今更のごとく…ですが、夏コミ顛末記

遅ればせながら、夏コミにご参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
相河は三日間とも参加していたのですが、今回も実に様々なエピソードが…。初日でのエピソードは殆どがあくまでも趣味としての同人関係に関わることばかりですのでこちらのサイトでは端折るとして、此処では2日目以降におけるエピソードを列挙して参ります。
▽2日目
この日は、IGDA日本やDiGRA Japan等の各種研究会、あるいはコミティア等にて知己を得たオリジナル同人ゲーム制作サークルさんを中心に回ってきました。あと企業ブースに出展されていらした企業にいらっしゃる知人の方々にも挨拶回り。この日の不覚は卒論関係等などの学術方面に関する備えをあまりして来なかった事。前日のサークル参加が終わって気が抜けたのか、ICU在学中・卒論執筆期間中からご挨拶に伺っていたにも関わらず、卒論完成と大学卒業の報告をしていない方々がまだ複数いらしてた事実を失念していたのですよよよ……
知り合いの同人ゲーム製作サークルさんを回って色々とお話しした以外にも、『narcissu 3rd』(ステージ☆なな/2009)にシナリオ担当として参加された方々のお一人でいらっしゃる、ごぉさんからお話を伺う事ができたのですが、以前IGDA日本SIG-Indieにて講演をされた早狩武志さんとはある意味で好対照と言える、ナルキ3rdシナリオ執筆当時の意気込みを伺う事ができました。曰く、ナルキファンにケンカを売るつもりで書いたものの、実際には意外とすんなり受け入れられて驚いた、との事。…確かに片岡さん(ルビ:原作者)ご自身にアレをやられては…ですよね……
他にも同人サークルさんでお世話になっている方々のところでお話をしてから企業ブースに移動後、ゆっくりと挨拶回りがてらチェックしていく事に。以前から自覚してはいましたが、人の顔と名前とを一致させるのが死ぬほど苦手な私。この日も某所ブースにてお顔は確かに見覚えがあるけれども、お名前も以前伺った筈なんだけど忘れてしまった、という方を見かける事に。近くにいらした別のスタッフさんに「すみません…あちらの方なんですが、お顔は確かに見た覚えがあるんですけど、お名前が……」といった具合にこっそりお尋ねしていた馬鹿者がいた事を申告しておきます。

▽3日目
この日、サークルさんとしては創作系+αがお目当て。
当日はTwitter等のWeb上でのみコミュニケーションを取ってきた方々と直にお会いしてお話しすることもできましたし、それ以外でも久々にお会いした方々と色々なお話をすることもできました。因みにこの時、前日に度忘れしてたのでこの日はバッチリ用意してきたICUでの卒論完成稿を示した折の、某M氏のリアクションが…内心では申し訳ないとは思いつつも、面白いと思ってしまいました。
あと、企業ブースでは前日忘れていたものを、お約束通りに持参することもできましたし…。

ともあれ、三日間どうもありがとうごさいました。またの機会がございましたら、その時はどうぞよろしくお願い申し上げます。

Comments

Leave a Reply