会社見学に行く準備段階にて

1月 29, 2014 · Posted in 徒然, 日誌 · Comment 

普段ノーメイクで通している私でも、最低でも口紅と眉くらいは描いておかないと…てな状況でしたので、早速最寄り駅前の某スーパーに走ってました。ファンデは資生堂・dプログラムの敏感肌用を使えば何とかなるという事は既に判明してましたので、口紅とリップクリームもそのラインでテストしてみました。基礎化粧品は余程刺激の強いものでもない限りまず大丈夫なのですが、メイクをするとなると途端に事情が変わる辺りが何というかその…なのですが。
結論から言うと、この組み合わせで問題なかったので買い求め、会社訪問の際に使用する事になったのですが、電車の中とかでマスクをしていると途端に落ちるのでその都度付け直してました。デイケアにて話をしていた男性の方に「女性は化粧品とかで大変ですね。お金も掛かりますし」と言われましたが……
帰宅後、余程疲れたのか落とすのも億劫になってしまって沈没してしまったのですが、実際殆ど荒れなかったのは凄いですね。起き抜けには少し荒れたのですが、一日経つと平気になっていた辺りは大したものです。普通の口紅使ってたら唇ガサガサになって大変な事になっていたところですよ、これ。

それはさておき、時間つぶしも兼ねて上の階でリクルートスーツを見繕っていたのですが、17号サイズのつもりでいたらば実は15号という事が判明。買い直す羽目になったのは言うまでもありません…しょぼぼーん。13号と17号は自宅にあったのですが、15号だけがなかったので。歩いて買い物に行く機会を増やした成果が出ているものと思いたいところです、はい。夢は11号サイズが着られるようになる事…選択の幅がぐっと広がりますからね。

まあ会社見学に行く支度には、こんな事があった次第です。実際会社に勤務するようになるとメイクしなくてはいけないのかなー?と思うとちょっと鬱ですが。

就活は前途多難です

本日、某特例子会社まで会社見学に行ってきたのですが、そこでは色々な職種で精神障がい者の方々が活躍されておりました。
で、私が志望しているクリエイティブ系の仕事もあったので、ほんの少しは希望を持てた次第。
精神障がい者の雇用実績のある企業も幾つか知ってはおりますが、いずれも事務職という私にとっては少なからず苦痛を伴う職種ばかり(Word, Excel, パワポ等のできれば使いたくないソフトのオンパレードに加えて、電話応対やその他の事務的作業がとても苦痛)でしたので、今回の会社見学は収穫がありました。
過去ハローワークの紹介にてWebデザインやらDTPオペレーターやら翻訳やら応募はしたのですが、ことごとく書類審査の段階で蹴られまして…彼らはおそらく身体障がい者の方々を求めているのでしょうね。以前某大手企業に勤務しているうちの実兄が以前通っていた精神科単科の病院の待合室で、「(精神科に通う患者は)変な人ばかりだ」とふざけた事を抜かしてた位ですので。まあその実兄も最近になって産業医にうつ病と診断されたそうですが…(そりゃオーバーワークに加えて家庭でも不安要素ありまくりで落ち着けなさそうですからなぁ)。
見学先の企業様にて頂いた資料によりますと、平成30年度から精神障がい者の雇用が義務化されるそうですが、私にとってそれはあまりにも遅すぎるので地道にハローワークに通う所存です。私が住んでいる都内某市では、障がい者のための就職支援センターがあるのですが、そこのとある職員に心ない事を言われて1か月〜2か月程うつ状態に陥った位ですので、すっかりトラウマになってしまって利用できないんですよね。それがなければ迷わず利用していたところだったのですが…こればっかりはどうしようもありません。
私の場合、能力を発揮できる職種でないと絶対に仕事は続かないと断言できますので、それを踏まえた仕事探しをしたいものです。