遅ればせながら、夏のワンフェス顛末記

ご報告が大変に遅くなりましたが、例によって例のごとく夏のワンフェスに行って参りました。私の場合はいつも通り、午後からのんびりまったり入場ではございましたが……
実は今回到着時間が普段通りだった割に、回れたディーラーさんの数が普段より圧倒的に少なく趣味的な方面での新規開拓は皆無という有様だったのですが、その分充実した時間を過ごさせて頂きました。
以下は箇条書きにて…。
▽高校時代の同級生S森君からお遣いを頼まれて北海道放送の『水曜どうでしょう』特設ブースに足を運んだ折のこと。列整理を担当されていらしたスタッフのお一人が私のぶら下げていたカメラに目を留められて、ボディ本体・レンズ共に機種名を一発で言い当てられたのには大変驚きました。FM3A本体の機種名を言い当てられた方々は他にもそれなりにいらっしゃいますが、レンズの方までピンポイントで言い当ててみせたのはその方が初めてでした。驚きを隠せない私に、実はF4ユーザー(現在進行形なのか過去形なのかは忘れてしまいましたが…)だというお話をその方から伺って、納得した次第。
▽次いで京都造形大学と京都国際マンガミュージアムのブースに。後日ネットで調べて分かったのですが、京都国際マンガミュージアムって京都市と京都精華大学の合同によるものだったんですね…と、納得していたり。
この時各々のブースでの会話の中で色々と興味深いお話を伺ったり、有り難いお申し出を戴いたりして、感謝しきりでございます。
▽さて趣味に走ろうか…といった段階になって、M’s Factoryさんのメタボペンギンとぐうたらペンギンを確保。トレフェスの時は予算オーバーで買えなかったメタボペンギン以外でも、食べすぎペンギンとか湯上りペンギンとかネタに走ったブツがツボに入ったという話をしましたらば、「自虐ネタ好きですねー」と言われつつ自分でも否定できなかったり。や、芸人体質の持ち主ですから、自分。
でもって、この直後くらいに某D氏と遭遇した次第ですが、「ワンフェス会場内だから」という事で私の方はさほど驚かなかったことを此処に申告しておきます。
▽前回のWFならびにそれ以降のトレフェスin秋葉原で撮影させて戴いたフィルムのプリントを手土産に更にもう2カ所ほどお伺い。ほぼベストコンディションと言っても良かったトレフェス時の分はともかく、前回ワンフェスの時は身体的にはまだしも精神的な状態が大概アレでしたから、ピントの調整が甘かったり一部のフィルムは感光させてしまったり等々と、色々な失敗をやらかしてしまってるので、実際に進呈できたものは本当に少ないんですけどね。
後日談として、この時に撮影していた…筈のフィルムが、ワンフェス当日撮影分のみ全滅という事態が判明して盛大に凹むことに。翌日からの帰省時分は途中から問題なく撮れていたフィルムの状態から鑑みて、途中までフィルムは実際には巻かれていなかったのでは…というオチが付いてきたりもしていますが……

Comments

Leave a Reply