おっかいもの、おかいもの♪(古)

2月 25, 2010 · Posted in 徒然 

1月上旬の話ですが…実はさりげにオフ会前日に、池袋へと行って参りました。ついでに浜松町辺りで夕景+夜景を狙おうとFM3Aを筆頭としたカメラ機材一式を持参していた…つもりだったのですが、うっかり三脚を家においてきたことに気が付いてしまったのはバスに乗って暫くしてからの話。フィルムとかの類なら新宿で買い足すまでの事だったのですが、忘れてきたのが私の持っているカメラ関係のアイテムではFM3A本体+レンズに次いで高価なカーボン製の三脚ではどうにもなりません。意気消沈しつつ、当初の目的地である池袋へ……
で、普段滅多なことでは足を運ばない池袋まで何をしに行ったのかと申しますと…以前このBlogでもその著書を紹介したことのある、文具王・高畑正幸による 文具王の「対決!文具店。」 という企画。ディスプレイとかを見たり、当日開催の本人によるプレゼンを聞いたりしていたのですが、やっぱしこいつはマジで凄え…と改めて思ったものです。
…え? 何で心の底から認める程の天才なのに「こいつ」呼ばわりなのかって? 以前のエントリーでも書きましたが、実は高校時代の同級生だったりしているのですよ…。
まあそれはさておきまして、ほくほくと紹介されていたアイテムの幾つかをゲットした後は、下にある西武百貨店の化粧品売り場にて未知の香水の物色+前回新宿伊勢丹にて物色した時にチェックを入れてた香水の最終テスト。具体的には何をするのかと申しますと、未知の香りについてはどういう感じのを希望しているか+普段何をつけているのか(あと外して欲しいノートの香り)を店員さんに告げた上で、ピックアップした香水を紙に吹き付けて貰い、うち気に入ったものは持ち帰って時間が経った後の香りをチェック。嗅覚が麻痺してくるので、こういった感じでテストするのは3種類以内に留めるべき、というのは鉄則なのですが…新宿伊勢丹のCHANELの香水専門コーナーにいらした、知識豊富な店員さん(詳細はこちらの過去ログ参照)のお陰で素敵な裏ワザを教わってましたのでもう少しチェックすることができました。帰宅後の時間経過によるテストもクリアしたものは、それらの中でも結局1〜2種類程度でしたけどね。
そして今回最終テストをしたのは、ESTĒE LAUDERのbeyond paradíse。前回のテストで残ったもののうち、今の時期にもよさそうな感じでしたので(因みにもう一種類は、Christian Diorから発売されていた夏の限定品でした…とほほ…)。こちらはテストする香水を直接肌に付けて、時間経過による変化(体臭の影響によるものも含めて)をチェックする、というもの。テスト内容の性質上、こればっかりは一度につき一種類しかできないので、最終テストをする香水の選択は慎重にする必要があるんですね。これをクリアできるかどうかでその香水を購入できるか否かが決まるようなものですから……
なお、この日に購入したブツは以下の通り。
▽MAX Vaimo11 Crystal
 池袋のLoftにて購入。完成稿がA4のコピー用紙にして30枚前後にわたる卒論を綴じる際、こいつが手元にあったなら…と本気で思ったものです(そして先日のIGDA Japan SIG Indieで名刺代わりにICU生時代の卒論とかレポートとかを紹介する時に大いに役立った、とも付記しておきます)。因みに限定品を選択したのは、デザインとか色づかいとかが気に入ったから
▽TOMBOW MONO Zero 2.3mm
 同じくLoftにて紹介されていたブツを購入。イラストを描く際、細かい箇所を消す時に重宝してます
▽ESTĒE LAUDER beyond paradíse
 池袋西武の化粧品売り場にて購入。二本目以降既知の香りを購入するのならともかく、最初の一本は最終テストを経てからでないと、とてもじゃないけど買えないのですよ
▽アルシャードガイアリプレイ 君のトナリ
 最寄り駅近くの本屋にて購入。前半は既にWeb連載時に読んでたのですが、立ち読みしてみたところ続きが気になったので……
…相河の節操のなさがものの見事に現れてますなぁ……

Comments

Leave a Reply