マゾいなぁ、自分

実は今日ビッグサイトで無駄足になった帰りに、新宿へと寄ってきた。目的は、FM3Aの電池交換とフィルムの補充とである。
電池交換はすんなりと終わったのだが、ヨドバシ新宿西口本店のフィルムコーナーを見た私は愕然とした。と言うのも、リバーサルフィルムが売り場の隅の方に追いやられていたからだ。
その理由は明白である。昨今のDTPの隆盛により、今や印刷物でもデータでの入稿が当たり前のものとなっているからである。もっとも、カメラ、ディスプレイ、プリンターの間で厳密にキャリブレーションを取れる環境にある、という事が前提条件となるが、一度に何枚も、何十枚も撮影を繰り返すプロカメラマンであれば、フィルムで何枚も撮るよりも遙かにランニングコストが安く上がるものであるからだ。何せフィルムは、36枚撮り35mmフィルムでもリバーサル(ポジ/現像されたフィルムが完成品のもの。元はスライドに使われたもので、印刷用原稿にも用いられた)だと900円〜1100円する上に、更に現像代も乗っかってくるのだ。加えてリバーサルはラチチュードが狭く、扱うカメラの測光特性を把握していないと反射光がどのくらいになって、それを計算した上での調整も必要になってくるからだ。だからリバーサルフィルムを扱ってきたプロカメラマン達は段階露光と言って、最低でも3段階くらいは測光状態を調整してベストショットを探り出すものだった。私みたいに気が向いた時に撮影する、というスタイルだと寧ろフィルムの方が安く付くものだが(うちの環境だとプリンターのキャリブレーションが取れない、という事情もある)、仕事などで大量に撮影するとしたら私でもデジタルカメラを勧める。仮に私が仕事上DTPを扱う立場になって自分で写真撮影もしろと言われたならば、私でもデジタル一眼を選択するだろう。更に、キャリブレーションも当然の如く取ることだろう。
もっとも、デジタルカメラで撮影した場合、やはりアーカイブの問題が残ってしまうものではあるが……

で、この日の買い物を全て終わらせたらば、たまたまプロの方に写真を撮って頂くサービスをしていたので、寄っていくことに。被写体を追うことにはそれなりに慣れていても、自分が被写体になることにはあまり慣れていない私の事、笑顔が固くなってしまいがちだった事は否めない。それでも柔らかな表情を引き出せるのは流石はプロと言うしか他にあるまい。普通に撮影して頂いてさあ帰ろうかと思った矢先に、電池交換のため持参していたFM3Aがスタッフさんに見つかり、今度はそれを手にして撮影…という事と相成ったが、眼鏡がずれてしまい一寸おまぬけな顔になってしまったのはご愛敬。記念に一番良かった一枚ずつを頂いて帰ってきました。

因みに私の常用しているフィルムは以下の通り
▽ネイチャーフォト・草花などの撮影用:Velvia100, PROVIA100F(以上メイン), PROVIA400X(夜間撮影用)
▽ワンフェス等でのフィギュア撮影用:PORTRA800, SUPERIA PREMIUM400(WF会場などはミックス光であるため、リバーサルフィルムの使用が不可能だから)
▽テスト用:Ektar100, Velvia50

…それにしても、列挙したフィルムの大半がリバーサルというのは、我ながらマゾいと言うか何というか…。

Comments

Leave a Reply