またイベントの入場関係で苦情を言わなければならないようだ

昨日・今日とAnime Japan 2014というイベントがあった事は、オタクコンテンツを追い掛けている方であれば周知の事かと思う。だが、件のイベントにおいては前売券・当日券の販売方法に問題があったと言わざるを得ない。私が会場であるビッグサイトに到着した頃には、当日券は既に完売しており、セブンイレブンの端末で残っている前売券を購入するしかないという状況であった。しかもビッグサイト近辺にはコンビニは数多くあっても、セブンイレブンは何故かビッグサイトから離れたビルが最も近いものであるとの事。しかも私は、瞬発力はあっても持久力がないのでその距離を時間内に走破する自信はなかったのである。これでは、私は何のために決して安いとは言えない交通費を出して来たのか分からない、というものだ。はっきり言って予定が不確定な状況下において前売券を購入するのにはリスクを伴う。何せ私は現在矯正中とは言え昼夜逆転生活を送ってしまっている上に、就職に関して不安を感じていたりもするからだ。一般向けの問い合わせ窓口があると言うので、無論クレームを付けるつもりではあるが、入場券をパンフレット形式にしてそれが無くなったら入場フリーにするというのが建設的ではあるまいか。しかも東6側から入場(言葉を換えれば正門入口とは反対側から入場)という事も周知が徹底されていなかったように思われる。
今回のイベントには是非とも行きたかったブースが複数あったのだが、運営がこれでは先が思いやられるというものだ。営利目的であるにせよ各ブースにおいて利潤をもたらしうるお客さんを追い返すなど、愚の骨頂であると言わざるを得ない。運営には今回の事態を深く反省して、次回は入場時間までに会場へ到着した全員が入場できるようにして貰いたいものだ。

Comments

Leave a Reply