。
乙女ゲーは『アーメン・ノワール portable』に遙か3、『死神と少女』といった辺り。他にも多少は気になるものはあるのですが、単に甘いだけのものはパスしたいところですね。
どちらかと言えば(?)男性向けゲームが多いのには、この辺の理由があるからなんでしょうね。純愛から性愛、またシナリオを堪能するという意味でも。

11/22追記:結局入院は2週間…12/11までになるとの事です。入院期間が2週間となると結構痛い。早割が全然使えませんですよよよ。と言うか線画が到着次第速攻で修羅場開始しなければ色々とマズイです。

ダイエット顛末記・番外編

電話で現在制作中の同人誌の打ち合わせをしていたSさんから言われたのですが、当サイトにて掲載中の「ダイエット顛末記」をマンガにしたら面白いんじゃない?てな事を言われました。確かにネタにはなるとは思いますが、如何せん私はマンガ描きではないので筆が遅いのですよ(同人ゲーム『女神の大地』でも絵関係では苦労していると言うのに…)。
それはさておき、最近はスポーツクラブに行けていません。と言いますのも一時うつ状態になった上に、雨が続くわ自転車の後輪が立て続けにパンクするわで…修理したのにまたパンクしてブルー入ってるんですけど。かと言ってバスに乗って行くのも何か違うような気がしまして(バス停が近ければいいのでしょうけど、うちはそれなりに距離がありますので)。

さて、それはそれとして近況報告をば。『逆転検事』に手を出したのはいいのですが私には合わない…と言うかどこがどう推理で繋がるのかミステリー苦手な私には分からない(『かまいたちの夜』でも『野々村病院の人々』でも友人に真犯人を見つけたEDを見せて貰っていたほど)ので、攻略サイト無しでは進めていけないのがこの手のジャンルとしては辛かったです。『逆転裁判』シリーズ(特に1〜3)や『ゴーストトリック』は実際やっててあんなに楽しかったのに何でー?と言うしかないですね。特に『ゴーストトリック』は1周目でも2箇所ほどを除いて攻略本無しでもクリアできましたから(確実に2周はしてます。3周は…してたっけ?)。タクシューさんがシナリオを担当しているとの事で予約した『レイトン教授vs逆転裁判』ですが、期待半分不安半分ですね。既に3DS本体は確保してありますので、後は発売日を待つのみです。
同人原稿の修羅場再開まで少し間があるのですが、どのゲームを崩していくかという事を考えております。『逆転検事』の前は『紫影のソナーニル』と『WORLD END ECONOMiCA-episode.1』をプレイしていたのですが、いつ再開するのか分からない状況ではBootCampからの起動は使えませんし(Mac側で諸々のやり取り・作業をするので)、PSPかDS、3DSのゲームをするのが妥当な線でしょうか。有力候補としては『アーメン・ノワール portable』か『死神と少女』、『車輪の国 向日葵の少女』PSP版か『ナルキッソス〜もしも明日があるなら〜』といった辺りの、比較的短時間でプレイでき、尚かつ中断も容易なゲームが候補でしょうか。PS2版の続きと追加要素が気になるのはズバリ『アーメン・ノワール portable』ですが…。ソードとナイヴズどっちから先に攻略しようかと考えている自分がいたりしてます。

あ、そうそう。この報告を忘れてはいけませんね。
発達障害に関する検査入院の日程ですが、どうやら11月中旬か12月中旬といった線で落ち着きそうです。冬コミの原稿修羅場中に引っ掛かると嫌だなー、とか思いつつ…。

今日の食事
朝:黒糖ロールパン、牛乳
昼:鍋焼きうどん
夕:キムチ鍋、麦茶
間食:みかん、麦茶
夜食:夕飯の残りで作ったキムチうどん