古本屋さんにまつわる色々

一口に古本屋と申しましても、今回は神保町辺りの古本屋街とかいった辺りに関する話題ではなく……
以前Twitter上における某D氏とのやり取りで古本屋さんに関する話題が出たのと、あと教会内で某H先生がお話しして下さった古本屋さんにまつわるエピソードを思い出したので、「長文になりそうですので此処(=Twitter上)では差し控えます」とレスをつけた、140字では到底収まりそうにもないアレやコレやといった話をつらつらと書いていく所存です。

実のところブッ●●フとか何とかいった類の古本屋さんには勿論私もお世話になってまして、特に絶版になったマンガを大人買いしたい時などには何かと重宝しておりますが、ICU入学当初からお世話になっている先述の某H先生が定年に伴い退官される際、ご自身のOfficeに置いてあったという専門書をブッ●●フとかいった類の古本屋さんで売ろうとしたそうなのですが、引き取りができないと言われた…との事でした。「先生。そういうのはそれ専門の古本屋じゃないと売れないと思いますよ。私は行ったことがないのですけど、多分神保町辺りに行けばあるのではないかと思いますが……」といった具合にその時は返答した記憶がございます。

マンガ等に関しては、某D氏が指摘された通りそれらを専門的に扱われる古本屋の方が高く売れる可能性は高いのでしょうが、かと言って必ずしも高く買い取ってくれる訳でもなく…具体的にどういう事かと申しますと、簡単な経済学を踏まえてみれば当然の事ではありますが、店側も需要というものを考えて供給を行っていく必要というものがある訳でして。
秋葉原にある某専門店のお兄さんだったかお姉さんだっかが仰っていた事なのですが、その時々における流行ジャンルの商業誌───マンガに限らず、同人誌とかゲームの設定資料集とか───を買い取りたいのだという事でした。ところが、相河が好きこのんで手を出すジャンルと言ったらオリジナル(一次創作)の作品群とか、或いは二次創作でもマイナーなジャンルである状況が大変に多いため、在庫の関係もあって専門店での買い取りができないと言われるケースも決して少なくないのです。
また私の場合、決して冊数自体は多くないのですが洋書を…てな状況があったりもするのですが、これまた一般の古本屋さんでは買い取りができない代物だったりもしております(現に一般の古本屋さんでは買い取りができないと告げられました)。こちらは洋書専門の古本屋さんで…という事になるかと。

Comments

Leave a Reply