正直助かりました

4月 13, 2014 · Posted in よもやま話, 徒然, 日誌 

私が現在勤務している会社では、大きく分けて三つのチームに分かれており、私は人数最少(因みに4人)のデザインチームに所属しているのですが、私を含む他の三人に比べてチーフの負担があまりに大きいよなー…と痛切に感じておりました。就労支援A型事業所ですので、当然そこに勤務する方々は何らかの障害を持っており、尚かつ能力の飼い殺しにされないだけのスキルを身につけたいと望む人達の集団なのですよ。勿論チーフも例外ではないのですが、特にここ数日は明らかに体調悪いのに出社してきていてホント申し訳ない気分になっていたのですよ。それでもチーフは文句一つ言わずに他のメンバーが作った画像を取り纏めて添削担当の別会社の方(同じビルに入っている模様)へとメールで送信、添削されたデータを受信して三人にも見られるようにする…てな作業を終業後も黙々としてたんですね。
で、それを職員の方が見かねたのかどうかは分かりませんが、先週末の朝、添削担当のデザイナーさんがその時点で出社していた私ともう一人を相手に直接此処が良くて此処が改善すべき点といった事を伝達して下さったんですね(因みにこの日、チーフは遅れて[多分時間をずらして]出勤、残る一人は風邪で沈没して欠勤してました)。現役バリバリのデザイナーさんから直接ダメ出しを戴けて、PDFファイルを見るよりは分かりやすくて正直助かりました。
上の方に動いて戴くのは恐縮なのですが、私達としては今後もチーフへの負担が軽減されるような方向に持って行けたらいいなぁ…とは思っています。

Comments

Leave a Reply