お酒にまつわるネタ色々

9月 9, 2010 · Posted in エッセイ風文章, 徒然 

ICUワイン

ICUワイン2

双極性障害にて服薬の欠かせない身となってからこちら、殆どの酒の席では「相河さんは飲んじゃ駄目ー!」てな具合にきっちりと釘を刺される羽目になる相河ですが、しかして私自身は本来お酒好きな部類に入ったりもしています。なのでお酒の味には結構こだわりがあったりも…(内心ギリギリとハンカチを噛みつつ)
さてさて、今回写メにて掲載しているのは『Musashino Cross』の赤(シラーズ)。こいつはICUワインという奴でして、名前の通りICU(国際基督教大学)のOB・OGの方々が運営しているワイナリーにて醸造され、やはりICUのOB・OGの方々が営まれている『Cadot』さんで販売されているものでございます。『Cadot』さんのサイトでも紹介がございます通り、フルボトルのワインとしては結構リーズナブルな一本ですが、お味はその値段からは想像もできないほど美味でございます。赤ワインなのですが、木樽のニオイがないので私でも問題なくいけますしね(←実兄の結婚披露宴での折、木樽で熟成したものと思しき赤ワインに撃沈され悪酔いした前歴あり/相河の人生の中でも、酒にまつわる中では最悪の思い出です…)。夏コミの折、とある方々への手土産にこいつを赤白セットで持参したのですが、手渡す際に「会場内では絶対、絶っっ対に飲まんといて下さいよ、脱水症状が怖いですから(というかそれ以前に、コミケ会場内は禁酒ですから…)。終わってから、打ち上げか何かで使ってやって下さいな」とかいった具合に釘を刺したのは言うまでもございません。
私の場合は割と近所にお店がございますので、必要になったら自転車を漕いで調達に走ったりもするのですが、一応念のために赤を1本は確保していたりもしています。勿論自分が飲むためではありませんよ、言っておきますけど…。(いくら私でも、一人でフルボトル一本を空けられるとは思えませんし……)
基本的にはスパークリングワイン含め、白かロゼの方が好みだったりもするんですけどね。
お次はビール。Twitter上でよく「(居合道の稽古後、分倍河原の)兄弟子殿のお店にて生ビールで一息」といったTLを書き込んでいたりする私ですが(勿論通常はお酒は1杯だけで止めています)、Hal社長お勧めのトラピストビールも先述の『Cadot』さんにて取り扱いがあったりもしてますので(因みに銘柄はいずれもシメイで、3種類あったりしています)、こちらは量が何とか一人でも…といった水準でしたのでそれぞれに味見してみたのですが…やはり日本の一般的なビールよりかは常温に近づけてから口にした方が美味でございました。個人的には赤いラベルのものが一番「らしくて」好みではありましたが…。
あと他にもエールとかヴァイツェン…でしたっけ…?とか何とかいった類のを勧められたりもしたのですが…「美味しいですよぉ、うふふふふ……」とかいった感じの書き込みに、「うわーん! 人が下戸だからとかいった理由からではなく飲んじゃいけない人間だと知っての所行かー!?」と心の中で叫びたくなる今日この頃でございます。
あと忘れてはいけないのが、実は日本酒。何せ相河さん、その昔徳島の居酒屋・可夢庵さんにて一人で三合空けた経歴の持ち主ですから。
(↑これ言ったら「飲み過ぎ!」と総ツッコミ喰らいました。あっるぇー?)
徳島でのWebデザイナー時代に三芳菊酒造さんとのご縁があって、この時に大吟醸酒『生花酔月』と、『超辛口』のお酒とを戴く機会があったのですが、どちらも大変に美味なお酒でございました。あと、当時の職場に酒の飲める人間が私しかいなかったり…という冗談のようなホントの話もあったりしてましたが(笑)
それから…最近になって東京駅構内地下・グランスタにあるはせがわ酒店さんにて口にした、どちらの蔵元なのかは忘れてしまいましたが、純米大吟醸『くどき上手 穀潰し』という思わず吹き出してしまったネーミングのお酒も、お米の味がしっかりとしていて美味でございました。
後はやはり徳島でWebデザイナーをしていた頃、今は暖簾を下ろしたホテル野上屋さんの野上繁社長(当時)のところで戴いた黒糖焼酎が大変に美味で、ついうっかり飲み過ぎてお手洗いに失礼を…とかいった位でしょうか? 生憎とその時の銘柄を私は覚えておらず(酒の所為ではないですよ、念のため)、それこそ社長にお伺いするしかないのですが……
逆に、木樽で熟成した系統の酒はことごとく駄目ですね、私の場合。香水でもウッディ・ノート(=木の香り)を含むものは直接肌に付けると異様に強調されてしまうからなのでしょうか…? それはともかく、該当するお酒は全般的にその匂いで拒絶反応が出てしまいます。料理酒に赤ワインを…とか、紅茶の香り付けにブランデーを一滴…とかいった程度なら大丈夫なのですが。うーむむ……

Comments

Leave a Reply