実はパズルゲームは苦手なのですが……

流行のバズドラも私のiPadにインストしてあるのですが、すっかり熱が醒めてしまって最近は全然起動していません。
そう言えばぷよでもかなり苦戦させられたような……
そんな私にとって例外は今のところ3つ。
一つはタイトーから出ていたパズルボブル(…だったっけ?)。
一つはデータイーストから出ていたマジカルドロップのIIとIII。
そしてあと一つは、中高時代の同級生に教えて貰ったiPhone用パズルゲームTAP10。
マジドロは落ちものゲーとしては大ハマりした記憶があります。基本的に落ちもの苦手なこの私が、ですよ。

で、本日の本題はTAP10について。これも私はiPadにインストしているのですけど、ふとした拍子にやってみたくなって今でも続いている不思議なパズルゲームです。
ルールは簡単…名前からお察し頂けるかとは存じますが、ブロックに書かれている数字の総和が10になるようにブロックを指定して、丁度10になったら消える…といったシンプルなルール(但しハードモードだと、途中で指定してくる数字の総和が変わりますが)。算数をやっていれば分かりますが、3つ以上のブロックを一度に消すことも可能だったりしています。
コンピューターゲームに関してはあまりいい顔をしないうちの母が、このゲームに関しては食いついてきてメモしてた位…孫達のiPhoneにインストしてやらせようという心算なのでしょうね。
私が把握している姪っ子・甥っ子の性格から考えると、すぐに投げ出して大人たちの方がハマってそうな予感はしてますけど…。
まあそれはともかく、ちょっとした頭の体操になるのもいい感じです。